Dr.STONE(ドクターストーン)

Dr.STONE(ドクターストーン)【第143話】ネタバレと無料で読める漫画アプリについて調査!

まんが無料

大人気漫画Dr.STONE(ドクターストーン)【第143話】についてネタバレ紹介!

また『Dr.STONE(ドクターストーン)』を無料で読める漫画アプリについても調査しています。

『Dr.STONE(ドクターストーン)』第143話を無料で読む方法

『Dr.STONE(ドクターストーン)』の漫画もアニメも無料で楽しめる

U-NEXT動画配信サービスである「U-NEXT」なら、31日間の無料体験期間を使って『Dr.STONE(ドクターストーン)』の漫画・アニメを無料で楽しむことができます。コミックス最新刊まで絶賛配信中!

  • 見放題90,000本以上、レンタル50,000本以上の動画配信数
  • 無料ポイントを使えば毎月2~3冊無料で書籍を読める
  • 31日間無料体験ができる
drstonemanga
31日間以内に解約すれば料金は一切発生しないよ!アニメも漫画も無料期間中に一気に楽しもう!

 

『Dr.STONE(ドクターストーン)』第143話のネタバレ

全人類石化の謎に迫るべく、月に向かうためにロケットを作るというビックプロジェクト。
元記者の南は、手に入れたボイスレコーダーで記録を後世に残そうとしている。
主要メンバイーにインタビューを敢行する南。

大勢の人間が復活すれば銃社会や、人が人を巻き上げる世界が復活する。
それを止めるのが自分の役目だと答える、霊長類最強の高校生:司。
アメリカには100億年くらい住んでいてカワイイ娘が多かったと、ペラペラトークのメンタリスト:ゲン。
宝島編での活躍で正式なクルーに認められ、お役に立ちたいと語る、名探偵少女:スイカ。
出発の意気込みを聞いているにもかかわらず、ボイスレコーダーに興味津々の神腕職人:カセキ&閃き科学使い:クロム。
与えられた命令に従うだけだと、宝島からきた堅物の投擲戦士:キリサメ。

キリサメの腕を認めつつ、弟の銀狼の動向が気になる:堅物の槍戦士:金狼。
石化前に仕えた党首の面影を銀狼に感じ、忠誠を尽くそうとする復讐の武士:松風。
乗りたくないのに松風に乗船させられたと、涙目のドゲス戦士:銀狼。
天気の良い日は暇すぎて到着まであと何十日かかる?
嵐の日には忙しすぎて到着まであと何十日かかる?
一々文句の多い銀狼をフォローする羽京。

その航海日数だが、2人のリーダーの意見は真っ向から対立していた。
70日を主張する、船のリーダー:龍水。
40日を主張する、科学のリーダー:千空。
ケンカは良くないと仲裁に入る大樹だが、実は2人が行っていたのはディスカッション。
船のルートに関する話だと気が付いた羽京。
ペルセウスの出発は日本で、目的地はアメリカのサンフランシスコ。

そこで世界地図を広げる千空はスイカたちにクイズを出す。
最短ルートは?
答えは簡単で一直線だとクロムたちは回答する。
それは等角航路で70日かけてそのルートを辿るつもりの龍水。

一方、今の答えにダメ出しをする千空。
最短は北半球で弧を描いたルートになるのだという。
実際の地球儀で確認するメンバーたち。
確かに飛行機も曲がって飛んでいく。
千空はこの大圏航路によるショートカットの40日で、アメリカに行くつもりだったのだ。

しかし、龍水も等角航路を譲る気はなく、千空も同様だ。
TOP2の激しい論戦に周囲の方が心配してしまう。
初心者水兵の集団というリスクを勘案して、現実的な航路を主張する龍水。
しかし、それではイエローデン?、コーンの収穫には間に合わない。
40日ならば滑り込みセーフだと、合理的な理由を千空は反論するのだった。
現実的と合理的。

どちらも正解ともいえる中、周囲の意見も割れている。
まずは妥協案を探る龍水は、船員に対する食料配給を倍に提案。
それで10日短縮した60日航海までが限界だと話す。
しかし、千空は一歩も引かずに40日を繰り返すのみだった。
これを最後に両者の交渉は決裂。
闘(や)るしかない!

千空と龍水の対決に一同緊張が走ったが、その決着内容はポーカーだった。
龍水にはゲン。
千空にはコハク。
それぞれパートナーを組んでの勝負。
どちらが勝つのか駆けようぜと、陽をはじめとギャラリーも盛り上がるのだった。 

『Dr.STONE(ドクターストーン)』第143話の感想

ロケット製作のための世界旅行がスタートしました。
このストーンワールドで南の記者魂は大したものですが、意気込みを聞きたいはずが司とスイカのほかは、何となくピントの外れた答えばかりでした。
照れるキリサメに空気を読まない金狼など、確かに堅物同士で面白い組み合わせかもしれません。

今回はアメリカ到達までのルートを巡り、初めて千空と龍水が対立をしました。
お互いの主張にも一理あるだけに激しい論戦で、どちらかを選択しても間違いではないことから、難しいところですね。
最後の決闘はバトルかと思いましたが、まさかのポーカー。
ドレスアップのカジノ服は杠のお手製でしょうか。
龍水にはゲンが味方となりました。
インチキマジシャンのゲンがイカサマを仕掛けてくるのは明らかでしよう。
千空側にはコハクが付きましたが、ポーカーのルールを知っているのか疑問ですが、この戦いは彼女がキーになりそうな予感です。 

『Dr.STONE(ドクターストーン)』のアニメを無料で観る漫画を無料で読む方法

Dr.STONE(ドクターストーン)

動画配信サービスである「U-NEXT」なら、31日間の無料体験期間を使って『Dr.STONE(ドクターストーン)』のアニメ・漫画を無料で楽しむことができます。

U-NEXTの特徴は以下の通りです。

料金 1,990円/月
配信数 33万冊以上
無料期間 31日間
ダウンロード
特徴 圧倒的配信数を誇り、漫画以外に動画も楽しめる

動画配信サービスとしては月額1,990円とやや高いですが、漫画も読むことができるので31日間の無料期間を使って動画を見たり、漫画を読み倒すのが鉄板の使い方です。

毎月1,200ポイント(1ポイント=1円)がもらえるので、そのポイントを使うことで毎月2~3冊の漫画を実質無料で読んだり、最新の映画などを見ることもできます。

無料でもらえるポイントを使って漫画の単行本を実質無料で買うというイメージだよ!

また、無料トライアル時にも600ポイントもらえるので、加入と即時に漫画1冊を実質無料で読めるんです。

Dr.STONE(ドクターストーン)のアニメはU-nextだと見放題ですので、漫画と一緒にアニメも楽しめます。

逆に、漫画を読まずに月額料金からポイントを相殺することができるので、月額790円の動画配信サービスとして利用することも可能です。

U-NEXTなら無料で7つの大罪のアニメが観れて、漫画も最終話まで読むことができるよ!

U-NEXTを31日間無料体験する

「Dr.STONE(ドクターストーン)」を無料で見る&読む

 

▼U-NEXTのメリット・デメリットについてはこちら

U-NEXTを使って感じたメリット・デメリットを徹底解説!【ユーネクスト】 「U-NEXT」は、圧倒的なコンテンツ量を誇る動画配信サービス(VOD)で、国内外の映画やドラマに始まり、アニメやアダル...
AnitubeXやWatchAnimes.netの代わりでアニメが無料見放題の合法サイトは?【アニチューブ、ウォッチアニメネット】アニメが無料で見放題の海賊版違法サイト「Anitube(アニチューブ)」 こちらのサイトはすでに閉鎖されていますが、最近では「An...
漫画村や星のロミ閉鎖後に代わりになる無料漫画読み放題サイト一覧はこれだ! 漫画村閉鎖後、クローンサイトとして「星のロミ」というサイトが開設されましたが、各出版社からの訴訟により閉鎖されました。(...

 

おすすめVODランキング

数あるVOD(ビデオオンデマンド)サービスの中から、私が実際に使ってみて良いと思ったものをランキング形式で紹介します。

U-NEXT
U-NEXT

圧倒的作品数を誇るのが「U-NEXT」です。月額がやや高いですが、毎月付与される1,200円分のポイントを月額から相殺したり、動画のレンタルや電子書籍版の雑誌・漫画の購入に使ったりできるのが特徴です。

ディズニーやア〇ルト動画を見れるのも他社とは一線を画します。

評価
月額料金 1,990円(税抜)
※毎月1,200円分のポイント付与
無料期間 31日間
作品数 見放題作品90,000本
レンタル作品50,000本

公式ページ

Hulu
hulu

作品数と月額のバランスが最も良いのが「Hulu」です。国内・海外問わずドラマが豊富で、アニメにも力を入れています。特に海外ドラマは先行配信に期待ができます。

また、日本テレビ系列の会社が運営しているため、「名探偵コナン」など、日テレで放送されている作品が他社より充実しています。

評価
月額料金 1,026円
無料期間 2週間
作品数 60,000本以上

公式ページ

プライムビデオ

動画本数こそ劣るものの、圧倒的コストパフォーマンスを誇るのが「Amazonプライムビデオ」です。というのも、プライム会員のおまけで動画見放題も付いてくるので、おまけ要素なのに豪華すぎるのが実際のところ。プライム会員では、配送料や時間指定などが無料なことに加え、音楽が聴けるサービスなんかもあります。おまけでドラマや映画、アニメがこれだけ見れるのは凄いですよね!

評価
月額料金 408円(税抜)
無料期間 30日間
作品数 2,000本以上

公式ページ