レビュー

コスパ最強?ASUSのノートパソコンR206SAを使ってみた感想とおすすめポイントをレビュー

「あ~!新しいノートパソコンが欲しい!でもそんなにお金ないし、ネットとか見れればそれでOK」

という方へ向けて、今日は私が実際に使っているノートパソコンを紹介しようと思います。

ちなみに、こんな条件のノートパソコンをお求めの方にピッタリだと思いますよ。

  • 価格3万円以内
  • 対象はノートパソコンのみ
  • ネットができる程度のスペック
  • できたらスタイリッシュ
  • 薄くて軽いもの

ではさっそく紹介していきますね(タイトル見ればバレるけど…)

私が使っているノートパソコンはこれだっ!

ASUS ノートパソコン R206SA

 

どどん!!

はい、私が使っているのはASUS  R206SAです。

というか、ASUSの読み方「アスス」だと思ってたら、「エイスース」だったんですね(笑)

 

ちなみに、こちらは私が実際に使っているパソコンで、前に使っていたTOSHIBAのDynabookが壊れた際に購入しました。

あっ!念のため私が本当に使っているという証拠画像も載せておきますね。

証拠もお見せできたところで、まずは細かいスペックをご紹介。

って、これだけ見てもピンとこないですよね(笑)

ということで、私がオススメするポイントを紹介します。

おすすめポイント①:超安い

まず最初にお伝えしたいのが、値段です。

超安い!

参考価格46,224円から謎の値引きが入り、販売価格は24,980円となっています。毎度思うが、Amazonのこの謎の値引きはなんなんだ!?(笑)

でもとにかく安い!買う側にとってはありがたいですね。

マウスを付けても3万円以内で買えるので、どこかのリンゴ製品のように一大決心をして買い物…とはなりません(笑)

おすすめポイント②:軽くてスリム

次にお伝えしたいのが、とんでもなく軽いという事。

重さは1.2㎏で、カバンの中に入れて持ち歩いても何の苦にもならない重さだと思います。

そして、なんといってもその薄さ!

折りたたんでもボールペンと同じくくらいの薄さ!

カフェでブログを書いたり、学生さんだったらレポートを書いたりするのに持ち運びしやすいのが最大の魅力だと思います。

ちなみに、こんなバッグに入れて持ち運んでます。

撮影するために手首が変な向きに…(笑)

パソコン本体と、充電ケーブル、マウスやマウスパッドを入れてもちょうど入るくらいのバッグです。

「ボストンバッグ 2WAY」とかで検索するといろいろ出てきますよ。

おすすめポイント③:電池の持ちが良い

充電の持ちがとても良いです。

フルで充電するまでの時間が3.3時間に対し、電池は9.7時間も持ちます。

このパソコンの用途は動画編集などのシステマティックなことではなく、ネットサーフィンや執筆作業くらいだと思うので、この電池の持ちなら安心できますね。

というか、そもそも「外出先で9.7時間も電池がなくなるまでパソコン触るか?」って話です(笑)

おすすめポイント④:USB Type-Cに対応

最新のUSBは上下どちらの向きでも挿すことができるのはご存知ですか?

このパソコンはそれにもしっかり対応しています。(USB3.1 Type-Cポートを搭載)

また、フルサイズのUSB3.0ポートとUSB2.0ポートも搭載しているので、さまざまな機器との間で互換性があるのも魅力的なポイントです。

おすすめポイント⑤:結構スタイリッシュじゃない?(笑)

これは完全に独断と偏見なんですが、価格の割に結構スタイリッシュだと思います。

上で紹介した画像のように、ツヤツヤのボディ、圧倒的な薄さは安価版Macbook Airと言っても過言ではありません。

こんな感じで3色用意されており、どれもツヤツヤボディで私は大好きなデザインです。

おすすめポイント⑥:評判がいい

結局物を買う時って、評判が決め手になってくると思うんですが、この商品は評判がとても良いです。

「こんなステマ記事より評判や口コミ見た方がよっぽど参考になるわ」

と思うがいらっしゃるのは仕方のないことですが、私以外の評判も良かったので紹介させてください。

(あ~、自分だけ良かったと思ってなくて安心した~。仲間がいるって幸せ…笑)

こんな感じで、結構な高評価の嵐!

サブ機として使う方や、ちょこちょこっとネットを使う人にはコスパ最強と言えますね。

まとめ

今回は、私が実際に使っているコスパ最強のノートパソコンを紹介させていただきました。

まとめ
  • 安い!24,980円
  • 軽い!薄い!
  • 電池の持ちが良い
  • USBポートは新旧完備
  • 価格の割にスタイリッシュ
  • 評判がいい

こんなところです。

ノートパソコンを買い替えようと思ってる方や、サブ機が欲しいという方にピッタリだと思うので、ご参考になればと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

【ラグビーW杯2019】見逃し配信・リアルタイム配信おすすめランキング

ラグビーワールドカップの見逃し配信・リアルタイム配信に対応している動画配信サービスの中から「これを使えば間違いない」と言えるものをランキング形式で紹介します。(※日本戦が一部しか放送されない日本テレビとNHKは対象外です。)

DAZN(見逃し配信)

スポーツ動画配信サービス最大手の「DAZN」はラグビーW杯の全48試合を見逃し配信(ハイライト)しています。

スマートフォンやタブレットでも視聴できるので、試合を観戦するのに場所や時間を問わず、加入手続きも簡単です。また、無料体験期間が1ヶ月間と長く、途中解約しても料金は発生しないので気軽にお試しすることが可能です。

 

評価
月額 1,750円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 全48試合
配信形式 見逃し配信(ハイライト)

DAZN公式ページ

J SPORTS(リアルタイム配信)

スカパーチャンネルの1つである「J SPORTS」はラグビーW杯の全48試合をリアルタイム配信しています。

月額が高いことや、無料体験期間中に解約できないこと、加入手続きが少し面倒なデメリットはありますが、全48試合をリアルタイム配信しているのは「J SPORTS」だけです。

 

評価
月額 基本料390円+チャンネル料2,286円=2,676円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約はできない)
配信試合数 全48試合
配信形式 リアルタイム配信

J SPORTS公式ページ

Hulu(リアルタイム配信)
hulu

動画配信サービス最大手の「Hulu」はラグビーW杯の19試合をリアルタイム配信しています。(日本戦は全て放送)

19試合の内、7試合はマルチアングル配信されるので、画面越しでも会場にいるような体験が可能です。

月額が最も安く、ドラマや映画、アニメも見放題なのでラグビー以外を目的に加入する選択肢もあります。

 

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 19試合(日本戦全試合含む)
配信形式 リアルタイム配信(内7試合はマルチアングル配信)

Hulu公式ページ