コラム

「有休使います」「理由は?」この流れ反対!法律で義務はどうなっているの?

こんにちは、マツコ・ミニマムです。

会社員として働いている人でこんな経験をしたことある人って多くありませんか?

自分:「有休使いたいんですけど…」
上司:「えっ?なんで?理由は?」

 

はぁ??

有休くらい自由に使わせんかい!!!

 

このパターン結構多いと思うんですけれど、なんでいちいち有休使うのに理由を言わないかんのや!って話です。しかも、理由によっては却下される人もいるのではないでしょうか?

実際、私はインフルエンザで39度近くあっても会社に行ったことがあります。

それなのに

上司:「なんで来たの?」
自分:(うるせぇ~!来なきゃ仕事回んねえ~だろがぁ!)

会社は上辺だけ綺麗ごとを並べ、部下は心の中で叫ぶのです!あ~、思い出すだけで涙が…(笑)

いきなり過去の愚痴をこぼしましたが、それくらい有休って取りにくいって話がしたかったんです。

 

そこで今回は、働く人のために与えられた有休という権利について詳しく書いていこうと思います。

有休って本当に法律で定められているんだよね?

あまりにも有休の申請が通らなので、「有休って都市伝説だっけ?」「有休?何それおいしいの?」と疑問を抱えている方もいいのではないでしょうか?

しかし、有休はまぎれもなく法律で定められています。

使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。

引用元:労働基準法39条1項

ほら、こんな感じで間違いなく労働基準法に明記されています。

有休の理由って言わなくちゃいけないの?

では、なんで有休の理由を聞かれてしまうのでしょうか?そもそも理由を聞くのは違法じゃないのかについて書いていきます。

結論から言うと、有休を申請するのに理由は要らないそうです。

しかし、有休届けに「任意で書く理由の記載欄」を設けることは違法ではないとのこと。逆に、強制的に理由を書かせたら違法です。

これに関連して、おもしろい判例があったので紹介します。

林野庁白石営林署事件

昭和48年に営林署の職員が2日間の有給休暇を取り、営林署のストライキに参加しました。しかし、それを知った営林署の幹部が有休を取得した職員に対し2日間の賃金を減額しました。

これに納得がいかなかったその職員が営林署を訴えたという裁判が起こったのです。

最高裁の判断は「繁忙期でない限り、有給休暇は従業員が自由に取ることができる」というもので、職員は勝訴したそうです。

理由を答えなくてはいけない場合

基本的に理由は答えなくていいのですが、例外があります。それは会社が「繁忙期の場合」です。

前述した判例で少し出ましたが、会社が繁忙期の場合に有休を使われたら、仕事が回らなくなりますよね。

そこで会社に与えられた権利が「時季変更権」というものです。

これは、労働基準法第39条5項で定められており、有休を使われることで会社に被害が出る場合のみ、申請された有休日を後回しにできるというもの。

当然ですが、後日有休は取得できます。

有休を使うと減給・降格されるってホント?

有休をたくさん使うと、減給や降格されたって話を耳にしますが、それってホントなのかどうか。

これは完全に違います。逆に、これで減給をや降格を命じた会社は違法とみなされ、労働基準監督署の調査の対象になったり、是正勧告を受けることもあります。

完全に有休が原因で減給や降格をされたと思う方は、会社を訴えてもいいんです。違法な会社にはギャフンと言わせてやりましょう!

無難に有休取得が可能な”理由”をご紹介

それでも結局は言いにくいのが現状だと思います。

これに関してはたくさん働くことに美学を感じている日本の風習や、会社の方針にメスを入れるしかありません。

そこで、みんなは有休取得のためにどんな理由を使っているのか、「無難に有休取得が可能な”理由”」をご紹介。

通院のため

圧倒的人気を誇るのが「通院」だと思います。

通院が人気って…(笑)

って感じなのですが、風邪をひいたり、いきなり高熱が出る事は誰だってありえるので会社も太刀打ちできません。

平日限定しかできない理由

平日限定しかできない行動は、上司もNOと言いにくいです。

例えば、「免許証の更新」「パスポートの取得」「銀行で口座を開設する」等の理由は鉄板です。

他にも、「結婚による戸籍・住民票の変更」なども正々堂々休める理由です。

身内の不幸

身内に不幸があった場合は有休を使わざるを得ません。

といって、この場合は有休を使って好きなことをできるわけでもなく辛いだけなので、使いたくない理由でもあります。

子供の学校行事

子供の学校行事は平日に行われることが多く、特に運動会などは会社側も素直に認めてくれるかと思います。

まとめ

有休って本当に取りにくいですよね。

しかし、今回紹介したように、有休はまぎれもなく「働くものに認められた権利」です。

「会社がどう言おうとこっちの勝手じゃ~!」

 

…と思う気持ちもあると思いますが、会社や上司との関係を壊さないように有休という権利を上手く使っていくことが大切だと思います。

訴えるのは最終手段にしてくださいね(笑)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

他にはこんな記事が読まれてます


スポンサードリンク
スポンサードリンク

過去ログ

PAGE TOP