アニメ

アニメ「マクロス7」の動画全話を無料で視聴できるサービスとあらすじを紹介

今回は90年代ロボットアニメの中で有名な機動戦士ガンダムとは少しジャンル違いのロボットアニメ「マクロス7」がどこで視聴できるかについて紹介していきます。一定条件内ならば無料で見る事も可能ですよ!

ロボットアニメというと戦闘がメインですが、マクロスシリーズはどちらかというと音楽や恋愛などの人間ドラマがメインです。

私は平成生まれなので世代じゃないんですが、マクロス7にハマって初代マクロスを遡って見たり、フロンティア、デルタに追いついたりと結局マクロスファンになりました。

昭和生まれ、平成生まれ関係なしにハマれるロボットアニメ、それがマクロスです!

 

Hulu

「マクロス7」を無料で視聴する方法

「マクロス7」は海外ドラマや映画、アニメを豊富に扱っている「Hulu」で視聴することができます。(1話から最終話まで全て視聴可能です。)

6/21(木) 0:00から配信開始決定!

「Hulu」公式サイトはこちら

Huluの特徴として、登録してから2週間は「お試し期間」としてすべての動画を無料で視聴することができます。

それ以降は月額933円かかりますが、無料期間中に気になるものだけ見ればいいので絶対に契約を迫られるわけでもないのがありがたいところです。

ちなみに私はHuluにハマりまくってパケット相殺額が最高で2,000万円を超えました(笑)

パケ放題がある時代に生まれてよかった~(笑)

要するに、それくらいハマります。

「マクロス7」あらすじ

「マクロス」シリーズのTVアニメで、OVA「マクロスプラス」と同時期に制作された。移民惑星を求め、新マクロス級移民船の7番艦 (マクロス7) は旅を続けていた。だが突如、謎の船団の奇襲を受けるマクロス7。果たして、謎の船団の目的と正体とは…? やがて、マクロス7は恐るべき戦いの渦に呑み込まれていく…。

【引用元】Hulu

全49話なので一回ハマってしまえばあっという間のボリュームです。

初代マクロスから35年後の世界を描いており、前作の一部のキャラクターや歌が登場することもしばしば。

物語における歌の位置取りがさらに重要なものになり、主人公の熱気バサラ率いるバンド「fire bomber」の曲ひとつひとつがとにかくカッコいいんです。

前作ではリン・ミンメイが歌を歌うので女性らしい可愛らしさがありましたが、今回は熱気ムンムンの暑苦しい男の魂の叫びが歌に込められています。

歌バサラ担当の福山芳樹のハイトーンでハスキーな歌声がたまらん!

「突撃ラブハート」や「HOLY LONELY LIGHT」「TRY AGAIN」など、今でも歌詞なしで口ずさめるキャッチーでロックなメロディは最高の一言。

ミレーヌも可愛いすぎる!

バサラの「俺の歌を聴け~!」が名ゼリフですね。

レンタルで全部借りたらかなり高くつくので月額見放題というのもHuluの良いところです。

「マクロス7」キャスト

出演者

  • 林延年
  • 桜井智
  • 菅原正志
  • 高乃麗
  • 子安武人
  • 速水奨
  • 大林隆之介
  • 竹田えり
  • 井上瑤
  • 園部啓一
  • 夏樹リオ
  • 岩男潤子
  • 百武彰子
  • 室園丈裕
  • 西村智博
  • 陶山章央
  • 中川亜紀子

監督/演出

  • アミノテツロー

プロデューサー

  • 大西加紋
  • 井口亮

原作/脚本

  • 河森正治

まとめ

今回はアニメ「マクロス7」についてまとめていきました。

マクロス7を一言で言うと「俺の歌を聴け~!」です。

初代マクロスやフロンティア、デルタもいいんですが、マクロス7のむさ苦しい男らしさが私は一番好きです。

「fire bomber」の曲がどれもカッコいいんですよね。

ストーリーはぶっちゃけ勢いでどうにでもなる・・・というか、今の時代に真面目に見たらアホくさく感じる部分が多々あるんですが、「歌の力」の偉大さを痛感すると思います。

現実でも歌の力で元気になるように、アニメの中でもそれが十分あり得ると思ってしまうくらい曲が良いです。

懐かしさを求めて見直す方、新規で見る方はHulu(月額933円)の2週間あるお試し期間を有効活用してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

\まずは無料で試してみよう/
Hulu
huluの登録方法と解約方法を徹底解説!2週間のお試し期間中なら動画を見た後でも解約金無料で見れる!ドラマや映画、アニメが月額見放題のサービス「Hulu」をご存知でしょうか? Huluはここ数年でレンタル業界に大ダメージを与えてい...
【ラグビーW杯2019】見逃し配信・リアルタイム配信おすすめランキング

ラグビーワールドカップの見逃し配信・リアルタイム配信に対応している動画配信サービスの中から「これを使えば間違いない」と言えるものをランキング形式で紹介します。(※日本戦が一部しか放送されない日本テレビとNHKは対象外です。)

DAZN(見逃し配信)

スポーツ動画配信サービス最大手の「DAZN」はラグビーW杯の全48試合を見逃し配信(ハイライト)しています。

スマートフォンやタブレットでも視聴できるので、試合を観戦するのに場所や時間を問わず、加入手続きも簡単です。また、無料体験期間が1ヶ月間と長く、途中解約しても料金は発生しないので気軽にお試しすることが可能です。

 

評価
月額 1,750円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 全48試合
配信形式 見逃し配信(ハイライト)

DAZN公式ページ

J SPORTS(リアルタイム配信)

スカパーチャンネルの1つである「J SPORTS」はラグビーW杯の全48試合をリアルタイム配信しています。

月額が高いことや、無料体験期間中に解約できないこと、加入手続きが少し面倒なデメリットはありますが、全48試合をリアルタイム配信しているのは「J SPORTS」だけです。

 

評価
月額 基本料390円+チャンネル料2,286円=2,676円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約はできない)
配信試合数 全48試合
配信形式 リアルタイム配信

J SPORTS公式ページ

Hulu(リアルタイム配信)
hulu

動画配信サービス最大手の「Hulu」はラグビーW杯の19試合をリアルタイム配信しています。(日本戦は全て放送)

19試合の内、7試合はマルチアングル配信されるので、画面越しでも会場にいるような体験が可能です。

月額が最も安く、ドラマや映画、アニメも見放題なのでラグビー以外を目的に加入する選択肢もあります。

 

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 19試合(日本戦全試合含む)
配信形式 リアルタイム配信(内7試合はマルチアングル配信)

Hulu公式ページ