雑記

私が体験した電車内でのトラブル3選。1位は満員電車でのアレだった

電車に乗っている時、特に満員電車に乗っているとトラブルに巻き込まれることってありませんか?

私は残念なことに結構な頻度でトラブルに巻き込まれています。

そこで今回は私が実際に巻き込まれた電車内でのトラブルの中から、特に嫌だった出来事を3つ紹介していきます。

3位:顔面にくしゃみをかけられる

3位からいきなりゾッとする内容なんですが、私は朝の通勤ラッシュ時に、電車内で横に立っていたおっさんから思いっきり

おっさん
おっさん
へぇぇぇっっっくしょーーーん!!!

と顔面にくしゃみをかけられました。

信じられますか?顔面ですよ?

どこの誰だか知らないおっさんのくしゃみが霧状になって私の顔にべっしょりと吹き付けられたのです。

マツコ
マツコ
汚っ!臭っ!もう最悪だー!!!

汚いし臭いし、歩いてる時に鳥の糞が頭に落ちてくるのなんか可愛く感じるくらい辛い経験でした。

そのおっさんは絶対に私にくしゃみかかかっていると知っているはずなのに電車の扉が開いた瞬間逃げてしまったんです。

私はどうしようもなく、目的の駅に降りてすぐトイレに駆け込んで顔を洗いました。

一日頑張ろうという気持ちが一瞬でどこかに行ってしまったのを今でも鮮明に覚えています。

電車でマスクをしてない人の方が咳やくしゃみをしてる率が異常な件 私は電車で会社通勤をしているんですが、朝の通勤ラッシュで電車の中が人でいっぱいで押しつぶされそうになるのが毎日苦痛でたまりません...

2位:痴漢の現場に遭遇

ニュースでもよく取り上げられているように、電車内での痴漢ってよくあるとは思うんですが、実際にその現場に居合わせた経験がある方は少ないと思います。

私もそんなものとは縁がなかったんですが、ある日の朝、その現場に居合わせてしまったんです。

と言っても、痴漢行為をずっと見ていたのではなく、電車を降りようとしたら、1つ横の扉から犯人が猛ダッシュしていき、男性が「その人痴漢です」と大声で叫んでいた現場に遭遇したというもの。

扉を降りると、痴漢の犯人が走って行ったことを知らせた男性は、被害者の女性を気遣い、駅員を周りの人に呼んでもらっていました。

犯人はというと物凄いスピードでダッシュしており、駅員も思わぬ事態に呆然としていました。

マツコ
マツコ
(いやいや、そこはダッシュして取り押さえないと)

とは思ったものの、不測の事態だとそうなってしまうのかもしれません。

防犯ビデオや、目撃者の発言などで犯人は捕まっているとは思いますが、実際に現場に遭遇すると、あれほど体が硬直するとは思いもしませんでした。

被害に遭われた方はもっと何倍も怖かったと思うと辛いですよね。

そこで私が感じたのは、大声を出した男性と同様に、仮に体が硬直しても周りの人が大声を出すだけでも違う気がしました。

1位:大声で怒鳴られる

私が経験した電車トラブルの中でもダントツの第1位は「大声で怒鳴られた」というもの。

ある日、私が満員電車に乗っていると後ろに立っていたおっさんが体を大きく揺らして私を引き離そうとしてくるのです。

満員電車だから身動きもできないのに、なぜそんなことをするのかと思って無視していたところ、何回も体を揺らして、挙句の果てには舌打ちまでし始めました。

そしてしばらく経過した時にいきなり私に向かって

おっさん
おっさん
さっきからカバンが当たってるだろ~!!

怒鳴ってきたんです。

私はビジネスバッグを肩から斜めに掛けており、どうやら少しバッグが擦れていたみたいなんですが、満員電車でカバンが当たるのを避けるって不可能じゃないですか?

しかも、よく電車でアナウンスされているような大きなリュックを背負った状態でもなく、ビジネスバックを掛けてるだけでこの言われよう。

あまりにも理不尽だったので

マツコ
マツコ
満員電車なんだから当たらない方が難しいんじゃないですか?

と応答しました。

すると驚くことに

おっさん
おっさん
これのどこが満員なんだ!お前はどこの田舎者だ!

と怒鳴り散らしてきたんです。

私も腹が立ってきたので

マツコ
マツコ
降りたら駅員呼びますよ?それでもいいんですか?

と応戦。

しかし、おっさんはひるむことなく

おっさん
おっさん
呼んでみろ!これが満員電車なんてお前はとんだ田舎もんだな!

と約10分くらい言い続けてきました。

私はさすがに異常者だと思って無視することに。

約10分間ずっと罵倒され続け、私の最寄駅よりも前で降りていきました。さすがにアホらしくて駅員を呼んでまで何とかする元気もなくなっていたんですが、周りの人からは「大丈夫でしたか?」と心配される展開に(笑)

見知らぬ人が心配して何人も声を掛けてきてくれるってことは、やっぱりおかしな人だったんだと再認識できました。

たまに駅のホームとかで叫んでいる人を見かけますが、電車の中であんなに怒鳴られたのは人生初だったので嫌な思い出が増えてしまいました(笑)

まとめ:電車に乗り続ける限りトラブルは避けられない

今回は私が実際に巻き込まれた電車内でのトラブルの中から、特に嫌だった出来事を3つ紹介していきました。

自分が何か悪さをしたわけでもないのにトラブルに遭うってのが電車の辛いところです。

しかも行きも帰りも基本的に満員電車なのでトラブルを避けようと思っても避けれません。

さすがに10分間も怒鳴られ続ける人は少ないと思いますが、私よりももっと大変な目に遭った方、それほどトラブルに巻き込まれていない方も「こんなことがあるんだ」程度に私の不幸を笑ってくれたら逆に救われます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。