実家(毒親)・義実家問題

過干渉で私のゴミ箱や机の引き出しを勝手に漁る母に気持ち悪さすら感じた毒親エピソード

私の親は昔からとにかく過干渉で、私のことを全て把握しないと気が済まない性格です。

過干渉なエピソードを挙げようと思うとキリがないくらいあるのですが、中でも本当に気持ち悪くて耐え難かったのが

「ゴミ箱や机の引き出しを勝手に漁る」

ということです。

ハッキリ言ってキモイ!他人にされるよりタチが悪いよ!

ちなみに私の実家では、ゴミ出しの前日に自分の部屋のゴミをゴミ出し用の袋に入れることになっていたので、母が私の部屋のゴミを掃除する意味での漁るとは異なります。

ましてや引き出しって自分以外の人間が開ける場面ってありますか?

要するに、プライバシーなんてありゃしない、「超」が付くほどの過干渉ということです。

そこで今回は、私が経験した親のゴミ箱漁りのエピソードについて書いていきます。

日常の会話の中でゴミ箱や引き出しを漁られたと分かるケース

私が最初にゴミ箱や引き出しを漁られていると気付いたのは中学生の頃だったと思います。

というのも、私しか知るはずのないメモや、学校でもらったラブレター(お断りしたもの)についての情報が日常会話で出てくるのです。

例えば晩御飯を食べているときに

「〇〇の件ってどうだった?」「最近女の子に告白されたみたいじゃないの」

など、明らかに知っていたらおかしい情報が会話の中に飛び出してくるのです。

な、なんで知ってるんだ!?

最初は驚きつつも、実の親だと子供のこともだいたい察しがつくのかなくらいに思っていたんです。

しかし、同じようなことが頻繁に起こるようになり、だんだん不安が確信に変わっていきました。

例えば、親は漫画に興味がないはずなのに、その漫画が映画化された時に

「マツコが読んでるやつじゃない?」

と言ってきたりするんです。

考えただけでゾッとしませんか?

世界中にごまんとある漫画のタイトルの中で、私が買ってきて、親に一度も見せたことのない漫画のタイトルをなぜ知っているのか?

引き出しを開けない限りあり得ないことなんです。

しかも、「ゴミ箱や引き出しを漁る行為」は私が義務教育を終え、就職してからも続きました。

ちなみに自分の部屋ができたのが中学に入った頃だったので、割と早い段階でゴミ箱・引き出し漁りが始まっていたことに(汗)

ゴミ箱や引き出しを漁らないと知りえない情報を堂々と言うケース

ここまでの内容と全く逆で、堂々とゴミ箱や引き出しを漁っていることを言うケースもありました。

例えば、私が就職活動で企業からいただいたパンフレット。

面接が終わったら取っておく必要もないので、パンフレットはゴミ箱に捨てていました。

面接は何社か受けていたので、いちいちどの会社を受けていたかなんて報告していなかったのですが、

「ゴミ箱に〇〇会社のパンフレット入ってたけど面接どうたった?」

と聞いてくるようになったんです。

堂々と聞いてきやがる!

私は驚くどころか、あっけにとられて呆然としていたのを覚えています。

会話の中でやんわりと見えてくるケースと異なり、「ゴミ箱」というワードを堂々と出してくるあたり、親はこの行為について何の疑問もなくやっているんだろうと推測できました。

親がゴミ箱や引き出しを漁る理由についての考察

ではなぜ親はゴミ箱や引き出しを漁るのでしょう。

私なりに考察した結果、

  • 子供のすべてを把握していたい
  • いつまでも子供扱いで心配が絶えない

この2つが大きな原因かという結論に至りました。

まず一つ目の「子供のすべてを把握していたい」ということについてですが、私の親は重度の過干渉。

子供が「何をしているのか」「何を考えているのか」「どこにいるのか」など、すべて知っていないと気が済まないんだと思います。

それは子供を大事に思っているからなんでしょうが、子供側から言わせると「過干渉」なのです。

次に二つ目の「いつまでも子供扱いで心配が絶えない」ということについてですが、親にとって子供はいつまで経っても子供という認識が強いのかもしれません。

その考え方は成人し、社会人になっても続きます。

子供が子供の頃と違い、社会人になった子供の帰りが遅くても、何日も連絡なしに帰ってこない限りは心配しないと思います。

しかし、私の実家は社会人になっても帰りが遅いと怒られました。

このように、過度の心配がゴミ箱や引き出しを漁る事にも繋がっていたんだと思います。

親にゴミ箱や引き出しを漁られない対策はあるのか?

私の場合、親がゴミ箱や引き出しを漁る行為が気持ち悪すぎて、逆に親に言えずじまいでした。

そこで、私なりに対策を考えてみたんですが、

  • 部屋にカギを掛ける
  • 親に「ゴミ箱や引き出しを漁るな」と言う
  • 一人暮らしする

これくらいかなと思います。

ちなみに、私はこの中の「一人暮らし」をしたくてもさせてもらえませんでした。

20歳を過ぎて社会人になっても一人暮らしさせてくれない親は毒親なのかもしれない私は今でこそ結婚して子供も生まれ、念願のマイホームを購入して自分たち夫婦の暮らしを送っています。 しかし、結婚するまでは一人暮らし...

「毒親」の子供は無理やり距離を置くか、結婚しない限り窮屈な生活を強いられるのかもしれません(汗)

強いて言うならば「ゴミ箱や引き出しを漁るな」と正直に伝えることかなと思います。場合によってはキレて伝えてもいいかもしれません。

過干渉な毒親タイプは、子供が嫌がっていることにすら気付いておらず、逆に「子供のためにやっている」と思っています。

ですので、キレて本気なんだという気持ちを伝える方が効果的かもしれません。

まとめ:ゴミ箱や引き出しを漁る行為は完全に親の過干渉。毒親の可能性大だから対策を!

今回は、私が経験した親のゴミ箱漁りのエピソードについて書いていきました。

ゴミ箱や引き出しを漁る行為は完全に親の過干渉で、毒親の可能性も十分あります。

思春期を迎え、徐々に大人になっていく子供にとって、自分の部屋はプライバシーの塊です。見られたくないものだってたくさんあります。

ましてや成人してからもゴミ箱や引き出しを漁られるなんて、ハッキリ言って「キモイ」の一言に尽きます。

実家で生活していた時の私は常に親の管理下に置かれていました。何をするにも親の意見が付きまとい、親の考えに従う子供でした。

そしてゴミ箱や引き出しを漁られるなんて、かなり窮屈だったと過去を振り返るたびに思います。

いくら子供が大切でも、子供の気持ちを尊重できる親にならなければいけません。

ゴミ箱や引き出しを漁る行為は、それとはまったくの逆なので、もし私と同じように苦しんでいる方がいれば、勇気を出して親に嫌だと言ってみましょう!

それでももし変わらないのならば、親と距離を置く決断も必要ですよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【無料】住宅展示場に行かず複数のハウスメーカーに「間取りプラン」「資金計画」「土地探し」を一括依頼する方法

夢のマイホームは人生で一番高い買い物になるので、これから家を建てるなら誰だって理想の家にしたいですよね。

しかし、こんな家庭問題が家づくりの弊害になっていませんか?

  • 親との同居問題で思ったように打ち合わせが進まない
  • そもそも住宅展示場に行く時間すらない
  • 住宅展示場に一緒に行きたがる親を出し抜いてこっそり打ち合わせしたい

そんな時に便利なのが「タウンライフ家づくり」というサービスです

このサービスは、わざわざ住宅展示場に行かなくても、複数のハウスメーカーから「間取りプラン」「資金計画」「土地提案」を一括請求できます。しかも無料

家から出れない、時間がないなら、そもそも時間を掛けないという逆転の発想です。

ハウスメーカーへの資料一括請求の方法はとっても簡単。

ますは公式サイトを開き、お住いの都道府県・市町村を選択すると次の画像のように間取りについてのアンケートを入力する画面になります。(3分以内でできる量です。)

そしてアンケートを入力後、お住いのエリアを対象とした住宅メーカーをチェックでき、チェックしたメーカーから「間取りプラン」「資金計画」「土地提案」の資料が無料で送られてくるという流れです。

たった3分の作業でこれだけもらえる神サービス。

もちろん、住友不動産やパナソニックホームズ、積水ハウスなど、全国600社以上の優良メーカーが対象です。

また、全部チェックを付けて資料を貰えばメーカーごとの比較が住宅展示場に行かなくてもできてしまうんです。他社に資料を見せて値引き交渉だって可能です。

  • 3分のアンケートに答えるだけで「間取りプラン」「資金計画」「土地提案」の資料が無料で送られてくる
  • どの会社からの資料が欲しいかはこちらから選べる(大手メーカー含む)
  • 会社ごとの資料を比較して値引き交渉ができる

たった3分、しかも無料で済むので、家づくりの専門的な資料作成はプロに任せちゃいましょう!

 

\まずは無料で試してみよう/

 

ABOUT ME
マツコ
マツコ
ゲームやマンガをこよなく愛する28歳の愛知県民。1児のパパになって娘を溺愛中。2018年から一条工務店のi-paletteで生活しています。当ブログではマイホーム、実家(毒親) 問題、 漫画、育児、街コン体験談などについて書いています。
ハウスメーカー各社に間取りプラン・資金計画・土地探しを無料で一括依頼できる「タウンライフ」

これから家を建てようと考えている方が絶対に知っておいた方がいいサービスが「タウンライフ家づくり」です。

 

なんと「間取りプラン」「資金計画」「土地探し」をハウスメーカー各社に一括依頼できるんです。しかも「無料」

家づくりを始めるうえで、こんな悩みはありませんか?

  • 複数のハウスメーカーを検討したいけど時間がない
  • 理想の間取りで家を建てたいけどアイデアが浮かばない
  • 希望する土地が見つからない
  • 資金計画で困っている

夢のマイホームは人生で一番高い買い物になるので、これから家を建てるなら誰だって「理想の家」にしたいと思います。

しかし、時間の制限や知識不足な点から、理想を叶えることはなかなか難しいものです。

そこで、「タウンライフ家づくり」を利用すると以下のようなメリットがあります。

「タウンライフ家づくり」7つのメリット
  1. 全国600社以上の優良メーカーから間取りプランを作成してもらえる
  2. パソコンやスマホがあれば、たった3分で資料の一括依頼ができる
  3. 住宅展示場に通い、時間を掛けて複数のメーカーを回らなくてもいい
  4. 簡単に依頼できる分、複数社を比較することができる
  5. しつこい電話が掛かってこない
  6. 費用や土地も提案してもらえる
  7. 無料

たった3分、しかも無料なので、家づくりのプロに依頼して理想の家を建てましょう!

詳細ページ公式ページ