恋愛・結婚生活

街コンや合コンでタメ口はOK?敬語から切り替えるタイミングについて【街コン体験談】

街コンや合コンなど出会いの場で女性と会話する際に、敬語かタメ口どちらで話せばいいか悩んだ事はありませんか?

お互いタメ口で話した方が絶対に仲良くなれるはずですが、マナーや相手の気持ちが気になると思います。

そこで今回は「街コンや合コンで知り合った女性と敬語からタメ口に切り替えるタイミング」について紹介していきます。

街コンで出会った女性と結婚した私が実際に街コンで感じた感想を踏まえてなので参考になれば幸いです。

[kanren postid=”6845″]

街コン・合コン中にタメ口はNG?

街コンや合コンで出会う女性とは基本的に初対面のはずです。さらに言えば、出会いの場というのは初対面の男女が仲良くなるという恋愛の第一ステージを急速に行う場でもあります。

このような理由から、一気に女性と仲良くなろうと第一声からタメ口で会話をする男性がいます。

しかし!

街コンや合コン、他にも婚活パーティなどの出会いの場ではいきなりタメ口はNGです。

以前、アイリス婚活カフェというサイトが婚活している男女100人に婚活マナーについてのアンケートを実施したところ、95%以上の方が「初対面でのタメ口はNG」と答えたという調査結果があります。

つまり、タメ口は5%の人にしか受け入れてもらえなかったということになります。

また、同様の婚活マナーアンケートで「初対面の相手がタメ口だと、どんな印象を受けますか?」という質問に対しての結果が以下の通りです。

  • 1位:初対面なのに馴れ馴れしい
  • 2位:真面目に婚活していない
  • 3位:気を使えない人
  • 4位:見下されている感じがする

いかにタメ口によって評価が悪くなるかが分かる結果となっています。

近年はローラや藤田ニコルの登場によってタメ口でも世間から受け入れられる傾向ですが、婚活においては話が違うので注意しましょう。

敬語からタメ口に切り替えるタイミングは?

前述したように、街コンや合コンでいきなりタメ口を使うのはNGだという事が分かりました。

では、どのタイミングでタメ口に切り替えるのが正解なのかについてお話ししていきます。

これは人によってタイミングが様々で難しい問題なのですが、一番多いのは連絡先交換後に連絡を取る中で親しくなり、自然とタメ口になっていったという場合です。

LINEや電話、あるいは実際に食事に行った時敬語で話していたのに思わずタメ口になってしまい、

「あっ、ゴメン!」

「楽しくてついタメ口で話しちゃった」

と素直に話せば、その流れで今後は敬語ではなくタメ口で話しましょうという展開になります。

相手によっては会話の中で

「敬語だと堅苦しいからタメ口でいいよ」

と言ってくれる場合もあるので、その場合は素直にタメ口で話しましょう。

逆に、自分からタメ口で話そうと切り出すなら少し連絡を取って仲良くなった頃がベストです。

 

タメ口に切り替えるのは早めがオススメ?

初対面でタメ口を使うと印象が悪いのは上記のアンケートの内容通りですが、連絡先を交換した後ならタメ口に切り替えるのは早い方がオススメです。

冒頭でお話ししたように、タメ口を使うと短期間で急速に親しくなることができます。逆に敬語を使い続けると、いつまでたっても堅苦しい関係のまま男女の距離は縮まりません。

LINEを始めた初日で数件のやりとりがあったならすぐにタメ口に切り替えましょう。ただし、会話の盛り上がり具合でもう少し早くするか遅くするかの微調整が必要です。

ちなみに私が現在の妻と出会った時にはLINEを始めてからタメ口に切り替えました。

具体的には共通の趣味で盛り上がり始めたところで早めに切り替えた感じです。ずっとタメ口では堅苦しいですしね(笑)

まとめ

今回は街コンや合コンで知り合った女性と敬語からタメ口に切り替えるタイミングについてお話ししていきました。

内容をまとめると

  • 恋活・婚活でいきなりタメ口はNG
  • 会話中に自然とタメ口になるのが理想的
  • 連絡先を交換したら早めにタメ口に!

以上の3点が超重要項目です。

「いきなりタメ口で話すやつなんかいるのかよ」

って感じなんですが、実際に会場に行くとかなりるんですよね。これくらいの常識が守れていないと社会人になってからの出会いなんてうまくいかないという教訓にでもしてもらえたら幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめの出会いの場

私が今の嫁と付き合うようになるまでに何回も利用した出会いの場をおすすめ順で紹介していきます。

1位:コンパde恋ぷらん

サービス内容が最も信頼できるのが「コンパde恋ぷらん」です。

無料登録するだけで最速1日でイベントに参加できたり、サポートが手厚いのが大きな特徴です。

「合コン」「パーティ」「お見合い」「街コン」から希望するイベントに参加できるので、出会いの場は正直ここだけで事足りるレベル。

評価
イベント種類 合コン、パーティ、お見合い、街コン
1人参加
参加料金 3,500円~

公式ページ

2位:Rush

サシ飲み(1対1)希望の方に強くおすすめしたいのが「Rush(ラッシュ)」です。

「合コン」「食事会」「体験イベント(BBQなど)」もありますが、いきなり1対1で女性と食事できるサービスを提供しているのはここだけ!

公式サイトで合コン攻略ガイドを公開しているので恋愛の勉強にもおすすめです。

評価
イベント種類 合コン、サシ飲み(1対1)、食事会
1人参加
参加料金 3,500円~

公式ページ

3位:Rooters

扱っている街コンが多種多様なのが「Rooters(ルーターズ)」です。

「20代限定」「歳の差」など条件を絞れたり、共通の趣味の人が集まる「趣味コン」などジャンルも細分化されています。

最初から気の合う人を絞って参加できるので結果が出やすく「全額返金保証」があるのが大きな特徴です。

評価
イベント種類 街コン、恋活、婚活、合コン
1人参加
参加料金 5,500円~(全額返金保証あり)

公式ページ

ABOUT ME
マツコ
マツコ
ゲームやマンガをこよなく愛する28歳の愛知県民。1児のパパになって娘を溺愛中。2018年から一条工務店のi-paletteで生活しています。当ブログではマイホーム、実家(毒親) 問題、 漫画、育児、街コン体験談などについて書いています。