ASP・アドセンス

A8で提携申し込み審査が1週間経っても承認されない時の解決方法

アフィリエイトを実践している方の多くはA8を利用していると思うんですが、こんな経験したことありませんか?

「このプログラム提携したいな~!よしっ!提携申請したろ!」

 

(待つこと1週間)

 

「何日待っても承認されないし、返事すらこ~せんが~!」(バリバリ名古屋弁)

名古屋弁を全面に出しすぎて話がぶれましたが、これって結構あると思うんですよ。特にアフィリエイトに取り組み始めた初期の頃とか。

なので今回はA8で提携申し込み審査が1週間経っても承認されない時の解決方法を紹介していきます。

いつまで経っても承認されない理由

①サイトが広告内容に合っていない

一番に考えられるのはこのパターンです。

そもそもサイトのコンテンツ不足、または広告の内容にサイトの内容がマッチしていない場合は審査に通りません。

しかし、その場合は早めに審査不合格のメールがくる場合が多いです。

②そもそも広告主がチェックしていない

厄介なのがこのパターン。

返信すら返ってこない場合、広告主がチェックしていないことが考えられます。この場合は以下の内容を試すことで簡単に解決されるかもしれません。

提携申し込み審査が1週間経っても承認されない時の解決方法

手順①:お問い合わせフォームをクリック

まずはA8のトップページの一番下にある「サポート」から「お問い合わせ」をクリック



手順②:お問い合わせフォームをクリック

次に、「会員様専用お問い合わせフォーム」から「プログラムについて」を選択します。

手順③:必要事項を入力

次の画像のような画面に移るので、フォームに必要事項を入力していきます。

ちなみにメディアIDとは、A8トップページのこの部分に載っているaと11桁の数字「a〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇」を指します。

また、プログラムIDはプログラムに載っているsと14桁の数字「s〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇」を指します。

 

お問い合わせ内容には自分がどうしてもそのプログラムを紹介したいという気持ちを全面に書くのがいいと思います。

例えばこんな感じ

A8ネットご担当者様
いつもお世話になっております。
先日、〇〇の審査を依頼したのですが、まだ返答がない状況です。
私生活でも使っている〇〇をどうしてもブログで紹介させていただきたいので審査の進捗等についてご回答いただけないでしょうか?

こんな感じで、忙しいA8の担当者さんのことを配慮しつつメールを送れば、快く返事が返ってくるはずです。実際、私はこんな感じで送ってます。

実際の返答画面

前述した流れで問い合わせをすると、次のように返信が来ます。

どうしても承認するのは広告主側なので、A8からはこんな感じのぼやっとした文面で返事がきます。

返答メールと同じ日に承認

A8からメールが届いたその日、一週間経ってもうんともすんともなかった審査が承認されました。

このことから、A8は審査の催促を広告主にしてるのでは?と予想されます。

なにもしなくても承認が早いところもありますが、承認作業が滞っているところには、A8がお尻を突っつくってイメージが正解なんじゃないかと勝手に推理してます(笑)

まとめ

今回は、A8で審査の承認が遅いときに私が使っている解決方法について紹介しました。

しかし、A8担当者さんも忙しい身です。むやみやたらとお問い合わせしまくってもいけません(笑)

今回紹介した内容は1週間経っても連絡がない時に試してみてくださいね。

 

最後まで読んでいただきありがうございました。



【ラグビーW杯2019】見逃し配信・リアルタイム配信おすすめランキング

ラグビーワールドカップの見逃し配信・リアルタイム配信に対応している動画配信サービスの中から「これを使えば間違いない」と言えるものをランキング形式で紹介します。(※日本戦が一部しか放送されない日本テレビとNHKは対象外です。)

DAZN(見逃し配信)

スポーツ動画配信サービス最大手の「DAZN」はラグビーW杯の全48試合を見逃し配信(ハイライト)しています。

スマートフォンやタブレットでも視聴できるので、試合を観戦するのに場所や時間を問わず、加入手続きも簡単です。また、無料体験期間が1ヶ月間と長く、途中解約しても料金は発生しないので気軽にお試しすることが可能です。

 

評価
月額 1,750円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 全48試合
配信形式 見逃し配信(ハイライト)

DAZN公式ページ

J SPORTS(リアルタイム配信)

スカパーチャンネルの1つである「J SPORTS」はラグビーW杯の全48試合をリアルタイム配信しています。

月額が高いことや、無料体験期間中に解約できないこと、加入手続きが少し面倒なデメリットはありますが、全48試合をリアルタイム配信しているのは「J SPORTS」だけです。

 

評価
月額 基本料390円+チャンネル料2,286円=2,676円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約はできない)
配信試合数 全48試合
配信形式 リアルタイム配信

J SPORTS公式ページ

Hulu(リアルタイム配信)
hulu

動画配信サービス最大手の「Hulu」はラグビーW杯の19試合をリアルタイム配信しています。(日本戦は全て放送)

19試合の内、7試合はマルチアングル配信されるので、画面越しでも会場にいるような体験が可能です。

月額が最も安く、ドラマや映画、アニメも見放題なのでラグビー以外を目的に加入する選択肢もあります。

 

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 19試合(日本戦全試合含む)
配信形式 リアルタイム配信(内7試合はマルチアングル配信)

Hulu公式ページ