コナンが工藤新一に戻る回の漫画・アニメの話数別まとめ(映画含む)【名探偵コナン】


スポンサードリンク


こんにちは、マツコ・ミニマムです。

今回は、名探偵コナンが好きだけど全話を見たわけではないというライトファン向けで、コナンが工藤新一に戻る回について「漫画・アニメを話数別」でストーリーも交えて紹介していきます。

外交官殺人事件

①話数

漫画:単行本10巻FILE2~5

アニメ:48~49話

 

②あらすじ

風邪気味のコナンのもとへ、西の高校生探偵「服部平次」が探偵事務所に現れます。

工藤新一の推理力がどれほどのものかを確かめたいという理由でわざわざ大阪から東京へ来る高校生って普通いるか?とツッコミどころ満載ですが(笑)

服部が手土産で持ってきた白乾児(パイカル)を風邪薬代わりで飲まさるのですが、その後訪れる事件の解決の際にコナンから新一に戻ります。

命がけの復活

①話数

漫画:単行本26巻FILE1~7

アニメ:190~193話

②あらすじ

ひとつ前の江戸川コナン銃撃事件で犯人に撃たれたコナンは輸血を受ける事になるのですが、病院でコナンと同じ血液のストックが不足していました。

しかし、蘭が自分の血液型がコナンと同じだからと言う理由でコナンの血液型を確かめるわけでもなく採決を受けます。このことからコナンは自分の正体がバレていると感じていました。

そこから話は進んで、コナン退院後の帝丹高校の文化祭。

蘭がヒロインを演じた「シャッフルロマンス」公演中に客席で事件が起きます。コナンは自分の正体を隠すために、客席にコナンの変装をした灰原を用意し、舞台上で新一の姿で登場します。その後、事件を解決し、蘭からの疑惑は解決します。

殺人犯、工藤新一/新一の正体に蘭の涙/本当に聞きたいコト

①話数

漫画:単行本62巻FILE5~11、63巻FILE1~2

アニメ:521~523話

②あらすじ

服部平次の元に「1年前に新一が解いた事件の推理ミスを見つけた」という内容の手紙が届き、コナン達を誘って東京の郊外にある東奥穂村を訪れることから物語は始まります。ちなみにこの時のコナンは風邪を引いています。

平次たち一行から離れたコナンは手紙に書かれた山小屋へ入るも何者かに閉じ込められてしまいます。

一方、平次たちの前には記憶をなくした裸の新一が登場するという内容。この新一は新一そっくりに整形した犯人で、1年前の事件で新一に恨みを持った人物です。

コナンもアポトキシン4869の解毒剤で新一に戻るので、本物の新一とそっくりさんの新一が登場するという摩訶不思議な展開でした。

この事件から続く次の事件の最後で、薬を使い続けると抗体ができて効力がなくなり、最悪の場合は元の体に戻れなくなるという事実が判明します。

ちなみに今回の物語では解毒剤を2回使用します。

ホームズの黙示録

①話数

漫画:単行本71巻FILE3~11、72巻FILE1

アニメ:616~621話

②あらすじ

イギリス人の資産家・ダイアナと知り合ったコナンたちは、猫を保護したお礼として彼女の住むロンドンへ招待されたのですが、コナンは戸籍上実在しない人物で、飛行機に乗ることができないことに気付いて新一の姿でロンドンへ行くという話です。

この物語で、ついに新一が蘭に告白をします。

「たとえオレがホームズでも解くのは無理だろーぜ!好きな女の心を…正確に読み取るなんて事はな!!」

ひとつ前に新一の姿に戻った際に、蘭に自分の思いを伝えられなかった新一でしたが、この物語でついに告白したんです。く~!青春だね(笑)

ちなみに今回の物語では解毒剤を3回使用します。

迷宮の十字路(クロスロード)

番外編として新一に戻る映画がこちら!

風邪の症状を誘発する薬と白乾児(パイカル)を併用することで新一に戻ります。

まとめ

今回はコナンが新一に戻る回をまとめました。ライトファンなら懐かしさで見直してみた内容ばかりだと思います。

ちなみに、それ以外でも過去篇やキッドの変装で新一が登場する回もありますが、今回は「コナンから新一に戻る回」限定で紹介させていただきました。

もうすぐ始まるであろう修学旅行編でも新一に戻ることがほぼ確定なので楽しみです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コナンのアニメと映画が全話見れる方法

動画見放題のサービス「hulu」に登録すると、アニメ版や映画版の名探偵コナンが1話からすべて見れます。連載当初、小学生だった私がすでに大人になったくらいの長期連載作品なので、時間のある時に昔の話を見るのも楽しいと思います。

2週間の間は無料でお試しができるので、無料で登録して是非楽しんでみて下さい。

▼hulu公式サイトはこちら▼

あわせて読みたい

 



スポンサードリンク



スポンサードリンク



いいねと思ったらSNSでシェア!

関連記事 こちらの記事もオススメです。



誰でも簡単に本格的なブログが作れる「STORK」






誰でも簡単にブログが作れるワードプレスのテーマ「STORK」を私も使っています