ネットで買える安くて便利なマタニティグッズを夫目線で時期順に選んでみた


スポンサードリンク


こんにちは、マツコ・ミニマムです。

現在嫁マムが妊娠7ヵ月目に入り、もう少しで待望の赤ちゃんに会うことができます。

夫の私としても少しずつですが妊娠についての知識がついてきました。つわりの頃は分からないことが多すぎて毎日がバタバタでしたけどね(笑)

そんな私たち夫婦なんですが、ここまでの妊娠生活の中で結構いろんなマタニティグッズを買ってきたんです。その中のいくつかは記事にも書いていますが、今回は夫の私目線でおすすめのマタニティグッズを紹介していきたいと思います。

ただし!今回紹介するのはマタニティウェアではなく、ネットで買える「グッズ」のみです。

妊娠初期におすすめ

①母子手帳ケース

妊娠したら最初に手にするのが母子手帳ですよね。

そこで必須なのが母子手帳ケースなんですが、こういった小物こそネットで買うのを私はオススメします。

というのも、ネットだと種類が多いのなんのって!

 

ディズニーなんて男目線でも可愛い!可愛いってズルい(笑)

店頭だと、わざわざ足を運んで一目ぼれできるアイテムがなかったときのガッカリ感がハンパないので小物はネットで買いましょう。時短にもなりますしね。

そして、デザイン以外に注意すべきはズバリ「収納スペースの多さ」です。

こんな感じで産婦人科の診察券やいつでもメモできるようにボールペンを入れるスペースなどが多い程、使い勝手がいいと思います。

②無香タイプの消臭剤

妊娠初期はつわりで悩まされる方が多いです。

嫁マムも嗅覚が犬並みに敏感になっていました。扉を閉めた寝室にいるのにキッチンでお米が炊きあがった時に出る蒸気の匂いがアウトでしたからね。壁も距離も挟んでるのになんて嗅覚だ!

こんな時、消臭剤が大活躍します。

 

これは良い香りを出して臭いにおいをかき消すタイプではなく、無臭タイプなのでつわりの方にも安心して使えます。人によっては必須レベルです。

普通は匂い付きの方がいいんですが、つわりって全然違うみたいですから、夫は黙って無香タイプを買ってサポートしましょう。

③妊娠ガイドブック

私たち夫婦もそうなんですが、初めての妊娠って何から何まで分からないことだらけなんですよね。むしろ「分からないことが分からない」状態。無知ってコワイ(笑)

なので、妊娠が分かったら最低限の勉強として妊娠ガイドブックを1冊買っておくことをおすすめします。

 

私は超が付くほど読書が苦手なんですが、嫁マムから「時間がある時読んでね(勉強してね)」と言われたので赤ちゃんのため少しずつ読んでます。他にはネットで分からない言葉を調べたりするのもおすすめです。

夫婦でそれぞれが知識を付けておけば、いざという時に安心ですからね。

妊娠中期におすすめ

①エンジェルサウンズ

妊娠中期になると産婦人科で赤ちゃんの心音をハッキリと聴くことができるようになります。早い方だと胎動も感じるようになるでしょう。

しかし、心音を聴くことができるようになったからこそ、次の健診までの期間が不安になったりするものです。胎動を感じる場合は、胎動が弱いとさらに不安ですよね。

そんな時、家庭で簡単に赤ちゃんの心音を聴けるグッズとしてエンジェルサウンズがおすすめです。

 

この商品はお腹にボディクリームを塗って本体を当てるだけで赤ちゃんの心音を聴ける優れもので、正式に医療用機器として認可されていることも安心できるポイントです。

▼実際に使ってみたレビュー記事はこちら▼

そして何よりおすすめなのが妊婦さん特有の不安な気持ちを解消できるという点です。

②妊娠中の食事本

妊娠中期はつわりも治まり、久々に食事をおいしいと思って食べられる時期です。後期になると体重を増やす過ぎてはいけないので、この時期が一番気が抜ける時期かもしれません。

妊娠中は自身の体の目まぐるしい変化に肉体的にも精神的にもついて行けないこともあるので、おいしい料理くらい食べて元気をつけましょう。

そんな時には妊娠中に食べていいものばかりが載っている料理本がおすすめです。

 

妊娠中は食べていけないものが結構あるので、知識を付けるという意味でも1冊は持っておいた方がいいでしょう。

例えば私たち夫婦が驚いたのは、わかめなどの海藻類は過剰に摂取すると胎児の甲状腺機能が低下すると言われています。一見、海藻類って体に良さそうな印象ですが、生まれてからの体と、胎児の状態では食材の成分による影響が違う事が多いようです。

このように、知らない事ってたくさんあるので、料理ひとつにしても勉強が必要なんです。

妊娠後期におすすめ

①妊婦用抱き枕

妊娠してなかったらおそらく絶対に知ることのなかったグッズNO.1は間違いなくコレです(笑)

妊娠後期になるとお腹も大きくなり、何かにつけて腰痛に悩まされます。早い方だと中期から少しずつ腰痛が起こるのではないでしょうか。

外出中はどうしても動いているので腰痛も致し方ないと思いますが、妊娠中だと寝ている時にも腰痛があるんです。休んでいる時くらい腰痛から解放されたいですよね。

そんな時に役に立つのが妊婦用抱き枕です。

 

この商品は枕を抱いたり挟んだり、腰の負担を和らげるためだけに設計された作りになっています。

▼実際に使ってみたレビュー記事はこちら▼

私もどれだけ気持ちいいか試してみたかった妊婦さんの気持ちを体験すべく妊婦用抱き枕で寝てみたんですが、のび太級のスピードで寝落ちしました(笑)

寝る時くらい体を休めたいという妊婦さんにおすすめです。

妊娠期間中は常に必須なグッズ

①葉酸

妊娠したら常に必須なグッズの代名詞は葉酸です。

葉酸が良いのは知っているけれど、具体的にどんな効果があるのかは知らないという方も多いと思うので、葉酸の効果を項目ごとに挙げていくと

胎児の神経管閉鎖障害の予防、貧血(悪性貧血)の予防、流産防止、子どもの自閉症リスクの低下、つわり軽減、栄養価の高い母乳が出るようになる、免疫力を高める、産後の子宮回復の促進、産後の抜け毛対策、産後うつ予防、美容効果、動脈硬化の予防

このような効果があるそうです。

実際には飲むことでこれらの予防に繋がるので、直接的な効果は感じにくいかもしれませんが、逆に飲まないと症状が出る可能性が増えるということになるので、健康な子供を産むためにも飲んでおいた方がいいでしょう。

産婦人科でも妊娠が発覚した時点で葉酸はおすすめされるので、持っていて間違いないグッズです。

種類が多くて、どれを買えばいいか分からないという方にはママニック葉酸サプリがおすすめです。厚生労働省も推奨しているので安心して飲むことができます。

▼ママニック葉酸サプリの公式HPはこちら▼


②妊娠線クリーム

葉酸と共に必須になってくるのが「妊娠線クリーム」です。

妊婦さんのお腹は出産時期になると妊娠前とは比べ物にならないくらい大きくなっています。出産までの10ヵ月で急激にお腹の皮膚が伸びる事になるので、当然皮膚にひび割れのような妊娠線が入ってしまいます。

よくテレビで「半年で20キロ痩せました」みたいなダイエット特集がやっていますよね。そういった人たちは急激なダイエットの結果、お腹にひび割れが残っていることが多いんですが、妊娠線も同じような原理です。

10ヵ月でお腹が大きくなったり小さくなったりするんですからね。そりゃ皮膚もついていけません。

しかし、女性からしたらお腹にひび割れができるなんて辛いと思います。そこで妊娠線クリームが役に立つというわけです。

私のおすすめは5種類のオーガニックが配合されたベルタ妊娠線クリームです。

初回のみですが、送料無料で500円で試せるので、お試ししやすいのがポイント!薬局とかで変な成分が調合されたものを使うより、よっぽど安心できるグッズです。

▼ベルタマザークリームの公式HPはこちら▼



ネットで買えるグッズのみを紹介する理由

補足的な話として、今回ネットで買えるグッズしか紹介しなかったのには理由があります。

それは妊婦さんが買い物に行くのは控えめにすべきだからです。

例えば妊娠初期の場合、安定期に入るまでは流産の可能性が30%もあると言われています。私たち夫婦も安定期に入るまでは健診の度に先生に注意されました。

何もしなくてもそれだけ高確率で流産の危険性があるのに、買い物に行って過度に動いたりするのはあまりにリスキーです。

安定期に入った後でも、買い物に行くと小さな子供が走り回って不意にぶつかってくる可能性が結構あるんです。それがお腹に直撃したら大問題です。といっても買い物にまったく行かないというのはできないので、できるだけ気を付けるしか方法はないんですけどね。

また、お腹が大きくなってくると腰痛に悩まされるようになります。買い物中にいつでも座って休めるようなスペースがあるとは限らないので、長時間立ったままの買い物は妊婦さんには向いていないと思います。

▼この記事で妊娠7ヵ月に入った様子を詳しく書いています▼

そこでネットで買うという選択肢が出てきます。

夫だけで買い物に行けばいいと思う方が出てくるかもしれませんが、男はこういう時ほんとに無能なんです(笑)

奥さんの趣味に合わないものを買ってくる可能性が120%くらいなので、そんなことならネットで好きなものを買った方がいいと思います。重たいものを買っても某配送会社の人が苦労するだけですしね(笑)

下手すりゃネットの方が店頭よりも種類が豊富な場合もあるので、ベビーカーやチャイルドシートなどの命に関わるもの以外はネットで買っても問題ない、むしろ便利なくらいだと私は思います。

まとめ

妊娠中は身の回りのサポートを旦那さんが積極的にしてあげると、後々いいらしいです(意味深)

なので…ってわけでもありませんが、辛そうにしている奥さんの負担を軽減させるためにもマタニティグッズは重要な働きをしてくれます。

今回紹介させていただいたのは私たち夫婦が実際に使ってみたものですし、夫の私も一緒に試しているので自信を持っておすすめできますよ。

また、前述したように、妊娠中は買い物をすることで様々な弊害が発生する可能性が高いので、大切な奥さんと子供を守る意味でも買えるものはネットで買うのをおすすめします。

マタニティグッズは全部買っていたらキリがありませんが、本当に必須だと感じたものは必ず妊娠中の負担を軽減できるものなのでお金を惜しまずに手に入れてみて下さいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
▼妊婦さんの足のつり対策には葉酸がおすすめ▼


あわせて読みたい

 



スポンサードリンク



スポンサードリンク



いいねと思ったらSNSでシェア!

関連記事 こちらの記事もオススメです。



誰でも簡単に本格的なブログが作れる「STORK」






誰でも簡単にブログが作れるワードプレスのテーマ「STORK」を私も使っています