WordPress

TCD「CORE」でフッターバーを設定する方法

先日、私も当ブログで使っているTCDのCOREがアップデートして使いやすくなったという内容の記事を書いたんですが、その記事では新しい機能の設定方法に触れていなかったのでまとめていこうと思います。

[blogcard url=”https://matsuko-minimum.info/coreadsense/”]

今回は新しく追加された昨日の内、フッターバーを設定する方法について紹介していきます。

フッターバーを設定する方法

WordPress管理画面から「外観 >TCD テーマオプション」へと進み、「フッターの設定」を開きます。

①フッターバーの表示

画面をスクロールしていくと、「スマホ用固定フッターバーの設定」という項目があるので、「フッターバーを表示する」にチェックを入れてください。

これでスマホでブログを表示した際にフッターバーが表示されるようになります。

②ボタンの詳細設定

①の画面を下に進むと、次のような項目があります。

これはフッターバーのボタンに何を割り当てるかという項目で、画像の赤線を入れた箇所に必要事項を入力していきます。

この画像だと最新記事へ飛ぶように設定したいので、ボタンの名前のラベル名を「最新記事」にし、アイコンを選択します。ちなみに、画像の一番上の文字はラベル名入力後に同じ言葉が表示されます。

また、ボタンのラベルは3種類あり、次のような用途で使い分けていきます。

 デフォルト:任意のリンク先URLを指定できます。例:「新着情報」(ニュースアーカイブページのURLを設定)「お問い合わせ」(お問い合わせページのURLを設定)など

 シェア:このボタンをタップでTwitter、Facebook、LINE、はてなブックマークのシェアボタンがポップアップ表示されます。
 電話番号:このボタンをタップでダイヤル画面に遷移し、設定された電話番号に電話がかけられます。

「新しいアイテムを追加する」というボタンで項目を増やせます。公式では画面のサイズの都合上、最大4つまでが推奨とされているのでそれに合わせてください。

実際に設定したフッターバーを紹介

ここで、実際に私が設定したフッターバーを紹介します。

この画像のように、スマホ画面の最下部にフッターバーが表示されていることがわかります。

左から「最新記事」「フォロー」「お問い合わせ」というボタンを作り、離脱率を下げたり、SNSでのシェアを狙ったりしています。

あと一つまでは設置できるので、今後追加したり減らしたり調整していきたいです。

まとめ

今回はCOREに新たに追加された機能の内、フッターバーを設定する方法について紹介しました。

最近はこのフッターバーを取り入れているブログをよく見かけるので、まさかCOREにも機能が実装されるなんて…ラッキーというのが感想です(笑)

ワードプレスのテーマというのは購入時に良いと思ったものを買えばいいんですが、その後のアップデートでどんな機能が付くのか、時代に沿ったアップデートをするのかは購入時には分からないので、今後主流となっていくデザインや機能のスタイルを追加してもらえるのは大変ありがたいことだと思います。

現在、TCDのテーマを使って更新をまだしていないという方は、是非今回紹介した内容を参考にブログを便利なものにしていただけたらと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


当ブログでは TCDのWordPressテーマ「CORE」を使用しています。

WordPressテーマ「CORE (TCD027)」
【ラグビーW杯2019】見逃し配信・リアルタイム配信おすすめランキング

ラグビーワールドカップの見逃し配信・リアルタイム配信に対応している動画配信サービスの中から「これを使えば間違いない」と言えるものをランキング形式で紹介します。(※日本戦が一部しか放送されない日本テレビとNHKは対象外です。)

DAZN(見逃し配信)

スポーツ動画配信サービス最大手の「DAZN」はラグビーW杯の全48試合を見逃し配信(ハイライト)しています。

スマートフォンやタブレットでも視聴できるので、試合を観戦するのに場所や時間を問わず、加入手続きも簡単です。また、無料体験期間が1ヶ月間と長く、途中解約しても料金は発生しないので気軽にお試しすることが可能です。

 

評価
月額 1,750円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 全48試合
配信形式 見逃し配信(ハイライト)

DAZN公式ページ

J SPORTS(リアルタイム配信)

スカパーチャンネルの1つである「J SPORTS」はラグビーW杯の全48試合をリアルタイム配信しています。

月額が高いことや、無料体験期間中に解約できないこと、加入手続きが少し面倒なデメリットはありますが、全48試合をリアルタイム配信しているのは「J SPORTS」だけです。

 

評価
月額 基本料390円+チャンネル料2,286円=2,676円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約はできない)
配信試合数 全48試合
配信形式 リアルタイム配信

J SPORTS公式ページ

Hulu(リアルタイム配信)
hulu

動画配信サービス最大手の「Hulu」はラグビーW杯の19試合をリアルタイム配信しています。(日本戦は全て放送)

19試合の内、7試合はマルチアングル配信されるので、画面越しでも会場にいるような体験が可能です。

月額が最も安く、ドラマや映画、アニメも見放題なのでラグビー以外を目的に加入する選択肢もあります。

 

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 19試合(日本戦全試合含む)
配信形式 リアルタイム配信(内7試合はマルチアングル配信)

Hulu公式ページ