大魔宮の試練Lv6をウエイト160以下でクリアしたパーティを紹介!マーズフェイスは神だった!


スポンサードリンク


こんにちは、マツコ・ミニマムです。

今回は大魔宮の試練Lv6の「ウエイト160以下でクリア」をクリアしてきたので、パーティや立ち回りなどについて書いていきます。

このクエストでついに大の大冒険コラボが終わってしまうので少し寂しいですが、報酬がまたまたバイブルなのでゲットしていきましょう。

ってかもぐらの復刻同時進行か~い(笑)

パーティ紹介

パーティはこちら!

今回はLv5の時のような縛りがないので、パーティにはバーン対策モンスターともいえるマーズフェイスを入れています。

ウエイトの都合上、回復役は低ウエイトのホイミン、そして被ダメ軽減モンスターとしてわたぼうを起用しています。

また、MPをガンガン使いたいので、サポートに消費MP35%軽減の真・大魔王バーンを借りています。

立ち回りを紹介

ここからは立ち回りを紹介していきます。

流れはLv4とLv5のおさらいともいえる内容で、Lv4とLv5の敵が順番に出てくるだけです(笑)

なので構成自体は雑なんですが、なんせボス戦が2試合連続なので心してかからないといけません。

大魔宮の試練Lv4攻略記事はこちら

大魔宮の試練Lv5攻略記事はこちら

①マーズフェイスでにおうだち

まずは敵の呪文を防ぐべく、マーズフェイスでにおうだちをします。

お供2体の攻撃や追撃で落とされないよう、わたぼうの精霊の守りでにおうだちを補強します。

②バーン→お供の順で倒す

バーンの火力が高いので、

バーン→お供の順で倒すのが理想です。

キルバーンは斬撃予測を使うので、ドレアムの絶技は相性が悪いです。

なので、攻撃はバーンのカラミティエンドが主となります。

そして順調に前半戦クリア!

③わたぼうで終始ガード

バーンのリーダースキルのおかげでMP枯渇の心配はないので、わたぼうは毎ターン精霊の守りで自軍を守ります。

④マーズフェイスは終始におうだち

マーズフェイスは終始におうだちをします。

通常ならカラミティウォールの全体体技で落とされてしまうのですが、わたぼうの精霊の守りとのコンボでなんとか毎ターン生き残ります。

上の画像のように、敵は強制マインドを仕掛けてきますが、におうだちをしていればアタッカーにマインドが入る心配もありません。

さらに、におうだちがなくてもわたぼうの精霊の守りで全員1ターンくらいなら平気で耐え抜きます。

⑤回復と蘇生は必須

今回、ウエイトの都合上パーティにホイミンを入れましたが、ホイミンのように回復と蘇生ができるモンスターが1体は欲しいです。

例えば上の画像。

どうしてもパーティに???系が多くなり、カラミティエンドでワンパンされてしまうので、ザオリクでの蘇生が不可欠になります。

⑥アタックカンタに注意

敵のHPが少なくなると、「天地魔闘の構え」ではなく、アタックカンタまで張ってきます。これがいわゆるボス使用…(笑)

通常攻撃も反射されるので潔く防御でしのぎましょう。

あとはコツコツ攻撃を続けて…

無事にクリア!結構安定しました。

ミッション報酬のこれはいらない方で…(笑)

こっちの報酬が重要ですね。

報酬だけ見たらLv5の方が豪華なのでは!?(笑)

まとめ

大の大冒険コラボ最後のクエストだけあって、まるで総集編のような構成になっていましたね(笑)

敵がとんでもなく強いですが、マーズフェイスがこんなに役に立つなんてって印象を受けました。

ミッション報酬も貴重な特技バイブルがLv5と6で2冊ももらえるので、なんとかして期限内に手に入れたいですね。

そして、復刻でもぐらがきているのでスタミナ2倍の内にそちらも回っておきたいところ!やることいっぱいで目が回る(笑)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ロトの紋章などのスクエニ漫画が読める無料アプリ「マンガUP!」

ドラクエ外伝の「ロトの紋章」に始まり、「鋼の錬金術師」などスクエニの超有名漫画を読んでみたいという方は無料アプリの「マンガUP!」がオススメ!

毎日8話も無料で読めるので、通勤中や寝る前なんかに過去の名作を一気読みしちゃいましょう。

マンガUP!スクエニの人気漫画が毎日読める漫画アプリ 人気まんが・コミックが無料
マンガUP!スクエニの人気漫画が毎日読める漫画アプリ 人気まんが・コミックが無料
開発元:SQUARE ENIX INC
無料
posted with アプリーチ

 

あわせて読みたい

 



スポンサードリンク



スポンサードリンク



いいねと思ったらSNSでシェア!

関連記事 こちらの記事もオススメです。



誰でも簡単に本格的なブログが作れる「STORK」






誰でも簡単にブログが作れるワードプレスのテーマ「STORK」を私も使っています