スポーツ

五郎丸歩2019年の現在は?W杯日本代表落ちした理由について

前回のラグビーW杯日本代表だった五郎丸歩選手って、今回の代表メンバーに入ってないんだね!
知名度も高いし驚いている人も多いだろうね!

2019年9月20日から11月2日にかけて開催される第9回ラグビーワールドカップ。

ラグビー日本代表のジェイミー・ジョセフヘッドコーチによって2019年8月29日に発表された最終メンバーは31人(FW18人、BK13人)です。

最終メンバー31人の内、前回のワールドカップで代表メンバーだった五郎丸歩選手の名前がありません。

実力もあって知名度も高いのになんで?と思いますよね。

そこで今回は、五郎丸歩選手がW杯の日本代表メンバーから落選した理由と2019年現在についてまとめていきます。

ラグビーW杯を見逃し配信で見るには

ラグビーW杯の全48試合を見逃し配信(ハイライト)で見るなら「DAZN」がおすすめです。

初月無料で見れるので、無料期間中に好きな試合を見逃し配信で観戦しよう!

→ DAZN公式サイトはこちら

五郎丸歩選手の2019年現在は?

ラグビーW杯2015で一躍時の人となった五郎丸歩選手。

W杯以降の五郎丸歩選手はというと、2015年シーズンの国内リーグを終えると、2016年はスーパーラグビーにレッズ(オーストラリア)の一員として参戦。

さらに2016年シーズンは、フランス1部リーグTOP14の強豪「トゥーロン」に移籍します。しかし、海外ではなかなか結果を出すことができずに契約更新しないことが発表されました。

その後、2017年7月に元々所属していたヤマハ発動機に復帰しています。

五郎丸歩選手の海外での実績は以下の通りです。

オーストラリア時代の出場実績 15試合中8試合(うち先発3試合)
フランス時代の出場実績 36試合中5試合(うち先発4試合)

日本へ戻る決意をした理由について、五郎丸歩選手はインタビューでこのように語っています。

「1年半、海外でラグビーをしていましたが、出場数がやはり少なかった。これ以上、海外にいると、どうしてもパフォーマンス的にもメンタル的にも難しい」

フランス時代は得意のプレースキックを蹴らしてもらえなかったようで、日本代表だった五郎丸歩選手でも海外選手の実力差が大きかったことが伺えます。

ちなみに、あの有名な「五郎丸ポーズ」を日本リーグ復帰後はやめてしまったんです。

▼「五郎丸ポーズ」をやめてしまった理由についてはこちら

「五郎丸ポーズ」のルーティンは封印?意外だったやめた理由について 2015年に開催されたラグビーワールドカップで一躍人気となった日本代表メンバー。その中でも特に人気を集めていたのが五郎丸...

五郎丸歩選手がW杯日本代表落ちした理由

五郎丸歩選手がW杯の日本代表メンバーに落選したことに対しては、日本代表ジェイミージョセフHCのもとに多くの報道陣から問い合わせがあったようです。

ジェイミージョセフHCは日本代表の選考基準として、FBであってもCTB、WTBなど他のポジションもこなせる走れる選手を選びたいと考えていたと発表されています。

これを五郎丸歩選手に当てはめた場合、

  • FB専門だった
  • フィジカルは強いが、足が遅い

という2点がジェイミージョセフHCの思想とマッチしなかったのでしょう。

実際、五郎丸歩選手が入ると予想されたFBには、足が速く俊敏な動きのできる松島幸太郎が選ばれています。

また、五郎丸歩選手の代名詞ともいえるプレースキックについても、田村優選手で代用できると考えているようです。

プレースタイルの好みの面が大きそうだね!

一方、五郎丸歩選手側のメンタル面で懸念があります。

全大会であるラグビーW杯2015でHCを務めたエディー・ジョーンズが大会前に課したようなトレーニングはとても過酷でした。

これに対し五郎丸歩選手は、前回大会の500日前について「死んでましたからね」と苦笑いで振り返るほど過酷な代表生活だったようです。

今回のW杯に五郎丸歩選手が出場できる可能性は今現在ゼロではないのですが、この事実を踏まえた上で代表メンバーになるかと言われたら「ノー」である可能性が高そうです。

過酷なトレーニングや試合に加えて、メディア出演もあったもんね!想像を絶するくらいしんどかったんだろうなぁ!

五郎丸歩2019年の現在やW杯日本代表落ちした理由についてのまとめ

今回は、五郎丸歩選手がW杯の日本代表メンバーから落選した理由と2019年現在についてまとめていきました。

2015年のW杯以降、さらなる高みを目指して海外リーグにチャレンジしていたものの結果が出せなかったことには驚きを隠せませんでしたね。あれだけ活躍していたのに…と思ってしまいます。

今回のW杯にも出場してほしかったファンは大勢いそうですが、監督の好みの面も大きそうなので、こればかりは口出しできません。

五郎丸歩選手を差し置いて代表に選ばれた選手たちの実力に期待して、本大会で優勝できるよう応援しましょう!

ラグビー代表リーチマイケルの子供がハーフで可愛すぎる!副業のカフェを含む年俸はいくら?【画像あり】 2019年9月20日から11月2日にかけて開催される第9回ラグビーワールドカップ。 ラグビー日本代表のジェイミー・...
【ラグビーワールドカップ】日本の対戦国と試合日程・会場まとめ【W杯2019】 2019年9月20日から11月2日にかけて開催される第9回ラグビーワールドカップ。アジア初の開催国が日本に決定したことで...

ラグビーW杯の試合を観戦するなら【見逃し配信・リアルタイム配信】

ラグビーW杯の試合は平日や土日に関係なく行われるので、仕事や学校で見逃してしまう可能性が高いです。

そこで、ラグビーW杯の試合を観戦するのに最適な方法を「見逃し配信」と「リアルタイム配信」に分けて紹介していきます。

見逃し配信

ラグビーW杯の試合を「見逃し配信」で観戦したい場合は、

  • 全48試合を見逃し配信する「DAZN」

この1択で間違いありません。

スポーツ動画配信サービス最大手の「DAZN」はラグビーW杯の全48試合を見逃し配信(ハイライト)しています。特徴は以下の通りです。

評価
月額 1,750円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 全48試合
配信形式 見逃し配信(ハイライト)

スマートフォンやタブレットでも視聴できるので、試合を観戦するのに場所や時間を問わず、加入手続きも簡単です。

また、無料体験期間が1ヶ月間と長く、途中解約しても料金は発生しないので気軽にお試しすることが可能です。

 

DAZNを1ヶ月間無料体験する

※1ヶ月以内に解約すれば料金は発生しません

 

▼「DAZN」の登録方法・解約方法について

ラグビーW杯の見逃し配信ならDAZN!登録・解約方法を解説【全48試合視聴可能】 2019年9月20日から11月2日にかけて開催される第9回ラグビーワールドカップ。日本が開催国になるのは最初で最後という...

ちなみに、DAZNの他にも「J SPORTSオンデマンド」という類似サービスがありますが、こちらはラグビー動画だけで月額1,800円(税抜)なのに対し、DAZNは全てのスポーツ動画が表の金額になります。

比較対象にならないくらい差があるので敢えてここでは紹介しません。

リアルアイム配信

ラグビーW杯の試合を見落とさずに「リアルタイム」で観戦したい場合は、

  • 全48試合を配信する「J SPORTS」
  • 全日本戦を含む19試合を配信する「Hulu」

のどちらかがおすすめです。

「J SPORTS」について

スカパーチャンネルの1つである「J SPORTS」はラグビーW杯の全48試合をリアルタイム配信しています。

全48試合をリアルタイム配信しているのは「J SPORTS」だけなので、ラグビーW杯を自宅で見たいならオンリーワンとも言える観戦手段です。特徴は以下の通りです。

評価
月額 基本料390円+チャンネル料2,286円=2,676円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約はできない)
配信試合数 全48試合
配信形式 リアルタイム配信

有料チャンネルなので月額は発生しますが、初月無料なのでW杯の期間中だけ加入するのがポピュラーな方法です。

スカパーで「J SPORTS」を見る 

※初月無料で利用することができます

▼「J SPORTS」の登録方法について

ラグビーW杯2019を見るならJ SPORTS(スカパー)登録・視聴方法を徹底解説【全48試合視聴可能】 2019年9月20日から11月2日にかけて開催される第9回ラグビーワールドカップ。日本が開催国になるのは最初で最後という...

▼「J SPORTS」の解約方法について

【超簡単】スカパーの解約・退会方法の手順を徹底解説!違約金は何円?スカパーってドラマや映画、アニメに加えて、スポーツやバラエティ、ドキュメンタリーやニュースなど、あらゆるチャンネルの中から自分が見たいジ...
「Hulu」について

動画配信サービス最大手の「Hulu」はラグビーW杯の19試合をリアルタイム配信しています。(日本戦は全て放送)

19試合の内、7試合はマルチアングル配信されるので、画面越しでも会場にいるような体験が可能。特徴は以下の通りです。

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 19試合(日本戦全試合含む)
配信形式 リアルタイム配信(内7試合はマルチアングル配信)

月額が最も安く、ドラマや映画、アニメも見放題なのでラグビー以外を目的に加入する選択肢もあります。無料期間内に解約すれば料金が発生しないので気軽に登録できるサービスです。

 

hulu

Huluを2週間無料体験する 

※2週間以内に解約すれば料金は発生しません

▼「Hulu」の登録方法・解約方法について

huluの登録方法と解約方法を徹底解説!2週間のお試し期間中なら動画を見た後でも解約金無料で見れる!ドラマや映画、アニメが月額見放題のサービス「Hulu」をご存知でしょうか? Huluはここ数年でレンタル業界に大ダメージを与えてい...
【ラグビーW杯2019】見逃し配信・リアルタイム配信おすすめランキング

ラグビーワールドカップの見逃し配信・リアルタイム配信に対応している動画配信サービスの中から「これを使えば間違いない」と言えるものをランキング形式で紹介します。(※日本戦が一部しか放送されない日本テレビとNHKは対象外です。)

DAZN(見逃し配信)

スポーツ動画配信サービス最大手の「DAZN」はラグビーW杯の全48試合を見逃し配信(ハイライト)しています。

スマートフォンやタブレットでも視聴できるので、試合を観戦するのに場所や時間を問わず、加入手続きも簡単です。また、無料体験期間が1ヶ月間と長く、途中解約しても料金は発生しないので気軽にお試しすることが可能です。

 

評価
月額 1,750円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 全48試合
配信形式 見逃し配信(ハイライト)

DAZN公式ページ

J SPORTS(リアルタイム配信)

スカパーチャンネルの1つである「J SPORTS」はラグビーW杯の全48試合をリアルタイム配信しています。

月額が高いことや、無料体験期間中に解約できないこと、加入手続きが少し面倒なデメリットはありますが、全48試合をリアルタイム配信しているのは「J SPORTS」だけです。

 

評価
月額 基本料390円+チャンネル料2,286円=2,676円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約はできない)
配信試合数 全48試合
配信形式 リアルタイム配信

J SPORTS公式ページ

Hulu(リアルタイム配信)
hulu

動画配信サービス最大手の「Hulu」はラグビーW杯の19試合をリアルタイム配信しています。(日本戦は全て放送)

19試合の内、7試合はマルチアングル配信されるので、画面越しでも会場にいるような体験が可能です。

月額が最も安く、ドラマや映画、アニメも見放題なのでラグビー以外を目的に加入する選択肢もあります。

 

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 19試合(日本戦全試合含む)
配信形式 リアルタイム配信(内7試合はマルチアングル配信)

Hulu公式ページ