雑記

2017年GWの平均連続休暇期間は5.2日!最大9連休って表現に日本の闇を感じる件

いよいよGWに入りましたね。

日頃の疲れを癒したり、遊びに行ったり、家でゴロゴロしたり、実家に帰ったり、時間があれば何でもできるので毎日楽しみすぎます。

そんなGWなんですが、少し気になる事があるんです。

それが、

「最大9連休って言うけど、なんでも最大って日数で報道しすぎ」

という事について。

 

というのも、今年2017年のGWって4/29(土)~5/7(日)までですよね。

5/1(月)と5/2(火)が出勤かどうかで休みが7日間になるか9日間になるかが変わってくるんですが、実際は前者が多いはず。

正直なところ、1回間に仕事を挟んじゃうと長期旅行にも行きにくくなるし、行ったとしても帰ってきてから疲れを取る時間がありません。

それなのにメディアでは毎度長期連休が来るたびに、「最大〇〇連休」って表現ばかり。

ほんと嫌だな~って思います。

…って言いたい事ほとんど話しちゃったんですが、今日はこんな内容について掘り下げていきますね。

2017年GWの平均連続休暇期間は5.2日

大分労働局が県内435企業にアンケートを実施し、今年のGWの休暇の予定状況をまとめた結果が発表されました。

結果は、連続休暇の平均日数は5.2日で昨年より0.7日少ないと発表されました。

回答した271社の内、連続3日以上が185社(68.3%)なので、逆に言えば86社(31.7%)は連続で3日以内しか休みがないことになります。

 

これじゃ全然ゴールデンでもなんでもないですよね。

休みの多い業種

DODAが発表している業種別の休日数ランキングを見て、驚愕の事実が分かりました。

第1位~第10位

第71位~第80位

画像引用元:業種別の休日数ランキング -全80業種-

なんと!!

第1位と、第80位(最下位)では年間休日数が39.4日も違うんです。

完全に闇を見た感じがします。

最大〇〇日とばかり表現するのはなぜ?

こんなに差が激しい連休事情なのに、メディアでは最大日数しか報じないのはなぜなのか、私なりに考えてみました。

①旅行会社の提灯

ほぼこれだと思います。

例えばバレンタインデーとかホワイトデーは、お菓子メーカーが繁忙期になりますよね。

それと同じで、「長期連休=旅行ができる」という考え方が横行して、旅行会社はそれに乗っかっていると思います。

最大日数で広告やCMを流すことによって、休みが多い人が実際に旅行をしたくなるかもしれませんからね。

逆に、休みが少ない人からは反感を買うんでしょうけど(笑)

②日本は休みしっかり取れてますよアピール

こんなこと書いて闇の組織から消されないか心配だけど書いてきます(笑)

私の中で、平均賃金とかの統計は大企業にしか調査していないことが多いイメージがあります。それと同じで、休みの統計も大企業相手にしかとっていない可能性があると思うんですよね。

実際、前述したアンケート結果は、今年から中小企業の結果も反映させようと調査対象の幅を広げたそうなので。

要するに、国かどうかは分かりませんが、「日本は休みしっかり取れてますよ」ってのを誰かが報道させようとしてませんか?(笑)

これに関しては完全に推測なので、私が消されたらこの記事の読者が証人ってことで守ってください(笑)

…って変なマンガ読みすぎ~(笑)

日本中の企業が協力すれば全企業が長期休暇可能になるんじゃない?

これは私の案なのですが、

「日本中の企業が協力すれば全企業が長期休暇可能になるんじゃない?」

って思うんですよ。

 

例えば、昔ってコンビニとかなくて、スーパーも365日営業はしていませんでしたよね。

年末年始は休業するから、おせちって文化が生まれたわけですし、スーパー勤務の人は年末年始に休めたはずです。

しかし、今では365日営業しているスーパーが主流になり、コンビニだって当たり前のように365日、24時間営業しています。

そもそも、この営業形態を止めたら、この人たちは年末年始の休みが確保されることになります。

同様に、

日本中の企業が協力し、GWやお盆、年末年始を絶対に営業しないことにすれば全企業長期休暇可能になるんじゃない!?

って思うんですよ。

というか、国の法令で作ってしまえば誰も逆らえませんしね。サービス業で無理だったら振替を必ず設けるとか。

アイデア出すだけならいろいろ出るはずなんですけどね。

まとめ

同じ日本人なのに、GWですらこんなに格差があるんですね。ほんと闇が深いというかなんというか。

海外とかだと1ヵ月休みがあって、その期間に家を貸してお金を稼げるという素晴らしい仕組みがあるそうです。

休めて稼げて最高かよっ!ってツッコミたい!(笑)

それに引き換え、日本ときたら9連休ってアピールしてるくせに3連休以内の人もたくさんいるんです。

こういう細かい事実に国が気付いて、動いてくれると助かるんですけどね。

ちなみに私は9連休だったり…

って最後に大どんでん返しでナイフとか飛んできそう(笑)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめVODランキング

数あるVOD(ビデオオンデマンド)サービスの中から、私が実際に使ってみて良いと思ったものをランキング形式で紹介します。

hulu
hulu

作品数と月額のバランスが最も良いのが「hulu」です。

国内・海外問わずドラマが豊富で、アニメにも力を入れています。特に海外ドラマは先行配信に期待ができます。

また、日本テレビ系列の会社が運営しているため、「名探偵コナン」など、日テレで放送されている作品が他社より充実しています。

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間
作品数 50,000本以上

公式ページ

U-NEXT
U-NEXT

圧倒的作品数を誇るのが「U-NEXT」です。

月額がやや高いですが、毎月付与される1,200円分のポイントを月額から相殺したり、動画のレンタルや電子書籍版の雑誌・漫画の購入に使ったりできるのが特徴です。

ディズニーやア〇ルト動画を見れるのも他社とは一線を画します。

評価
月額 1,990円(税抜) ※毎月1,200円分のポイントが付与される
無料期間 31日間
作品数 見放題作品90,000本、レンタル作50,000本

公式ページ

プライムビデオ

動画本数こそ劣るものの、圧倒的コストパフォーマンスを誇るのが「Amazonプライムビデオ」です。

というのも、プライム会員のおまけで動画見放題も付いてくるので、おまけ要素なのに豪華すぎるのが実際のところ。

プライム会員では、配送料や時間指定などが無料なことに加え、音楽が聴けるサービスなんかもあります。おまけでドラマや映画、アニメがこれだけ見れるのは凄いですよね!

評価
月額 325円(税抜)
無料期間 30日間
作品数 2,000本以上

公式ページ