WordPress

TCD「CORE」でトップページの最新記事の表示件数を増やす方法

今回はTCDのテーマ「CORE」で新着記事の数を変更する方法について紹介していきます。

私のTCDカスタマイズ備忘録も兼ねているので同じような環境の方の参考になればと思います。

初期設定では新着記事が5件しか表示できない

今回こんな内容について紹介しようと思ったのは、TCDのCOREが初期設定ではトップページの新着記事が5件しか表示されないことが前々から気になっていたからです。

私のブログでいうとこの部分。正確には「タブ記事一覧1」という名称の部分です。

このタブ3つのそれぞれが5つずつしか記事を表示できないんです。

これって少ないと思いませんか?せっかくこんなオシャレなデザインなんだから!

設定画面を探してもそれらしい項目はないし…

ということでいろいろ調べてみたところ答えが見つかったので同テーマを使っている方にシェアできたらと思います。

新着記事(タブ記事一覧1)の数を変更する方法

WordPress管理画面から「外観 > テーマの編集」へと進み、「index.php」を開きます。

次に、F3キーで以下の文字を検索してください。「<?php // #index_post_list1 」で検索するのが早いかもしれません。

この文字列の中の「 ‘posts_per_page’ => 5」が初期設定での記事の表示件数を表しています。

そこで数字の5の部分を変更することで表示件数を増やしたり減らしたりすることができます。

※表示件数の注意点

表示件数の変更には私個人からの注意点があります。

それは必ず奇数に設定してほしいということです。

というのも、PC版で見た時に奇数で設定すると

このように1つ記事スペースが余ってレイアウトに違和感が出てしまいます。

ですので、記事の表示件数を変更する際は奇数に設定するようにしてください。

私は表示件数を11に変更しています。

タブ記事一覧2、3の数を変更する方法

タブ記事一覧1だけ記事数を変更するのもおかしいので、タブ記事一覧2と3の変更方法についても紹介していきます。

タブ記事一覧2

タブ記事一覧1の時と同様に「index.php」を開きます。

次に、F3キーで以下の文字を検索してください。「<?php // #index_post_list2」で検索するのが早いかもしれません。

この文字列の中の「 ‘posts_per_page’ => 5」が初期設定での記事の表示件数を表しています。

そこで数字の5の部分を変更することで表示件数を増やしたり減らしたりすることができます。

タブ記事一覧3

こちらも同様に「index.php」を開きます。

次に、F3キーで以下の文字を検索してください。「<?php // #index_post_list3」で検索するのが早いかもしれません。

この文字列の中の「 ‘posts_per_page’ => 5」が初期設定での記事の表示件数を表しています。

そこで数字の5の部分を変更することで表示件数を増やしたり減らしたりすることができます。

まとめ

新着記事に始まり、タブ記事一覧は表示件数が5記事ととても少ないです。

これは離脱率の高さに繋がるかもしれませんし、できればもう少し増やしたいです。ちなみに私は11にしていますが、13や15もありかと思っています。

今回の記事を参考にして、読者さんにたくさん新着記事を読んでもらいましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


当ブログでは TCDのWordPressテーマ「CORE」を使用しています。

WordPressテーマ「CORE (TCD027)」

 

【ラグビーW杯2019】見逃し配信・リアルタイム配信おすすめランキング

ラグビーワールドカップの見逃し配信・リアルタイム配信に対応している動画配信サービスの中から「これを使えば間違いない」と言えるものをランキング形式で紹介します。(※日本戦が一部しか放送されない日本テレビとNHKは対象外です。)

DAZN(見逃し配信)

スポーツ動画配信サービス最大手の「DAZN」はラグビーW杯の全48試合を見逃し配信(ハイライト)しています。

スマートフォンやタブレットでも視聴できるので、試合を観戦するのに場所や時間を問わず、加入手続きも簡単です。また、無料体験期間が1ヶ月間と長く、途中解約しても料金は発生しないので気軽にお試しすることが可能です。

 

評価
月額 1,750円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 全48試合
配信形式 見逃し配信(ハイライト)

DAZN公式ページ

J SPORTS(リアルタイム配信)

スカパーチャンネルの1つである「J SPORTS」はラグビーW杯の全48試合をリアルタイム配信しています。

月額が高いことや、無料体験期間中に解約できないこと、加入手続きが少し面倒なデメリットはありますが、全48試合をリアルタイム配信しているのは「J SPORTS」だけです。

 

評価
月額 基本料390円+チャンネル料2,286円=2,676円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約はできない)
配信試合数 全48試合
配信形式 リアルタイム配信

J SPORTS公式ページ

Hulu(リアルタイム配信)
hulu

動画配信サービス最大手の「Hulu」はラグビーW杯の19試合をリアルタイム配信しています。(日本戦は全て放送)

19試合の内、7試合はマルチアングル配信されるので、画面越しでも会場にいるような体験が可能です。

月額が最も安く、ドラマや映画、アニメも見放題なのでラグビー以外を目的に加入する選択肢もあります。

 

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 19試合(日本戦全試合含む)
配信形式 リアルタイム配信(内7試合はマルチアングル配信)

Hulu公式ページ