WordPress

賢威7のアイキャッチ画像の役割、サイズを変更する方法

今回は「賢威7でアイキャッチ画像のサイズを変更する方法」について紹介していきます。

アイキャッチ画像のサイズを変更する方法

WordPress管理画面から「外観 > テーマの編集」へと進み、「functions.php」を開きます。

※functions.phpは少しでも変更を間違えると画面が真っ白になり、最悪の場合、ダッシュボードにログインすらできなくなるので作業前には必ずバックアップをとってから行うようにしてください。

F3キーで「set_post_thumbnail_size」と検索すると以下のような定義まで移動します。

このコードの「 246, 200, true」の部分が、アイキャッチ画像に表示されるサイズを定義しています。

「246」の部分→画像の横幅

「200」の部分→画像の高さ

それぞれこのような意味があります。「true」とは、定義したサイズにするという意味ですが、触れなければ気にしなくても構いません。

 

先ほどあげたコードですが、実は5行全てがアイキャッチ画像に関する定義で、それぞれ以下のような意味があります。

 「large_thumb」
サムネイル付き最近の投稿やPV数ランキング表示における画像+テキストのリスト、背景画像+テキストのリスト

 「middle_thumb」
PV数ランキングにおける王冠アイコンのリストやメダルアイコンのリスト

 「small_thumb」
トップページの最新情報の一覧

 「ss_thumb」
サムネイル付き最近の投稿におけるシンプルなリストやPV数ランキング表示におけるシンプルなリスト、画像+ランキング番号のリスト、関連記事

それぞれ数字を変える事で画像のサイズを変更できます。

※賢威7でアイキャッチ画像を変更した場合、過去記事のアイキャッチ画像は変更されません。もし変更したい場合はアイキャッチ画像を再投稿する必要があるので注意しましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【ラグビーW杯2019】見逃し配信・リアルタイム配信おすすめランキング

ラグビーワールドカップの見逃し配信・リアルタイム配信に対応している動画配信サービスの中から「これを使えば間違いない」と言えるものをランキング形式で紹介します。(※日本戦が一部しか放送されない日本テレビとNHKは対象外です。)

DAZN(見逃し配信)

スポーツ動画配信サービス最大手の「DAZN」はラグビーW杯の全48試合を見逃し配信(ハイライト)しています。

スマートフォンやタブレットでも視聴できるので、試合を観戦するのに場所や時間を問わず、加入手続きも簡単です。また、無料体験期間が1ヶ月間と長く、途中解約しても料金は発生しないので気軽にお試しすることが可能です。

 

評価
月額 1,750円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 全48試合
配信形式 見逃し配信(ハイライト)

DAZN公式ページ

J SPORTS(リアルタイム配信)

スカパーチャンネルの1つである「J SPORTS」はラグビーW杯の全48試合をリアルタイム配信しています。

月額が高いことや、無料体験期間中に解約できないこと、加入手続きが少し面倒なデメリットはありますが、全48試合をリアルタイム配信しているのは「J SPORTS」だけです。

 

評価
月額 基本料390円+チャンネル料2,286円=2,676円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約はできない)
配信試合数 全48試合
配信形式 リアルタイム配信

J SPORTS公式ページ

Hulu(リアルタイム配信)
hulu

動画配信サービス最大手の「Hulu」はラグビーW杯の19試合をリアルタイム配信しています。(日本戦は全て放送)

19試合の内、7試合はマルチアングル配信されるので、画面越しでも会場にいるような体験が可能です。

月額が最も安く、ドラマや映画、アニメも見放題なのでラグビー以外を目的に加入する選択肢もあります。

 

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 19試合(日本戦全試合含む)
配信形式 リアルタイム配信(内7試合はマルチアングル配信)

Hulu公式ページ