時間を決めて行動することは毎日を有意義にすることである


スポンサードリンク


こんにちは、マツコ・ミニマムです。

私は昔から一つのことに集中したら周りが見えなくなるタイプで、勉強なら勉強、スポーツならスポーツにひらすら集中し、一度に2つのことはできませんでした。

これを集中力があると言ってもらえるのならばありがたい話なのですが、要するに不器用ってことです。

そんな私も今では家族ができ、年内には子供が生まれようとしています。

 

そこで問題になってくるのが「時間」です。

家族との時間、仕事をする時間、子供ができたら子育てする時間も必要ですし、たまには自分一人でホッとする時間も必要。

しかし、家族がいて、子供がいたら1日24時間という縛りの中で果たして全てのことができるでしょうか?これって難しいですよね?

 

一日中嫁と会話していたら仕事ができません。

一日中仕事をしていたら家庭は崩壊するでしょう。

一日中子育てしていたら自分が崩壊するかも(笑)

一日中ホッとしていたらまたまた家庭崩壊です。

 

このように、全てできない限り生活に不満が出てしまいます。

そこで時間を区切って行動するということが必要になってきます。

では、どんな風に時間を区切ればいいかという話ですが、私が実践しているのは「前日に翌日の行動を考えておく」ということです。

というのも、その場で考えながら行動するよりも事前に何をするか考えておいた方が圧倒的に効率的な行動を取れるからです。

行動一つ一つを時短できて、次にやりたいことの時間を確実に確保できるようになります。

私はよくスマホのアプリで翌日やりたいことをメモして、終わったらそのメモを消しています。この積み重ねが限られた時間の中でやりたいことを行うことに繋がっているのです。

 

時間の区切り方について話が長くなりましたが、要するに時間を上手く区切ることでやりたいことを全部行えるようになり、結果的に生活が有意義なものになっていきます。

もし、やりたいことがあるのに時間が足りなくて満足できない毎日を送っているのならば、まずは時間の使い方について見直してみるのはいかがでしょうか?

きっと今より有意義な生活があなたを待っているでしょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。



スポンサードリンク



スポンサードリンク



いいねと思ったらSNSでシェア!

関連記事 こちらの記事もオススメです。



誰でも簡単に本格的なブログが作れる「STORK」






誰でも簡単にブログが作れるワードプレスのテーマ「STORK」を私も使っています