WordPress

TCDテーマ「CORE」でTwitterのシェア数をカウントする方法

先日、TCDのテーマ「CORE」でSNSボタンのシェア数をカウントをする方法について紹介しました。

[blogcard url=”https://matsuko-minimum.info/tcdsnsbuttoncount/”]

しかし、この方法だとTwitterのシェア数がカウントされないことが分かりました。

そこで今回はTCDのテーマ「CORE」でTwitterのシェア数をカウントする方法について紹介していきます。

私のTCDカスタマイズ備忘録も兼ねているので同じような環境の方の参考になればと思います。

【関連記事】
TCDテーマ「CORE」でFacebookのシェア数をカウントする方法

シェア数が表示されなくなった経緯

2015年11月21日からTwitterのツイートボタンの仕様が変更され、ツイート数の取得が不可能になりました。これは、今までツイート数を表示するために使われてきた「count.json」というAPI(※)が使えなくなったのが原因です。

APIとは、アプリケーションプログラムインターフェイスの略語で、プログラミングの際に使用できる命令や規約、関数等の集合の事を指す。

ソフトウェア開発の際、いちから全てを作るより、APIを利用すればもともとあるプログラムを呼び出して、その機能を組み込んだソフトウェアを開発することができる。

引用元:ITトレンド

しかし、digitiminimiという会社が新たなAPIを開発し、再びツイート数を表示することができるようになりました。

そのAPIこそが「count.jsoon」なのです。

「count.jsoon」の登録

「名前一文字しか名前変わっとらんやんけ~!?」

というツッコミをしたくてたまらない方も多いと思いますが、気にせず説明していきます(笑)

サイトとアドレスの登録

このAPIは使用するにあたって登録(無料)が必要になります

まずはこちらのサイトへアクセスしてください。http://jsoon.digitiminimi.com/

アクセスすると次のような画面がでるので、画面中央の「サイト登録申請」をクリックしてください。

ページが進むと、次のような画面になります。

利用規約に同意し、自サイトのURLと、メールアドレスを入力して「サイト申請」をクリックしてください。

登録完了メールを待つ(超遅い)

サイト申請まで完了したら登録完了メールが届くのですが、とにかく返信が遅いです。私は丸3日かかりました(泣)

最低でも5時間くらいはかかるとの声もあるので、Twitterのシェア数を表示させたいと思ったらすぐに作業に取り掛かった方がいいでしょう。

Twitterアカウントと連携する

登録完了メールは次のような内容になります。

URLからユーザーページにアクセスしてください。

次のような画面が出たら、「連携する」をクリックしてください。

自分のTwitterアカウントとの連携が成功すると次のような画面に自動で切り替わります。

この画面が表示されたらcount.jsoonの登録は完了です。

「SNS Count Cache」との連携

count.jsoonの登録が完了したら、WordPress管理画面からSNS Count Cacheの設定画面へ進んでください。

設定画面を下に進んでいくと、「シェア基本キャッシュ機能」という項目があり、対象SNSでTwitterにチェックが入っているか確認してください。もし入っていなかったらチェックを入れましょう。

さらに設定画面を進むと、「シェア基本キャッシュ機能-Twitter-」という項目があります。

赤線を引いた箇所には最初からcount.jsoonに関する記入事項が入っていますが、もし別の表記になっている方は、この画像を参考に正しく入力してください。

これで作業は完了です。設定の更新をクリックすれば、Twitterのシェア数が表示されていると思います。

Twitterのシェア数が自然にカウントされない場合は、以下の画面を開き、赤線で囲った「キャッシュ」という部分を記事ごとに押していけば、すぐにシェア数を表示できるようになります。

いかがでしたか?Facebookのシェア数をカウントさせる方法よりは簡単だったと思います。

この設定もメリットしかないので、必ず行うようにしましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


当ブログでは TCDのWordPressテーマ「CORE」を使用しています。

WordPressテーマ「CORE (TCD027)」
【ラグビーW杯2019】見逃し配信・リアルタイム配信おすすめランキング

ラグビーワールドカップの見逃し配信・リアルタイム配信に対応している動画配信サービスの中から「これを使えば間違いない」と言えるものをランキング形式で紹介します。(※日本戦が一部しか放送されない日本テレビとNHKは対象外です。)

DAZN(見逃し配信)

スポーツ動画配信サービス最大手の「DAZN」はラグビーW杯の全48試合を見逃し配信(ハイライト)しています。

スマートフォンやタブレットでも視聴できるので、試合を観戦するのに場所や時間を問わず、加入手続きも簡単です。また、無料体験期間が1ヶ月間と長く、途中解約しても料金は発生しないので気軽にお試しすることが可能です。

 

評価
月額 1,750円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 全48試合
配信形式 見逃し配信(ハイライト)

DAZN公式ページ

J SPORTS(リアルタイム配信)

スカパーチャンネルの1つである「J SPORTS」はラグビーW杯の全48試合をリアルタイム配信しています。

月額が高いことや、無料体験期間中に解約できないこと、加入手続きが少し面倒なデメリットはありますが、全48試合をリアルタイム配信しているのは「J SPORTS」だけです。

 

評価
月額 基本料390円+チャンネル料2,286円=2,676円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約はできない)
配信試合数 全48試合
配信形式 リアルタイム配信

J SPORTS公式ページ

Hulu(リアルタイム配信)
hulu

動画配信サービス最大手の「Hulu」はラグビーW杯の19試合をリアルタイム配信しています。(日本戦は全て放送)

19試合の内、7試合はマルチアングル配信されるので、画面越しでも会場にいるような体験が可能です。

月額が最も安く、ドラマや映画、アニメも見放題なのでラグビー以外を目的に加入する選択肢もあります。

 

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 19試合(日本戦全試合含む)
配信形式 リアルタイム配信(内7試合はマルチアングル配信)

Hulu公式ページ