ドラマ

時効警察はじめました3話のあらすじ・感想【ネタバレあり】中山美穂と別所哲也のコスプレがさすがに痛い

「時効警察はじめました」の3話が放送されたね
さっそく見てきたからあらすじや感想についてまとめていくよ!

2006年に放送された「時効警察」、2007年に放送された「帰ってきた時効警察」の待望の続編が12年ぶりに放送開始されました。

さっそく第3話を見てきたので、あらすじ(ネタバレあり)を感想を含めてまとめていきます。

時効警察の過去作を無料で見るなら「Hulu」がおすすめだよ!

Huluを2週間無料体験する

「時効警察」を無料で視聴する 

 

各話感想リスト

1話/2話/3話/4話/5話/6話/7話/8話/9話/10話

「時効警察はじめました」の出演者・監督・登場人物

出演者(キャスト)
オダギリ ジョー 麻生久美子
吉岡里帆 磯村勇斗
豊原功補 ふせえり
江口のりこ 緋田康人
内藤理沙 田中真琴
光石研 岩松了
監督/演出
三木聡 大九明子
今泉力哉 森ガキ侑大
塚本連平
プロデューサー
横地郁英 大江達樹
山本喜彦
原作/脚本
三木聡 大九明子
福田雄一 田中眞一
小峯裕之

霧山修一朗(きりやま・しゅういちろう)/オダギリジョー

12年前、なぜか政府の派遣事業のメンバーに選ばれてアメリカのFBIに出向。そのまま出世街道に乗るかと思いきや、帰国して再び、総武署の“時効管理課”に配属された。時効管理課に集まった資料の中から、目に留まった事件を個人的に調べていくのを趣味にしている。“ポツネン”というあだ名があるくらい地味で、署内にいるときは警察官の制服に黒縁の眼鏡。好きな食べ物は、素うどんや白いご飯。独身でアパート住まい、部屋には驚くほど物がない。時効事件の捜査になると俄然、手腕を発揮する。天才的な観察力を持っているのに、その才能を仕事に生かす気はまったくない。

三日月しずか(みかづき・しずか)/麻生久美子

総武署・交通課課長補佐。以前は霧山の恋人の座を狙っていたが、結局、想いを伝えられないまま、霧山は渡米。唯一の幸せな時間だった霧山の時効事件の捜査に付き合わされることもなくなり、寂しい日々を過ごしていた。6年前にややなんとなくで、刑事課の刑事と結婚したものの、性格の不一致でほどなく離婚。子どもはおらず、今はひとり暮らしのちょっと寂しいアラフォー。しかし、霧山から奪った婚姻届は今でも大事に持っており、霧山が帰ってくることで心をザワつかせている。

彩雲真空(あやくも・まそら)/吉岡里帆

総武署・刑事課の新人刑事。「ガンバリマス!」が口癖で、とにかく何でも頑張る熱血女子。十文字に日々課せられる“張り込みの練習”や意味不明な指示も、とりあえず全力でこなしている。十文字には「話がつまらない」と言われるが、意外と守備範囲が広く、小説からプロレスまで…興味の対象も無秩序に膨大。とりわけ、霧山が三日月と共に再開する時効事件の捜査には興味津々で、十文字の目を盗んでは時効管理課に入り浸り、時効捜査に首を突っ込みまくる。

又来康知(またらい・やすとも)/磯村勇斗

総武署・鑑識課の若きエースで、諸沢の助手。霧山から頼まれる時効事件絡みの鑑識にも“無料”で協力する(…が、結局は諸沢が目ざとく、あとで霧山から鑑識料を徴収するシステム)。時効管理課に所属する又来の息子だが、あの母親から生まれたとは思えないほど聡明&優秀な理系男子。ついでに、クールでミステリアス。いろいろカッコいい感じで、署の女性陣からも熱い視線を注がれている。実は、元ツッパリ。ほかにも意外な過去やら趣味やら顔やらが、わんさかあったりする。

十文字疾風(じゅうもんじ・はやて)/豊原功補

総武署・刑事課のエース。捜査に懸ける情熱、トレンチコートへの執拗なこだわりなど、刑事として完璧かと思いきや、結構何も分かっていなかったりする。無邪気に手柄を自慢したり、ギャグのセンスや言動のピントがずれていたり…と、お茶目で憎めないキャラ。最近はもっぱら、新人刑事・彩雲の指導に使命感を見出している。ナルシストな彼の唯一のコンプレックスは「三浪の過去」。同期の霧山を勝手にライバル視している。

又来(またらい)/ふせえり

総武署・時効管理課に所属。かつては小学生の息子を持つバツイチだったが、この12年のうちにバツ3へと華麗なる転身を遂げた。担当している資料管理の仕事に関しては完璧だが、それ以外はすこぶるいい加減。勤務中のほとんどは、誰かにツッコんでいるか、童心にあふれすぎたイタズラを仕掛けている。本気で仕事をしているときは、バンダナを巻く。妙なところで強気な性格。

サネイエ/江口のりこ

総武署・時効管理課に所属。通常は無表情で飄々としているため、ものの考え方も性格もよく分からないが、ごくたま~に熱い一面を告白したりする。手先・舌先が器用らしく、クレーンゲームがやたらと得意で、舌だけでガムを正月飾りのように結ぶこともできる。また、意外と観光スポット好きでもある。総武市のビバリーヒルズ・甲府町の出身。結婚した相手の名字がサネヨシで本名はサネヨシに変わっている。現在は妊娠中のため、何事にも驚かないように意識して生活している。

蜂須賀(はちすか)/緋田康人

総武署・刑事課に所属。常に十文字とペアを組んでいるベテラン刑事。後輩の十文字を純粋に尊敬するなど、めちゃくちゃ人はいいが、死んでも直らなそうな“いい加減さ”と“散漫な注意力”がダメなところ…!? 実は大事件を解決した過去を持つが、それで刑事として一生分の仕事をしたと、勝手に思い込んでいる。

浜田山(はまだやま)/内藤理沙

総武署・交通課の女性警官。三日月しずかの後輩。三日月、同僚の久我山と共に交通違反の取り締まりをしている。女らしい性格で、結婚を夢見ている。

久我山(くがやま)/田中真琴

総武署・交通課の女性警官。三日月しずかの後輩。三日月、同僚の浜田山と共に交通違反の取り締まりをしている。性格は浜田山と真逆で、クール。

諸沢(もろさわ)/光石研

総武署・鑑識課に勤める鑑識官。お金には細かい性格で、時効事件を捜査中の霧山から鑑識を頼まれるたび、ちまちまと報酬を求める。鑑定料も内容に応じて段階的に設定するなど、しっかり・ちゃっかりしている。街で見かけたミョーなものを写真撮影することが趣味。霧山にその写真コレクションを小出しに見せては、自己満足に浸っている。

熊本(くまもと)/岩松了

総武署・時効管理課の課長。主な仕事は時効事件のファイルに「時効」の判子を押すこと。妻と子ども2人がいる一家の大黒柱でもあり、公私共に責任ある立場。…であるはずなのに、無責任で無秩序な性格。思いつきによる行動や意味不明な発言が目立つが、いたって温和な人。流行に影響されやすく、さまざまなものをコレクションするマニア体質が、霧山の捜査に貢献することもしばしば。

「時効警察はじめました」第3話ゲスト

琴吹町子(ことぶき・まちこ)/中山美穂

婚活アドバイザー。
婚活の技やマナーを伝授するセミナーのプレミアム会員はほぼ全員が結婚。
今まで結婚できなかった女性は、時効事件で殺された女性のみである。

城崎公彦(しろさき・きみひこ)/別所哲也

時効事件で殺された女性の婚約者。
現在は町子の旦那。
実は町子と同じ大学に通っていた・・・。

後藤紗良(ごとう・さら)/安藤聖

時効事件で亡くなった女性。
当時、公彦の婚約者だった。

「時効警察はじめました」第3話“婚活の女神の恋の罠”あらすじ

霧山修一朗(オダギリジョー)はある日、“婚活の女神”と呼ばれる凄腕婚活アドバイザー・琴吹町子(中山美穂)に関する話に興味を抱く。なんでも町子が婚活の技やマナーを伝授するセミナーのプレミアム会員は、ほぼ全員が結婚。結婚できなかったのは時効事件で殺された女性だけらしいのだ!

その事件は25年前、新たに結婚が決まった3人の女性会員とその婚約者たちを祝うバーベキューパーティーの最中に起こった。なんと参加者の後藤紗良(安藤聖)が遺体となって発見されたのだ。凶器に使われたのは、紗良の婚約者・城崎公彦(別所哲也)が会場に持参したナイフセット。しかも、犯人はなぜか殺傷能力の低いハサミと小型ナイフをわざわざ選んで使っていた…。当時、城崎が紗良にののしられていたという目撃談もあり、容疑の目は城崎へ向けられることに。だがその矢先に町子が、事件発生時刻に城崎と2人きりで話していたと証言。結局、事件は時効を迎えてしまったという。

さらに、この事件にはもうひとつ奇妙な点があった。現場に被害者のダイイングメッセージと思われる「MISTAKE」の文字が残されていたのだ。その写真を見た刑事課の彩雲真空(吉岡里帆)は、「S」の筆跡だけが妙に太いことに気付く。さらに、町子と城崎が今では夫婦だということも分かり…!

“アリバイ証言者と被疑者の結婚”という現状に引っかかった霧山は、町子から話を聞くため、助手の三日月しずか(麻生久美子)と共にセミナーの無料説明会へ。だが、事件解明の手がかりになる話は聞き出せず…。そんな中、不意に霧山は町子からデートに誘われることに。しかも町子に手を握られ、恋人候補に立候補したいと告げられた霧山は、恋の魔法がかかったようにボーッとしてしまい…!?

【引用元】公式HP

「時効警察はじめました」第3話以下、ネタバレあらすじ

琴吹町子による恋の魔法で、趣味が時効を迎えた事件の捜査ではなく、テニスに変わってしまった霧山(笑)

しかし、時効管理課での何気ない会話中、彩雲の「端と端から…」という一言でビビビッと来てしまいます。

今回は、婚活セミナーのプレミアム会員になった彩雲が十文字に色目攻撃を仕掛けて、ついに念願だった推理ショーについていけることに。そして、霧山、三日月、彩雲は琴吹町子のもとに向かいます。

道中、なぜか彩雲がはぐれてしまい、「はぐれたぁ~!!」と叫んで結局推理ショーに立ち会えず(笑)

琴吹町子が霧山を呼び出したのは琴吹町子が城崎公彦を落とした現場でした。そして霧山は推理を披露します。

琴吹町子は学生時代、同じ大学の城崎公彦に恋心を抱いていました。しかし、会話をすることもなく時は流れていきます。

その間、琴吹町子は恋愛学や心理学を勉強し、婚活アドバイザーとして成功します。

そして事件のあった25年前、琴吹町子が開いた婚活セミナーには、かつて恋心を抱いていた城崎公彦とそのフィアンセが参加してきたのです。

琴吹町子は婚活アドバイザーとして城崎公彦への気持ちを抑えつつ、2人の恋愛の応援をすることに徹しました。

一方、城崎公彦は恋人である後藤紗良に会社を辞めて独立することを伝えると、後藤紗良は一流企業に勤めているというブランドがなくなったことに激怒します。

このことを知った琴吹町子は、自分が気持ちを抑えてまで応援したのに、後藤紗良には城崎公彦への愛がなかったことを知り、後藤紗良と口論することに。

その際、後藤紗良は琴吹町子に対し、城崎公彦が一流企業に勤めているというブランドがなければつまらない人間だということや、琴吹町子が独身なのにそれを隠して婚活アドバイザーをしていることを世間にバラすと言い出しました。

ここで怒りがピークに達した琴吹町子は後藤紗良を殺害してしまいます。

琴吹町子は城崎公彦が会場に持参したナイフセットの中から、とっさに外側のナイフとハサミを手に取り後藤紗良を刺しました。

犯行に殺傷力の低いフォークとナイフを選んだのは、端からとるというマナーの習慣が理由だったんです。

その後、琴吹町子は犯行の証拠を隠し、別の女性が死体を発見したのを見計らって何食わぬ顔で現場に登場、一緒に驚いたふりをします。

しかし、現場に後藤紗良が残したダイ二ングメッセージ「MISSTAKE」の文字が。

これは、後藤紗良が琴吹町子の旧姓である「武田(TAKEDA)」と、彼女が未婚であることを同時に暴いてやろうと思い、「MISSTAKEDA」と書く途中で息絶えたという真相が隠されていました。

琴吹町子はそれに気付き、「MISS」の「SS」を一文字に加工し、「MIS」に変更したことで、最終的に残された文字が「MISTAKE(ミステイクを書き間違えたもの)」にしようとしたと誤解され、事件は迷宮入りすることになります。

定職についていない人間を恋愛対象にしないと言っていたのに、独立前に城崎公彦と席を入れたことも引っかかるポイントの1つだったようです。

三日月の暴走でつり橋から落ちそうになりながら推理を最後まで話切り、結局落下(笑)

その後、こんなこともあろうかと思って用意したという、防水仕様の「誰にも言いませんよカード」を渡して事件完結です。

回想シーンでは、若かりし頃の琴吹町子と城崎公彦を中山美穂さんと別所哲也さんが演じていました。さすがに大学生役を再現するのは見ていて痛々しかったですが、コメディなのでありはありですね(笑)

「時効警察はじめました」第3話の感想まとめ

第3話は婚活アドバイザーが自身の恋愛を成就させるために暴走するという珍しい動機でした。しかも、旦那はそれを知らないまま結婚したことになるので、真相は闇の中に隠しておいた方がよさそうですね。

相変わらずギャグも多くて、特に秀逸なのはハンコの押し方について。

上司に回す書類のハンコは、上司に対してお辞儀しているように少し斜めに押すのが常識だ。という会話の中で、十文字は「俺くらいになるとハンコを少し傾けてお辞儀をした後、インクをわざと掠れさせて上司の前で緊張している自分を演出している」と言うところが一番面白かったです。※そもそもそんなマナーはありません

十文字のようなネタキャラがさりげなく面白いワードを言うのが時効警察のゆるくて面白いところですよね。

彩雲はついに推理ショーに参加できると思ったのに、この感じだと最後まで何かしらの理由を付けて参加できないパターンかもしれません。

まぁ、男性視聴者からすれば吉岡里穂さんの顔が少しでも長く映ればその辺の事情は関係ないのですが(笑)

小ネタ、事件の分かりやすさ等を踏まえると、3話までの中では断トツで面白かったです。次回は中島美嘉さんがでるようなので期待大!

「時効警察はじめました」第4話“ゾンビ映画殺人事件”あらすじ

長回し1カットで撮影した異色のゾンビ映画『ロマンティックを止めるな』が、25年ぶりに同じキャスト&スタッフでリメイクされることに! この話題に刑事課の彩雲真空(吉岡里帆)は異様に興奮。一方、先輩刑事・十文字疾風(豊原功補)は渋い顔をする。というのも元祖『ロマ止め』は、撮影中に監督・唐沢浩一郎(津田寛治)が殺される事件が発生。十文字らの捜査もむなしく、時効を迎えたのだ。

この事件を“趣味”で調べることにした霧山修一朗(オダギリジョー)は助手の三日月しずか(麻生久美子)と共に、まずは映画のマスターテープを鑑賞。映画は棺を開けた主演女優・折原千香子(中島美嘉)の驚愕の表情で終了するのだが、なんとマスターテープにはその直後…棺の中から唐沢の刺殺体を発見し、混乱する現場の様子も記録されていたのだ! 当時、現場には唐沢の筆跡で「俺は自殺する」と書かれた台本もあったが、警察は傷の痕などから他殺と断定。前夜には千香子が唐沢に向かって「殺してやる!」と叫ぶ姿も目撃されていたため、疑惑の目は千香子に向けられた。だが、ここで捜査に大きな壁が立ちはだかる。実は、唐沢は映画の冒頭に出演。つまり、殺されたのはカメラが回り続けていた70分の間ということになる。しかし、千香子が映画のフレームから消えたのは3分間のみ…。この“空白の3分間”に犯行を完遂するのは不可能と言っても過言ではなかった。

霧山はさらなる捜査のため、ゾンビエキストラのオーディションを経て、オリジナル版とまったく同じ場所で行われるリメイク版の撮影に参加。やはり千香子が一番怪しいと考え、検証を試みる霧山だが、やがて出演者の一人が大真面目な顔で「犯人は幽霊です」と言い出して…!?

【引用元】公式HP

第4話のゲストは中島美嘉さん。

まさかすぎる!!かなり豪華なのでキャスト発表の時点で期待大です。

予告を見る限り、「カメラを止めるな」のパロディっぽい感じですね(笑)

「時効警察」「時効警察」全話(1話~最終回)が無料で見れる動画配信サービスまとめ

ドラマ「時効警察」の過去作は以下の動画配信サービスを使えば全話(1話~最終回)が無料で見放題です。

詳しくは以下の表の通り。

表は横にスクロールできます
VOD
時効警察
帰ってきた時効警察
時効警察復活スペシャル レンタル
時効警察はじめました
月額料金 1,026円 1,990円 408円 500円
無料期間 14日間 31日間 30日間 31日間
公式 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

※紹介している作品は2019年10月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は各VOD公式サイトをご確認ください。

「時効警察」全話(1話~最終回)を見るなら「Hulu」を選べば間違いありません。

月額1,026円・追加料金なしで全ての動画が見放題という分かりやすい内容や、2週間の無料体験期間は「超」が付くほど魅力的です。

どれも期間内なら無料で楽しめるので、お気軽にお試しください!

期間内に解約すれば料金は発生しないよ!

 

Huluを2週間無料体験する

「時効警察」を無料で視聴する 

おすすめVODランキング

数あるVOD(ビデオオンデマンド)サービスの中から、私が実際に使ってみて良いと思ったものをランキング形式で紹介します。

Hulu
hulu

作品数と月額のバランスが最も良いのが「Hulu」です。

国内・海外問わずドラマが豊富で、アニメにも力を入れています。特に海外ドラマは先行配信に期待ができます。

また、日本テレビ系列の会社が運営しているため、「名探偵コナン」など、日テレで放送されている作品が他社より充実しています。

評価
月額料金 1,026円
無料期間 2週間
作品数 60,000本以上

公式ページ

U-NEXT
U-NEXT

圧倒的作品数を誇るのが「U-NEXT」です。

月額がやや高いですが、毎月付与される1,200円分のポイントを月額から相殺したり、動画のレンタルや電子書籍版の雑誌・漫画の購入に使ったりできるのが特徴です。

ディズニーやア〇ルト動画を見れるのも他社とは一線を画します。

評価
月額料金 1,990円(税抜)
※毎月1,200円分のポイント付与
無料期間 31日間
作品数 見放題作品90,000本
レンタル作品50,000本

公式ページ

プライムビデオ

動画本数こそ劣るものの、圧倒的コストパフォーマンスを誇るのが「Amazonプライムビデオ」です。

というのも、プライム会員のおまけで動画見放題も付いてくるので、おまけ要素なのに豪華すぎるのが実際のところ。

プライム会員では、配送料や時間指定などが無料なことに加え、音楽が聴けるサービスなんかもあります。おまけでドラマや映画、アニメがこれだけ見れるのは凄いですよね!

評価
月額料金 408円(税抜)
無料期間 30日間
作品数 2,000本以上

公式ページ