アニメ

アニメ「超時空要塞マクロス」の動画全話を無料で視聴できるサービスとあらすじを紹介

今回は90年代ロボットアニメの中で有名な機動戦士ガンダムとは少しジャンル違いのロボットアニメ「超時空要塞マクロス」がどこで視聴できるかについて紹介していきます。一定条件内ならば無料で見る事も可能ですよ!

ロボットアニメというと戦闘がメインですが、マクロスシリーズはどちらかというと音楽や恋愛などの人間ドラマがメインです。

私は平成生まれなので初代マクロスは世代じゃないんですが、マクロス7から遡ってハマったので、昭和生まれでも平成生まれでもハマること間違いなしの作品!

 

Hulu

「超時空要塞マクロス」を無料で視聴する方法

「超時空要塞マクロス」は海外ドラマや映画、アニメを豊富に扱っている「Hulu」で視聴することができます。(1話から最終話まで全て視聴可能です。)

「Hulu」公式サイトはこちら

Huluの特徴として、登録してから2週間は「お試し期間」としてすべての動画を無料で視聴することができます。

それ以降は月額933円かかりますが、無料期間中に気になるものだけ見ればいいので絶対に契約を迫られるわけでもないのがありがたいところです。

ちなみに私はHuluにハマりまくってパケット相殺額が最高で2,000万円を超えました(笑)

パケ放題がある時代に生まれてよかった~(笑)

要するに、それくらいハマります。

「超時空要塞マクロス」あらすじ

「オーガス」「サザンクロス」と3作品制作された「超時空」シリーズの第1弾にあたるTVアニメ。墜落した謎の宇宙戦艦を修復し、「マクロス」と名付けた人類。だが、その進宙式の際、ブービー・トラップが発動して巨大異星人・ゼントラーディ軍の攻撃が始まった。そして、マクロスは異星人との戦いに巻き込まれていく…。?

【引用元】Hulu

ちなみにPCで見るとこんな感じでエピソードを選択できます。

全36話なので一回ハマってしまえばあっという間のボリュームです。

異星人と人間との関係がメインテーマですが、主人公の輝とリン・ミンメイ、未沙の三角関係という恋愛ドラマを軸に、戦時下で営まれる市民社会の活力の方が強く描かれています。

作中ではリン・ミンメイがアイドル歌手になっていくシンデレラストーリー的な要素も含まれていて、彼女の歌が物語の終結に重要な役割になってきます。

「私の彼はパイロット」とか「小白竜(シャオ・パイ・ロン)」とかどれもキャッチーでとてもアニメのために作られた歌とは思えないんですよね。

劇場版だと「愛・おぼえていますか」が名曲すぎます。

レンタルで全部借りたらかなり高くつくので月額見放題というのもHuluの良いところです。

「超時空要塞マクロス」キャスト

出演者

  • 長谷有洋
  • 飯島真理
  • 羽佐間道夫
  • 小原乃梨子
  • 土井美加
  • 神谷明
  • 佐々木るん
  • 鶴ひろみ
  • 室井深雪
  • 蟹江栄司
  • 大林隆介
  • 目黒裕一
  • 速水奨
  • 竹田えり
  • 鈴木勝美
  • 鈴置洋孝
  • 市川治
  • 鳳芳野

監督/演出

  • 石黒昇

プロデューサー

  • 井上明
  • 岩田弘

原作/脚本

  • 松崎健一
  • 石黒昇
  • 富田祐弘
  • 大野木寛

まとめ

今回はアニメ「超時空要塞マクロス」についてまとめていきました。

マクロスを一言で言うと「音楽最高!」です。

初代マクロス以降も「マクロス7」「マクロスF(フロンティア)」「マクロスΔ(デルタ)」などシリーズがたくさん出ていますが、どれも音楽が最高なんです。

ストーリーもロボットものですが、恋愛要素が多めなので、単純なロボットバトルものが苦手でも楽しめます。私もその一人ですしね。

 初代マクロスのリン・ミンメイを見てると売り出し中の松田聖子さんが浮かぶのは私だけかな?
マクロスFやマクロスΔからマクロスを知った平成生まれでもどっぷりハマれる初代マクロス。

 

懐かしさを求めて見直す方、新規で見る方はHulu(月額933円)の2週間あるお試し期間を有効活用してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

\まずは無料で試してみよう/
Hulu
huluの登録方法と解約方法を徹底解説!2週間のお試し期間中なら動画を見た後でも解約金無料で見れる!ドラマや映画、アニメが月額見放題のサービス「Hulu」をご存知でしょうか? Huluはここ数年でレンタル業界に大ダメージを与えてい...
【ラグビーW杯2019】見逃し配信・リアルタイム配信おすすめランキング

ラグビーワールドカップの見逃し配信・リアルタイム配信に対応している動画配信サービスの中から「これを使えば間違いない」と言えるものをランキング形式で紹介します。(※日本戦が一部しか放送されない日本テレビとNHKは対象外です。)

DAZN(見逃し配信)

スポーツ動画配信サービス最大手の「DAZN」はラグビーW杯の全48試合を見逃し配信(ハイライト)しています。

スマートフォンやタブレットでも視聴できるので、試合を観戦するのに場所や時間を問わず、加入手続きも簡単です。また、無料体験期間が1ヶ月間と長く、途中解約しても料金は発生しないので気軽にお試しすることが可能です。

 

評価
月額 1,750円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 全48試合
配信形式 見逃し配信(ハイライト)

DAZN公式ページ

J SPORTS(リアルタイム配信)

スカパーチャンネルの1つである「J SPORTS」はラグビーW杯の全48試合をリアルタイム配信しています。

月額が高いことや、無料体験期間中に解約できないこと、加入手続きが少し面倒なデメリットはありますが、全48試合をリアルタイム配信しているのは「J SPORTS」だけです。

 

評価
月額 基本料390円+チャンネル料2,286円=2,676円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約はできない)
配信試合数 全48試合
配信形式 リアルタイム配信

J SPORTS公式ページ

Hulu(リアルタイム配信)
hulu

動画配信サービス最大手の「Hulu」はラグビーW杯の19試合をリアルタイム配信しています。(日本戦は全て放送)

19試合の内、7試合はマルチアングル配信されるので、画面越しでも会場にいるような体験が可能です。

月額が最も安く、ドラマや映画、アニメも見放題なのでラグビー以外を目的に加入する選択肢もあります。

 

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 19試合(日本戦全試合含む)
配信形式 リアルタイム配信(内7試合はマルチアングル配信)

Hulu公式ページ