ドラマ

時効警察はじめました1話のあらすじ・感想【ネタバレあり】小雪のセーラー服姿が似合いすぎる

「時効警察」の新作が12年ぶりに放送開始されたね
さっそく第1話を見たけど面白かったよ!あらすじや感想についてまとめていくね!

2006年に放送された「時効警察」、2007年に放送された「帰ってきた時効警察」の待望の続編が12年ぶりに放送開始されました。

さっそく第1話を見てきたので、あらすじ(ネタバレあり)を感想を含めてまとめていきます。過去作と変わらず、安定のゆる~い世界観がたまらなかったですよ!

時効警察の過去作を無料で見るなら「Hulu」がおすすめだよ!

Huluを2週間無料体験する

「時効警察」を無料で視聴する 

 

各話感想リスト

1話/2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話

「時効警察はじめました」の出演者・監督・登場人物

出演者(キャスト)
オダギリ ジョー 麻生久美子
吉岡里帆 磯村勇斗
豊原功補 ふせえり
江口のりこ 緋田康人
内藤理沙 田中真琴
光石研 岩松了
監督/演出
三木聡 大九明子
今泉力哉 森ガキ侑大
塚本連平
プロデューサー
横地郁英 大江達樹
山本喜彦
原作/脚本
三木聡 大九明子
福田雄一 田中眞一
小峯裕之

霧山修一朗(きりやま・しゅういちろう)/オダギリジョー

12年前、なぜか政府の派遣事業のメンバーに選ばれてアメリカのFBIに出向。そのまま出世街道に乗るかと思いきや、帰国して再び、総武署の“時効管理課”に配属された。時効管理課に集まった資料の中から、目に留まった事件を個人的に調べていくのを趣味にしている。“ポツネン”というあだ名があるくらい地味で、署内にいるときは警察官の制服に黒縁の眼鏡。好きな食べ物は、素うどんや白いご飯。独身でアパート住まい、部屋には驚くほど物がない。時効事件の捜査になると俄然、手腕を発揮する。天才的な観察力を持っているのに、その才能を仕事に生かす気はまったくない。

三日月しずか(みかづき・しずか)/麻生久美子

総武署・交通課課長補佐。以前は霧山の恋人の座を狙っていたが、結局、想いを伝えられないまま、霧山は渡米。唯一の幸せな時間だった霧山の時効事件の捜査に付き合わされることもなくなり、寂しい日々を過ごしていた。6年前にややなんとなくで、刑事課の刑事と結婚したものの、性格の不一致でほどなく離婚。子どもはおらず、今はひとり暮らしのちょっと寂しいアラフォー。しかし、霧山から奪った婚姻届は今でも大事に持っており、霧山が帰ってくることで心をザワつかせている。

彩雲真空(あやくも・まそら)/吉岡里帆

総武署・刑事課の新人刑事。「ガンバリマス!」が口癖で、とにかく何でも頑張る熱血女子。十文字に日々課せられる“張り込みの練習”や意味不明な指示も、とりあえず全力でこなしている。十文字には「話がつまらない」と言われるが、意外と守備範囲が広く、小説からプロレスまで…興味の対象も無秩序に膨大。とりわけ、霧山が三日月と共に再開する時効事件の捜査には興味津々で、十文字の目を盗んでは時効管理課に入り浸り、時効捜査に首を突っ込みまくる。

又来康知(またらい・やすとも)/磯村勇斗

総武署・鑑識課の若きエースで、諸沢の助手。霧山から頼まれる時効事件絡みの鑑識にも“無料”で協力する(…が、結局は諸沢が目ざとく、あとで霧山から鑑識料を徴収するシステム)。時効管理課に所属する又来の息子だが、あの母親から生まれたとは思えないほど聡明&優秀な理系男子。ついでに、クールでミステリアス。いろいろカッコいい感じで、署の女性陣からも熱い視線を注がれている。実は、元ツッパリ。ほかにも意外な過去やら趣味やら顔やらが、わんさかあったりする。

十文字疾風(じゅうもんじ・はやて)/豊原功補

総武署・刑事課のエース。捜査に懸ける情熱、トレンチコートへの執拗なこだわりなど、刑事として完璧かと思いきや、結構何も分かっていなかったりする。無邪気に手柄を自慢したり、ギャグのセンスや言動のピントがずれていたり…と、お茶目で憎めないキャラ。最近はもっぱら、新人刑事・彩雲の指導に使命感を見出している。ナルシストな彼の唯一のコンプレックスは「三浪の過去」。同期の霧山を勝手にライバル視している。

又来(またらい)/ふせえり

総武署・時効管理課に所属。かつては小学生の息子を持つバツイチだったが、この12年のうちにバツ3へと華麗なる転身を遂げた。担当している資料管理の仕事に関しては完璧だが、それ以外はすこぶるいい加減。勤務中のほとんどは、誰かにツッコんでいるか、童心にあふれすぎたイタズラを仕掛けている。本気で仕事をしているときは、バンダナを巻く。妙なところで強気な性格。

サネイエ/江口のりこ

総武署・時効管理課に所属。通常は無表情で飄々としているため、ものの考え方も性格もよく分からないが、ごくたま~に熱い一面を告白したりする。手先・舌先が器用らしく、クレーンゲームがやたらと得意で、舌だけでガムを正月飾りのように結ぶこともできる。また、意外と観光スポット好きでもある。総武市のビバリーヒルズ・甲府町の出身。結婚した相手の名字がサネヨシで本名はサネヨシに変わっている。現在は妊娠中のため、何事にも驚かないように意識して生活している。

蜂須賀(はちすか)/緋田康人

総武署・刑事課に所属。常に十文字とペアを組んでいるベテラン刑事。後輩の十文字を純粋に尊敬するなど、めちゃくちゃ人はいいが、死んでも直らなそうな“いい加減さ”と“散漫な注意力”がダメなところ…!? 実は大事件を解決した過去を持つが、それで刑事として一生分の仕事をしたと、勝手に思い込んでいる。

浜田山(はまだやま)/内藤理沙

総武署・交通課の女性警官。三日月しずかの後輩。三日月、同僚の久我山と共に交通違反の取り締まりをしている。女らしい性格で、結婚を夢見ている。

久我山(くがやま)/田中真琴

総武署・交通課の女性警官。三日月しずかの後輩。三日月、同僚の浜田山と共に交通違反の取り締まりをしている。性格は浜田山と真逆で、クール。

諸沢(もろさわ)/光石研

総武署・鑑識課に勤める鑑識官。お金には細かい性格で、時効事件を捜査中の霧山から鑑識を頼まれるたび、ちまちまと報酬を求める。鑑定料も内容に応じて段階的に設定するなど、しっかり・ちゃっかりしている。街で見かけたミョーなものを写真撮影することが趣味。霧山にその写真コレクションを小出しに見せては、自己満足に浸っている。

熊本(くまもと)/岩松了

総武署・時効管理課の課長。主な仕事は時効事件のファイルに「時効」の判子を押すこと。妻と子ども2人がいる一家の大黒柱でもあり、公私共に責任ある立場。…であるはずなのに、無責任で無秩序な性格。思いつきによる行動や意味不明な発言が目立つが、いたって温和な人。流行に影響されやすく、さまざまなものをコレクションするマニア体質が、霧山の捜査に貢献することもしばしば。

「時効警察はじめました」第1話“総武のウタマロ”あらすじ

時効になった事件を“趣味”で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)はある日、総武警察署の食堂で働く女性から、冷蔵庫に入れっぱなしになっていた遺留品の箱を預かる。それは箱に書かれた「要玲蔵(かなめたまぞう)」という文字を誰かが「要冷蔵」と読み間違え、時効を迎えてから10年にもわたって冷蔵庫に保管していたものだった――。

要玲蔵(村松利史)とは、乱れた女性関係から「総武のウタマロ」と呼ばれた男。何を隠そう、彼の元愛人で新興宗教「阿修羅の水」の教祖・神沼絹枝(伊勢志摩)が25年前、水産加工会社の冷凍倉庫で凍死しているのが見つかったのだ。監視カメラは絹枝が倉庫に入る姿をとらえていたが、その直後、無人にもかかわらず倉庫が外から施錠されるという奇怪な現象が発生。最重要被疑者であるウタマロも、絹枝とほぼ同時刻に自宅で一酸化炭素中毒死していたため、事件は迷宮入りしてしまっていた。

刑事課の新人刑事・彩雲真空(吉岡里帆)もバリバリに興味を示す本事件を調べることにした霧山は、助手の三日月しずか(麻生久美子)を従えて捜査を開始。絹枝の娘で、ウタマロの妻でもあった「阿修羅の水」の2代目教祖・神沼美沙子(小雪)のもとを訪れる。だが、美沙子はやけに霧山へ関心を寄せるも、事件の話に関しては雲を掴むような反応で…!? やがて霧山は、「阿修羅の水」の信者・花崎新一(六角精児)がずっと好きだった美沙子のために2つの事件の共犯者になった…との仮説を立てる。と同時に遺留品のひとつ、“謎の番号が記された手書きメモ”がどうも引っかかり…。

【引用元】公式HP

「時効警察はじめました」第1話の犯人は?詳細まとめ【ネタバレあり】

第1の事件について

被害者である神沼絹枝(伊勢志摩)と要玲蔵(村松利史)は誰かに殺されたのではなく、それぞれが殺し合って相打ちしたのが真相

しかし、それぞれの事件には共通する共犯者がいました。それが娘である神沼美沙子(小雪)だったのです。

少しわかりにくいですが、それぞれの犯行がスムーズに行くようにが2人を誘導したと言ったほうが分かりやすいでしょうか。

25年前の事件当日、当時高校生だった神沼美沙子は修学旅行先の北海道からお土産として「生干しのイカ」を買って帰ります。

このシーンで小雪さんのセーラー服姿が見れるよ!

ちなみに、生干しのイカをお土産として選んだのは、イカを焼いた時の炭火による一酸化中毒で要玲蔵が殺されたように見せかけるため。七輪の炭火から出た一酸化炭素はフェイクで、実際には壁の穴からボンベで一酸化炭素を注入していたのが真相です。

ここまでが第1の事件。

神沼絹枝と神沼美沙子の共謀で要玲蔵が殺される計画が実行されます。

第2の事件について

そしてここから第2の事件に移ります。

第1の事件で罠にはまった要玲蔵ですが、七輪に火を起こしてすぐに部屋から出て、神沼美沙子と共に神沼絹枝の元へと向かいます。

向かった先は要玲蔵の営む水産加工会社の冷凍倉庫です。

実は神沼絹枝、この冷凍倉庫に隠された要玲蔵の財産を狙うためにここに訪れていたのですが、それを事前に知っていた要玲蔵は神沼絹枝が倉庫内で財産を探し漁っている最中に倉庫の外からロックをかけて閉じ込めました。

神沼絹枝はそのままマイナス30度の倉庫に閉じ込められて絶命します。

ちなみに、神沼絹枝が冷凍倉庫を訪れることを要玲蔵に教えたのは神沼美沙子です。

その後、要玲蔵は神沼美沙子と共に家に帰り、家を出る前に途中になっていたイカを七輪で炙って晩酌しました。しかし、ボンベから出た一酸化炭素を吸って絶命します。

推理~決定的な証拠~

ここまでの流れを事件の真相だと語る霧山修一朗に対し、神沼美沙子は

「おかしいでしょ!監視カメラに私と玲蔵が映っていない!」

と切り返します。

実際に監視カメラに2人の姿は映っていませんでした。

これについて霧山修一朗は、当時のビデオはテープがいっぱいになると最初に巻き戻されるが、その巻き戻されている間を狙えば姿が映らないままロックをかけることができると推理します。

しかし、当然ですが証拠はありません。

そこで、霧山修一朗が新たな証拠として突きつけたのは、先日解体された冷凍倉庫から見つかった「メモ」でした。

このメモは要玲蔵の隠し金庫の真横から見つかり、メモが掛かれていたのは神沼美沙子が修学旅行のお土産で買ってきた生干しのイカのレシートの裏だったのです。

さらに、そこには「1233」のメモが。

このメモは神沼美沙子が神沼絹枝に渡した「監視カメラの映像記録に残らない時間」を書いたものです。当然、神沼絹枝はこのメモを信じて時間通りに倉庫に入ります。

しかし、このメモには実際に監視カメラが巻き戻る時間より少し早い時間が書かれていました。

というのも、第2の事件で要玲蔵と神沼美沙子が倉庫にロックを掛ける際に、神沼絹枝だけ倉庫に入るところが映像に残るような状況を作りたかったからです。そうすれば監視カメラに映像が残らない空白の時間に自然にロックが掛かったと見せかけることができますからね。

この空白の時間は12時34分からの3分間。つまり、「1233」のメモは神沼美沙子が神沼絹枝に空白の時間を1分ずらして知らせていた決定的な証拠になるということに。

すると、ここで神沼美沙子はメモは偽物のだと言い、

「だって時間が違ってる」

と思わず口に出してしまします。

しかし、このメモは霧山修一朗のフェイクでした。

当時の監視カメラの映像を拡大すると、

  • 神沼絹枝の腕時計の時刻が「12時34分」
  • タイムレコーダーの時刻は「12時33分」

になっています。

従業員の勤務を把握するためのタイムレコーダーの時刻が間違えているわけないところを考慮すると、神沼絹枝の腕時計の時刻が1分進められているということになります。

腕時計の時刻が1分進めたのは神沼美沙子です。

というのも、神沼美沙子は手下である花崎(六角精児)と監視カメラの仕組みを計画中に、カメラが巻き戻される時刻を神沼絹枝に聞かれてしまいました。よって、嘘の時刻を教えることができない代わりに、腕時計の時刻を1分進めたのです。

ここまでの推理で、ついに神沼美沙子は犯行を認めます。

犯行の動機~”誰にでも言いませんカード3D”贈与~

犯行を認めた神沼美沙子は動機を語り始めます。

神沼美紗子が小学4年生の頃、とある出来事から母である神沼絹枝は、神沼美紗子に霊感があると思い込みました。

その後、厳しい修行の末に神沼美沙子の神沼絹枝に対する憎悪は次第に大きくなっていきました。さらに、金のために要玲蔵と結婚させられたことがきっかけになります。

「私たちは阿修羅だった。母と玲蔵。そして私。お互いの憎悪が三つの憎しみ合う顔を持ったモンスターを生んだ」

と犯行の動機を語り終わったところで事件は解決。

霧山修一朗は毎度おなじみの「誰にでも言いませんカード」が進化した「誰にでも言いませんカード3D」を神沼美沙子に渡します。

後日談として、神沼美沙子は手下である花崎(六角精児)と結婚します。

「時効警察はじめました」第1話の感想まとめ

12年ぶりの時効警察はやはり安定の面白さでした。

そこで、物語の中でも特に強く感じた部分の感想をまとめていきます。

小雪さんのセーラー服コスプレが予想以上に似合っている

2代目教祖・神沼美沙子を演じた小雪さんは今年で42歳。松山ケンイチさんと結婚してお子さんも生まれています。

そんな小雪さんの演技の中で注目したいのが、神沼美沙子の過去シーン(高校生時代)をセーラー服を着て本人が演じたということです。

さすがに無理があるだろ・・・

と思った方も多いはずですが、予想以上にハマっていました。

「わたし自身にセーラー服を着る趣味もないし、まさか42歳になって着るとは思わなかったですね」

【引用元】シネマトゥデイ記事より

と苦笑いしながらも、

「違和感があると思ってしまったら、何もできない。普通の服もセーラー服も衣装ということで、あまり深く考えずに挑みました」

【引用元】シネマトゥデイ記事より

とあっけらかんと語っていたようです。

ゆるい設定やストーリーの本作だからこそオファーを快諾していただけたんだと思います。

これからの事件の捜査のお供は麻生久美子ではなく吉岡里帆?

刑事課の新人・彩雲真空を演じる吉岡里帆さん。

これまでは事件の捜査をお供するのは三日月しずかを演じる麻生久美子さんでしたが、今シーズンでは捜査のお供は吉岡里帆さん、推理ショーのお供は麻生久美子さんでした。

これは新シーズンということで、配役をフレッシュな感じにしたいからなのか、それとも麻生久美子さんのスケジュールの都合なのかは分かりませんが、やや違和感があった方も多いと思います。

第2話以降で傾向が見えてくると思うので、これからの話も注目していきたいと思います。

「時効警察はじめました」第1話“超人気ミステリー作家の密室殺人”あらすじ

新人刑事・彩雲真空(吉岡里帆)や鑑識課の若きエース・又来康知(磯村勇斗)も夢中になっているミステリー作家・日下部秋斗(向井理)。“ミステリーの貴公子”ともてはやされる彼は、小説を出せばすべてベストセラー、おまけに写真集やCDまで出すなど、アイドル的人気で世を席巻している。そんな彼には、時効になった事件を“趣味”で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)が思わず興味を抱く過去があった。実は秋斗の父で、有名ミステリー作家だった日下部光晴(古舘寛治)は25年前、自宅の書斎で発生した密室殺人事件で死亡。やがて庭から凶器のナイフが見つかり、殺人と目されたが、完全密室のトリックも犯人も解き明かすことはできず、事件は時効を迎えていたのだ――。

当然のごとく、霧山はこの事件を調べることに。助手の三日月しずか(麻生久美子)だけでなく、色めき立った彩雲や康知にまで付き添われ、秋斗のもとを訪ねる。すると秋斗は自ら、霧山の捜査に協力すると言い、今も事件発生時のまま保存してある書斎へ案内。事件現場の状況や、父への尊敬の念、そして自分にはすでに密室の謎が解けていることなどを、とうとうと語る。だが、霧山は秋斗が嘘をついていると直感。だが、どの発言が嘘なのかまでは特定できず…!?

そんな中、霧山は秋斗の担当編集者・芝浜保(マギー)から、秋斗と光晴の親子仲が最悪だったという情報を入手。さらなる謎解きの手がかりをつかもうと、再び秋斗を訪ね、即席推理を披露する。ところが、それが“嘘の推理”であることを、秋斗はまんまと見破ってしまい…!

【引用元】公式HP

第2話のゲストは向井理さん。

「ミステリー作家」「密室殺人」というコナン好きの私からしたら絶対に見逃せないパワーワードが詰まっています(笑)

脚本が福田雄一さんと田中眞一さんということで、いつも以上に小ネタやギャグを挟んでくるのでは…と期待してしまいます。第2話を見たら感想を更新していきますね。

「時効警察」「時効警察」全話(1話~最終回)が無料で見れる動画配信サービスまとめ

ドラマ「時効警察」の過去作は以下の動画配信サービスを使えば全話(1話~最終回)が無料で見放題です。

詳しくは以下の表の通り。

表は横にスクロールできます
VOD
時効警察
帰ってきた時効警察
時効警察復活スペシャル レンタル
時効警察はじめました
月額料金 1,026円 1,990円 408円 500円
無料期間 14日間 31日間 30日間 31日間
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

※紹介している作品は2019年10月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は各VOD公式サイトをご確認ください。

「時効警察」全話(1話~最終回)を見るなら「Hulu」を選べば間違いありません。

月額1,026円・追加料金なしで全ての動画が見放題という分かりやすい内容や、2週間の無料体験期間は「超」が付くほど魅力的です。

どれも期間内なら無料で楽しめるので、お気軽にお試しください!

期間内に解約すれば料金は発生しないよ!

 

Huluを2週間無料体験する

「時効警察」を無料で視聴する 

おすすめVODランキング

数あるVOD(ビデオオンデマンド)サービスの中から、私が実際に使ってみて良いと思ったものをランキング形式で紹介します。

Hulu
hulu

作品数と月額のバランスが最も良いのが「Hulu」です。

国内・海外問わずドラマが豊富で、アニメにも力を入れています。特に海外ドラマは先行配信に期待ができます。

また、日本テレビ系列の会社が運営しているため、「名探偵コナン」など、日テレで放送されている作品が他社より充実しています。

評価
月額料金 1,026円
無料期間 2週間
作品数 60,000本以上

公式ページ

U-NEXT
U-NEXT

圧倒的作品数を誇るのが「U-NEXT」です。

月額がやや高いですが、毎月付与される1,200円分のポイントを月額から相殺したり、動画のレンタルや電子書籍版の雑誌・漫画の購入に使ったりできるのが特徴です。

ディズニーやア〇ルト動画を見れるのも他社とは一線を画します。

評価
月額料金 1,990円(税抜)
※毎月1,200円分のポイント付与
無料期間 31日間
作品数 見放題作品90,000本
レンタル作品50,000本

公式ページ

プライムビデオ

動画本数こそ劣るものの、圧倒的コストパフォーマンスを誇るのが「Amazonプライムビデオ」です。

というのも、プライム会員のおまけで動画見放題も付いてくるので、おまけ要素なのに豪華すぎるのが実際のところ。

プライム会員では、配送料や時間指定などが無料なことに加え、音楽が聴けるサービスなんかもあります。おまけでドラマや映画、アニメがこれだけ見れるのは凄いですよね!

評価
月額料金 408円(税抜)
無料期間 30日間
作品数 2,000本以上

公式ページ