マイホーム

旗竿地購入の決め手はメーカーとの間取り決めに限る!デメリットを最大限解消する対策とは

先日こちらの記事で紹介させていただいたように、私は「旗竿地」に念願のマイホームを建てました。

分譲地の「旗竿地」って何?メリット・デメリットを入居者目線で紹介 「旗竿地」という言葉をご存知でしょうか? 私たち夫婦は2018年に一条工務店が販売している建売分譲住宅「i-palette...

旗竿地は一般的に「選びたくない土地」と言われており、デメリットばかりが目立つ反面、実はメリットもたくさんあります。

私も実際に住んでみて今のところデメリットを感じずに生活できています。

そこで今回は旗竿地を購入しようか迷っている方に向けて、旗竿地のデメリットを最大限解消するための対策を紹介していきます。

なぜ旗竿地を購入したいのか

本題に入る前に、まずはあなたが「なぜ旗竿地を購入したいのか」再度考えてみてください。

おそらくですが、私も含めて

「他の土地より圧倒的に安いから」

が答えだと思います。

もし金銭的に余裕があるのならば、余程の理由がない限りは値の張る整形地、または分譲地でない広々とした土地を購入すべきです。

しかし、金銭的に余裕はないけれど市街地に住みたい、条件のいい土地に住みたいとお考えの場合、値段の安い旗竿地はピッタリです。

今回は後者の方に向けた内容です。

ちなみに私は同じ分譲地内のお隣の家より約400万円も安く家を買うことができました。しかも満足して生活できています。

嫌われがちな旗竿地でも満足できる生活は可能ですよ!

旗竿地の購入をためらうデメリットについて

旗竿地が気になるけれど、購入をためらってしまうデメリットはおそらくこんなところでしょうか。

  • 駐車場が狭い、駐車しにくい
  • 日当たりが悪い
  • 建築費用が高くなる可能性がある
  • インフラ整備に追加費用が掛かることがある
  • セキュリティー面の不安

ネットで調べるとこの他にもデメリットは出てくるかもしれません。

たしかにこれだけの内容が全て自分に降りかかってくるとなると購入をためらってしまいますよね。

しかし、多くの方が勘違いされているのは、全ての旗竿地がこの条件ではないし、対策次第でデメリットを解消できるということです。

旗竿地のデメリットを最大限解消するための対策について

旗竿地のデメリットを最大限解消する方法、それは「メーカーとの打ち合わせ」に限ります。

例えば駐車場が狭いという問題についてですが、旗竿地の中には車を横並びに2台置ける土地もあります。(私の家がこのパターン)

ハウスメーカーの分譲地なら満足して購入してもらえるように最初から旗竿地でもこのような対策をとった区画になっている可能性があるんです。

もし縦にしか車を置かない場合も、メーカーの打ち合わせの中で最大限その幅を活かせるような工夫を一緒に考えてくれます。

日当たりが悪いという問題も間取りの打ち合わせで解決できます。

窓の位置や家の高さ、微妙に位置をずらして陽が当たるようにするなど…

最近の家はそもそも室内干しが推奨されていたり、ロスガードが付いていて機械が家の空気を循環させてくれたり。

そもそも太陽にこだわる必要がない場合もあります。

自分で悩んでいたところで解決できない問題はダメ元でもメーカーに相談してみましょう。

追加費用等についても同様です。

そもそもメーカー側が分譲地を用意した時点でインフラ整備を済ませているかもしれませんし、最初に追加費用が掛かるのかどうか聞くことが大事です。

それでも条件が厳しいなら同メーカー、その他のメーカーが販売している分譲地を見学させてもらうのもありです。

旗竿地のメリット

ここまでの内容を一つずつ潰していくと旗竿地が持つメリットだけが目立ってくるようになります。

  • 土地の高いエリアでも価格がグッと抑えられる
  • 通路を有効活用できる
  • 家の目の前が道路じゃないので子供の安全に繋がる
  • 競争率が同じ分譲地内の他区画よりも低い
  • プライバシーを守れる

これは私が実際に住んで感じているメリットです。

土地が安いこと以外だと、私の中では通路に布団が干せるということが大きなメリットに感じています。

通路にフェンスを設置すれば、ベランダだけで干しきれない布団を一気に干すことができるからです。

同じ分譲地内の他区画では、通路がない分、庭のスペースを広く取らない限りはこのような芸当ができないので旗竿地ならではのメリットだと思っています。

また、家の目の前が道路でないので子供がいきなり道路に飛び出す可能性も低くなります。

余談ですが、家に帰宅してホッとしたためか、駐車中にバックでそのまま家に突っ込んだって話をちらほら伺います。

通路があればさすがにそんなことがないのも安心材料です。

旗竿地は分譲地内で一番奥にあるため、特に新築の時なんかに

どこかのマダム
どこかのマダム
あらー、新築かしら?素敵なお家ね。中はどんな風になってるのか覗いてみましょ

という野次馬に家を覗かれることもありません(笑)

他にも実際に住んでみるとメリットはたくさん見つかると思います。

まとめ:デメリットを解消したら旗竿地は良いとこ尽くし

今回は旗竿地を購入しようか迷っている方に向けて、旗竿地のデメリットを最大限解消するための対策を紹介していきました。

「旗竿地は住みにくく、人気がない」

とハッキリ言われているように、いきなり何も対策せずに旗竿地を購入してしまえばデメリットに苦しむかもしれません。

しかし、今回紹介したように家を建てようと思っているハウスメーカーとしっかりと打ち合わせをし、土地や間取りと向き合っていくことで対策は可能です。

もともと住みにくい状態でも、限りなく不便がない状態に持っていけます。

そうすると、旗竿地ならではのメリットが目立ってくるんです。

やはり安いというメリットは捨てきれないはずなので、最初からデメリットについて諦めずに対策してみるのがいいと思います。

実際に私は400万円も安くてメリットも多い最高の物件だと自信を持って言えるので、是非ご参考までに。

旗竿地のデメリットを一気に解消できる無料サービスとは?

旗竿地のデメリットはハウスメーカーとの打ち合わせで解決できると言いましたが、住宅展示場でいくつものハウスメーカーを訪問するのは時間が掛かってかなりしんどいですよね。

一度行くと電話が凄いかかってくるのも嫌なポイントです。

しかし、旗竿地の対策は「間取り」が命です。

実はこの面倒くさいけれど避けられない問題を一気に解決できる「タウンライフ家づくり」というサービスがあります。

なんと、3分ほどの作業をしてネット申し込みするだけで、複数のハウスメーカーから「間取りプラン」「資金計画」「土地提案」の資料が無料で提供してもらえるというもの。

うざったい電話もかかってきませんよ。

 

使い方を説明すると、

公式サイトを開き、お住いの都道府県・市町村を選択すると次の画像のように間取りについてのアンケートを入力する画面になります。(3分以内でできる量です。)

そしてアンケートを入力後、お住いのエリアを対象とした住宅メーカーをチェックするだけ!

たった3分の作業でこれだけもらえる神サービス。

もちろん、住友不動産やパナソニックホームズ、積水ハウスなどの大手メーカーも対象ですよ!

また、全部チェックを付けて資料を貰えばメーカーごとの比較が住宅展示場に行かなくてもできてしまうんです。他社に資料を見せて値引き交渉だって可能です。

  • 3分のアンケートに答えるだけで「間取りプラン」「資金計画」「土地提案」の資料が無料で送られてくる
  • どの会社からの資料が欲しいかはこちらから選べる(大手メーカー含む)
  • 会社ごとの資料を比較して値引き交渉ができる

たった3分、しかも無料で済むので、家づくりの専門的な資料作成はプロに任せちゃいましょう!

 

\まずは無料で試してみよう/