気になること

フリー素材でよく見る男女のモデルって誰?名前や情報をまとめてみた

スポンサードリンク
スポンサードリンク

こんにちは、マツコ・ミニマムです。

いろんなサイトを見ていると、記事内の画像に毎度のように同じモデルさんが使われていませんか?

以前までは「フリー素材のモデルさんなんだろうな」~と思いつつ気にしていなかったんですが、最近そのモデルさん達が誰なのかが妙に気になってきました(笑)

そこで今回はフリー素材のモデルさんが誰なのか、主に有名どころをピックアップして紹介していきたいと思います。

ほとんどのモデルは”ぱくたそ”モデル?

ネット上で使われているフリーモデルさんのほとんどは、フリー画像を扱うサイト「ぱくたそ」に登録されているモデルさんだということが分かりました。

ちなみに、顔を出した人物写真は肖像権使用の許諾(モデルリリース)を得て公開しているため有料サイトが多いのですが、ぱくたそはすべて無料で公開しているためシェア率が高いと考えられます。

では、さっそくここからはフリー素材のモデルさんについて紹介していきます。

大川竜弥

1982年2月26日 / O型 ぱくたそ所属

自称「日本一インターネットで顔写真が使われているフリー素材モデル」

また、ぱくたその広報としても活動されています。

モデル活動をする前は、ユニクロ店員やライブハウスの店長、ザ・グレート・サスケのマネージャー、実業家である家入一真のアシスタント等も務めていたそうです。

また、俳優や司会業、執筆活動など多岐にわたって活動されています。

【公式ブログはこちら】

河村友歌

愛称:ゆかちぃ
1995年5月19日 /O型 ぱくたそ所属

こちらは女性版大川竜弥と言えるほどネット上でよく見かける女性だと思います。というか、可愛いから使っている人が多いのでは?(笑)

ちなみに、現役大学生でフリーモデルをしているそうです。

モデルの被写体に留まらず、自らが企画提案、プロデュースをし、「世界で一番使われる素材になりたい」と宣言しています。

【公式ブログはこちら】

茜さや

1993年5月20日 /O型 ぱくたそ所属

こちらは河村友歌に続いてみる機会の多いモデルさんだと思います。

フリーでグラビアやタレント活動をしており、篠崎愛さんに憧れているそうです。

【公式ブログはこちら】

Max_Ezaki

1986年5月9日 /O型 日独ハーフ ぱくたそ所属

外国人のフリーモデルと言ったらこの方をよく見るのではないでしょうか?

ちなみに、趣味は自分で作ったソーセージをつまみにビールを飲むことだそうです。

ぱくたそ以外では下着メーカー「BETONES」、ぽっちゃり系メンズのためのファッション雑誌「Mr.Babe」でモデル活動をしています。

【公式ブログはこちら】

Lala*

8月8日 /O型 ぱくたそ所属

河村友歌や茜さやさんは可愛らしい若手女性ってイメージなのに対し、Lala*さんはSっ気のある先輩上司といった印象を持つモデルさんです。

OLさんの画像を多く扱っています。

みき。

5月21日 ぱくたそ所属

これまた可愛い女性ですね。看護学生をしながらサロンモデルをしているそうです。

読書をしているシーンや、室内にいるシーンが多いモデルさんです。

ゆうせい

1978年6月19日 ぱくたそ所属

フリーモデルの活動の他に、できることが増えるメディア「ムーバップ!」を運営中。

主に、ビジネスマンを演じる事が多いです。

【公式ブログはこちら】

はやさかゆき

写真素材 足成所属

男性をビンタしているシーンから、食べ物を食べているシーンまで、1,000枚以上の素材があります。

龍咲杏

写真素材 足成所属

OLや料理シーンが多いモデルさんです。

フリーで活動していて、モデルの他にも、ライブ活動、コスプレ活動をしているそうです。

【公式ブログはこちら】

まとめ

気になるフリーモデルさんを調べてみたところ、ぱくたそが圧倒的に多かったのですが、その他にもモデルさんはたくさんいるようです。

今回は、数いるモデルさんの中から投稿されている画像の件数などを参考にピックアップして紹介させていただきました。

他にも見たことがあるモデルさんがいたのですが、ぱくたそ以外の画像サービスだとプロフィールまで紹介しているところが少なかったので、正確な情報をお届けすることは困難だと思われます。

調べてみて面白かったのは、芸能界も目指している人に限らず完全にフリーで登録している方や、企画にまで参加している方もいるということ。少なからずネット上で顔が売れるわけなので、宣伝効果も凄いですよね。

私もフリー画像はよく使うので、今後人物を使う時は、これを機にその人の経歴にも注目してしまいそうです(笑)

画像は使うけれど誰だか分からなかったという方は、今回の記事で少しは興味が出たのではないでしょうか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

他にはこんな記事が読まれてます


スポンサードリンク
スポンサードリンク

過去ログ

PAGE TOP