雑記

なぜ3大都市の愛知県だけパッとしないのか。観光や食事、地域問題から考えてみる

愛知県に生まれて早いもので30年近く経とうとしている。

私は愛知県の中でも割と田舎の方で生まれ、今は割と人気のエリアに住んでいます。

東京・大阪と並んで3大都市と言われる愛知県に生まれたことをラッキーだったなと思う瞬間は多々あるのですが、周りに言わせると、どうやら愛知県はパッとしないらしい。

一応都会扱いのはずなのになんで?

そこで今回はなぜ愛知県がパッとしないのか、観光や食事、地域問題で考えてみようと思います。

観光について

観光スポットはあるが感覚が遠すぎる

愛知県はパッとしないと言われがちですが、観光スポットはたくさんあって、

  • 名古屋駅
  • 名古屋城
  • 名古屋港水族館
  • 東山動植物園
  • 熱田神宮
  • 大須観音
  • 愛・地球博記念公園
  • 南知多ビーチランド

などなど、他県の方でも名前くらいは聞いたことがありそうなスポットが結構あります。

ちなみに長島スパーランドは愛知県のものと思われがちだけど三重県のだよ

しかし、私が思うに、愛知県の観光スポットってそれぞれの位置が離れ過ぎているのが問題だと思うんです。

例えば名古屋城。

“名古屋”って言ってるくせに、名古屋駅から徒歩じゃ行けない距離なんですよね。

「名古屋駅」から「栄駅」に移動し、そこから名城線に乗り換えて「市役所駅」で降りる。

名古屋の象徴なのに移動が面倒くさいよ

ちなみに名古屋駅は日本の中でも分かりにくさナンバーワン。電車移動は基本的に詰みます(笑)

南知多ビーチランドなんて愛知のかなり外れの方にありますし、東山動植物園なんて山奥です。

せっかく観光に来たのなら、一度に複数の場所を観光したいですよね。

しかし、愛知県の観光スポットは一ヶ所回ったらヘトヘトになってしまいます。

もし一気に複数の観光スポットを回れたら、大満足な気分になるんでしょうけど、一気に回らないと不完全燃焼になって「イマイチだった」と思われてしまうのです。

名古屋駅に何もない

「愛知県=名古屋」というイメージってかなり強いと思うんですか、実際に名古屋駅に行くとチョロチョロっと回っただけで満足するくらい何もないです。

デパートなんかもあるにはありますが、愛知特有のものは特になくて、ただの駅前って印象がします。

しかもちょっと歩くとビルすらなくなって一気に郊外に。

どちらかというと、遊べるお店なんかは栄駅に集中してるので、愛知県の象徴である名古屋駅は名前負けしてる感が否めないんですよね。

愛知は通過点に過ぎない

東京から大阪、大阪から東京に行く時に、愛知県はちょうど中間地点にあります。

そして新幹線に乗り降りできる駅は名古屋駅しかないんですが、前述したように名古屋駅には特に変わったものはありません。

せっかく中間地点にあるのに「ついでに寄ってくか」という気持ちが全然起きないんです。

結果、愛知県は「ただの通過点」と思われてしまうように。

食事について

愛知県の食事はかなり尖っていて、好きな人もいるけど嫌いな人も多いです。

例えば、味噌カツ。

甘辛い赤味噌ベースのタレをトンカツにかける文化は愛知県では当たり前ですが、他県の人が食べたら「濃い」「甘いのがダメ」などの意見をよく聞きます。

他にも、

  • どて煮
  • 噌煮込みうどん
  • 台湾ラーメン
  • あんかけスパゲッティ
  • ひつまぶし

などなど、食べてみると美味しいんですけど、茶色い食べ物ばっかりだし、味も濃いですし、味噌文化は他県の方には受け付けられないかもしれません。

やたら特殊なメニューが多いんです。

もうちょっと万人に受けるメニューがあればいいんですけどね。

地域問題について

愛知県って不思議なもので、他県の方のイメージは「名古屋」しかありません。

もしかして「名古屋県」って思われちゃってる?

これくらい「愛知」というワードが弱いんです。

このことを特に感じるのは、他県に住んでいる友達に必ずと言っていいほど

他県の友達
他県の友達
都会に住んでてい~な~

と言われることです。

しかし、実際の愛知県は広いこともあって、名古屋以外はほとんど田舎です。

このような経緯もあって、名古屋の知名度だけが独り歩きして、愛知県本来の姿が他県の方には伝わっていないんだと思います。

まとめ:愛知県は名古屋のせいでハードルが上がっているからパッとしないと思われる

今回はなぜ愛知県がパッとしないのか、観光や食事、地域問題について考え、私の目線から答えを出しました。

私の答えは「名古屋のせいでハードルが上がっているから」だと思います。

ここまで紹介してきたように、「名古屋」という名前だけが有名になりすぎたせいで、他の田舎な部分だったりの魅力が伝わっていないように感じます。

「名古屋に着けばいろいろ楽しめるだろう」って思われちゃってるんです。

しかし、実際には移動距離がかなりあったりするため、期待に対してがっかりする要素が多いんだと思います。

名古屋の存在感もう少し消そう

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【ラグビーW杯2019】見逃し配信・リアルタイム配信おすすめランキング

ラグビーワールドカップの見逃し配信・リアルタイム配信に対応している動画配信サービスの中から「これを使えば間違いない」と言えるものをランキング形式で紹介します。(※日本戦が一部しか放送されない日本テレビとNHKは対象外です。)

DAZN(見逃し配信)

スポーツ動画配信サービス最大手の「DAZN」はラグビーW杯の全48試合を見逃し配信(ハイライト)しています。

スマートフォンやタブレットでも視聴できるので、試合を観戦するのに場所や時間を問わず、加入手続きも簡単です。また、無料体験期間が1ヶ月間と長く、途中解約しても料金は発生しないので気軽にお試しすることが可能です。

 

評価
月額 1,750円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 全48試合
配信形式 見逃し配信(ハイライト)

DAZN公式ページ

J SPORTS(リアルタイム配信)

スカパーチャンネルの1つである「J SPORTS」はラグビーW杯の全48試合をリアルタイム配信しています。

月額が高いことや、無料体験期間中に解約できないこと、加入手続きが少し面倒なデメリットはありますが、全48試合をリアルタイム配信しているのは「J SPORTS」だけです。

 

評価
月額 基本料390円+チャンネル料2,286円=2,676円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約はできない)
配信試合数 全48試合
配信形式 リアルタイム配信

J SPORTS公式ページ

Hulu(リアルタイム配信)
hulu

動画配信サービス最大手の「Hulu」はラグビーW杯の19試合をリアルタイム配信しています。(日本戦は全て放送)

19試合の内、7試合はマルチアングル配信されるので、画面越しでも会場にいるような体験が可能です。

月額が最も安く、ドラマや映画、アニメも見放題なのでラグビー以外を目的に加入する選択肢もあります。

 

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 19試合(日本戦全試合含む)
配信形式 リアルタイム配信(内7試合はマルチアングル配信)

Hulu公式ページ