ゲーム

ドラクエ11の3DS版限定(時渡りの迷宮)モンスターをすべて紹介

ドラゴンクエスト11にはプレステ版と3DS版でそれぞれ限定要素がありますが、今回は3DS版でしか登場しないモンスター(時渡りの迷宮に登場するモンスター)を紹介していきます。まだ購入していないけど買う予定があるという方のご参考までに!

フォンデュ

ドラクエ10で初登場したモンスターです。イオ系の呪文を使ってきます。

いわゆる色違いモンスターには「カラーフォンデュ」「モッツァレーラ」「くろカビこぞう」などがいます。いずれもチーズ関連で分かりやすいネーミングですね。

ちなみに、私がハマっているDQMSLにも登場しています。

モッツァレーラ

前述したフォンデュの色違いモンスターです。フォンデュの転生版なので強さはフォンデュより上です。

あばれこまいぬ

ドラクエ4から登場する古参モンスターです。

色違いには「フレイムドック」や「サブナック」がいます。あばれこまいぬは一番上位種です。

ちなみに、このモンスターも私がハマっているDQMSLに登場しています。

さまようロトのよろい

見たまんま(笑)

伝説の勇者ロトと、さまようよろいのコラ画像みたいなモンスターです。

シドードラゴン・りゅうおうもどき・ゾーマズレディ

左からシドードラゴン・りゅうおうもどき・ゾーマズレディという名前のモンスター。ドラクエ1~3の魔王であるりゅうおう、シドー、ゾーマのコラ画像みたいなモンスターです。

シドーはドラゴンガイア、りゅうおうはブラックドラゴン、ゾーマはメルトアのコラってとこでしょうか(笑)

シドーに関しては結構カッコいい件。

ミルドロプス・ピサロバーン・ナウマンムーア

左からミルドロプス・ピサロバーン・ナウマンムーアという名前のモンスター。ドラクエ4~6の魔王であるデスピサロ、ミルドラース、デスタムーアのコラ画像みたいなモンスターです。

ミルドラースはサイクロプス、デスピサロはメカバーン、デスタムーアはガネーシャエビルのコラってとこでしょうか。ピサロだけ顔面が付いてて少し凝ってますね(笑)

モンスデミーラ・ラプソンフープ

左からモンスデミーラ・ラプソンフープという名前のモンスター。ドラクエ7~8の魔王であるオルゴ・デミーラ、ラプソーンのコラ画像みたいなモンスターです。

オルゴ・デミーラはアメジストワーム、ラプソーンは妖魔軍王ブギーのコラってとこでしょうか(笑)

オルゴかわいいすぎる!

メガトンギオス・ネルゲルデーモン

左からメガトンギオス・ネルゲルデーモンという名前のモンスター。ドラクエ9~10の魔王であるエルギオス、ネルゲルのコラ画像みたいなモンスターです。

エルギオスはメガトンケイル、ネルゲルはギガントデーモンのコラってとこでしょうか(笑)

ネルゲルデーモンは今後のシリーズでも普通にボスのお供に出てきてもおかしくないですね。ピサロナイトとかこんな感じですし。

時の破壊者

時の破壊者は裏ボスの邪神ニズゼルファの色違いモンスターです。…というか金ピカのこっちの方が本物っぽい件(笑)

しかし、その正体は時の守り神が勇者を試すために時の破壊者のフリをした姿だったりします。

頑張って時の破壊者を倒したと思ったら

「な~んちゃって!ウソだっぴょーん!」

の登場に笑い転げた人も多かったのではないでしょうか?

ちなみに、時の破壊者(時の守り神)を倒すと真エンディングが用意されて…はいないのですが、

  1. ヨッチ村に主人公の銅像が立つ
  2. 称号「時の救世主」が貰える
  3. 「クルッチ」が旅についてくる

この3つの特典があります。

まとめ

今回はドラクエ11の3DS版限定(時渡りの迷宮)モンスターをすべて紹介しました。

後半ネタ要素が強かったですが、3DS限定要素でこれだけ盛りだくさんだと3DS勢も増えるかな?グラフィック面での差をこうやって埋めてくるとはスクエニ凄いですよね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ロトの紋章などのスクエニ漫画が読める無料アプリ「マンガUP!」

ドラクエ外伝の「ロトの紋章」に始まり、「鋼の錬金術師」などスクエニの超有名漫画を読んでみたいという方は無料アプリの「マンガUP!」がオススメ!

毎日8話も無料で読めるので、通勤中や寝る前なんかに過去の名作を一気読みしちゃいましょう。

マンガUP!スクエニの人気漫画が毎日読める漫画アプリ 人気まんが・コミックが無料
マンガUP!スクエニの人気漫画が毎日読める漫画アプリ 人気まんが・コミックが無料
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted with アプリーチ

 

 

おすすめVODランキング

数あるVOD(ビデオオンデマンド)サービスの中から、私が実際に使ってみて良いと思ったものをランキング形式で紹介します。

hulu
hulu

作品数と月額のバランスが最も良いのが「hulu」です。

国内・海外問わずドラマが豊富で、アニメにも力を入れています。特に海外ドラマは先行配信に期待ができます。

また、日本テレビ系列の会社が運営しているため、「名探偵コナン」など、日テレで放送されている作品が他社より充実しています。

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間
作品数 50,000本以上

公式ページ

U-NEXT
U-NEXT

圧倒的作品数を誇るのが「U-NEXT」です。

月額がやや高いですが、毎月付与される1,200円分のポイントを月額から相殺したり、動画のレンタルや電子書籍版の雑誌・漫画の購入に使ったりできるのが特徴です。

ディズニーやア〇ルト動画を見れるのも他社とは一線を画します。

評価
月額 1,990円(税抜) ※毎月1,200円分のポイントが付与される
無料期間 31日間
作品数 見放題作品90,000本、レンタル作50,000本

公式ページ

プライムビデオ

動画本数こそ劣るものの、圧倒的コストパフォーマンスを誇るのが「Amazonプライムビデオ」です。

というのも、プライム会員のおまけで動画見放題も付いてくるので、おまけ要素なのに豪華すぎるのが実際のところ。

プライム会員では、配送料や時間指定などが無料なことに加え、音楽が聴けるサービスなんかもあります。おまけでドラマや映画、アニメがこれだけ見れるのは凄いですよね!

評価
月額 325円(税抜)
無料期間 30日間
作品数 2,000本以上

公式ページ