ASP・アドセンス

昔のアドセンス審査は楽勝だった!?実際に審査に通過した時のブログを公開します

ネットで収益を得ようとしている方にとって、グーグルアドセンスは一番始めやすく、収益が出やすいビジネスモデルだと思います。

というのも、自分のサイトに広告を貼り、クリックしてもらうだけで収益が発生するからです。通常のアフィリエイトなら誰かに商品を買ってもらわないと収益が発生しないのでその差は歴然です。

しかし、このグーグルアドセンス、最近審査が厳しくなったという声をたくさん耳にします。

私が審査に通過した時はそんなに厳しかった記憶がないので「自分の時はどんな風だったかな~」と思い、自分が審査に通過した時のブログを探してみました。

 

その結果…

なんと!そのブログが残っていました!!更新してなさすぎて消されてると思っていたのに(笑)

そこで今回は、「昔の審査は楽勝だったのか!?」という疑問を解決するべく、私が実際にグーグルアドセンスの審査に通過した時のブログを大公開します。

私が実際に審査に通過したブログ

私が実際に審査に通過したブログはこちらです。→ 「DQMSL日記」

(※審査通過用のブログなので、現在はアドセンスを外しています。)

so-netブログでたった8記事しか書かずに審査に通過しています。投稿日を見れば分かりますが、2年以上前の事なので、その間にいろいろ環境が変わっているのが一目で分かりますね。

ブログの特徴

ここからはこのブログの特徴について書いていきます。

①内容

ブログの内容はゲームの攻略についてです。このサイトでも同じゲームについて記事を書いているので、その点に関してはまったく成長してなくて涙が出そうですが…(笑)

そんな話はさておき、一応モンスターの情報や考察が書いてありますが、改行もメチャクチャでとにかく読みにくいの一言です。

情報を発信するというよりは趣味ブログという表現がピッタリです。

②文字数

グーグルアドセンスの審査に限らず、通常ブログを書く際は文字数を1000文字以上にすることが好ましいと言われています。

読者により良い情報を発信しようと思えば2000~3000文字くらいは簡単に超えるはずなのですが、このブログは1000文字未満の記事がほとんどです。

③記事数

最近のアドセンスの審査ではサイトのコンテンツが充実しているかが重要な審査基準のようです。30記事書いてから審査に出し、審査中も記事を更新し続けた方がいいという声まで…

一方、このブログは前述したように8記事で通過しています。緩い、緩すぎる…(笑)

④サイトの種類

このブログはso-netブログで書いています。so-netブログは無料で登録できるブログサービスで、アメーバ、はてなブログ、FC2ブログなどと同様にたくさんの人に愛用されています。

しかし、2016年の3月頃から審査に無料ブログサービスを使用できなくなりました。

このように、登録段階で独自ドメインを要求してくるからです。

※なお、現在は“Googleが提供している無料ブログサービス「Blogger」を使う方法”“独自ドメインを審査に通過する間だけ用意する方法”の2パターンのみ、無料ブログでもアドセンスの審査を通過できます。

⑤画像の有無

私がアドセンスの審査に通過した頃は、記事内に画像をあまり使わない方がいいという意見をたくさん見ました。実際に私もできる限り画像は使わないように意識しました。

しかし、現在は記事の内容をイメージした画像なら積極的に使っていいそうです。

今からアドセンスを通過するためには

上記のように、以前のアドセンスの審査と現在の審査では審査基準が大幅に変更されているのが分かります。

そこで、ここからは今からアドセンスを通過するためにするべきことをまとめていきます。

①内容を充実さる

Googleは最近のアルゴリズム更新で「コンテンツには愛が必要だ」と強く謳っています。

SEOを意識してタイトルやキーワードにばかりこだわり内容が伴っていないサイト、ありふれたトレンド記事ばかりのサイトなどはGoogleに質の低いサイトと認識されます。

ですので、「丹精込めてより良い情報の詰まったサイトを作成する事=愛のこもったコンテンツ」となり、Googleから評価を受けるのです。

当然、これができればアドセンスの審査くらいは余裕で通過できます。

②文字数を増やす

私が以前審査に通過したブログでは、一記事当たり1000文字未満の記事ばかりでしたが、内容を充実させれば自然と2000文字は超えると思います。

確実に審査を通過したいのならば文字数は2000文字以上に決めて記事を書きましょう。ただし、内容がペラペラで文字数だけ増やすというのはダメですよ。

③記事数を増やす

以前私のブログ仲間がアドセンスの審査に通過できず、アドセンスのヘルプフォーラムに問い合わせた際、「コンテンツ不足」について指摘されていました。

その時すでに10記事は書いていたのにコンテンツ不足を指摘されたということは、最低でも20記事はあった方がいいのかもしれません。

また、審査期間中でも毎日記事を更新し続けるのも重要です。

④有料ブログを使う

前日したように、現在アドセンスの審査には無料ブログが使えなくなっています。

ですので、独自ドメインを取得しワードプレスでブログを開設するのが一番だと思います。他にもはてなブログのPROに切り替える方法もありますが、どちらにしても若干のお金が必要です。

抜け道として、”Googleが提供している無料ブログサービス「Blogger」を使う方法”、”独自ドメインを審査に通過する間だけ用意する方法”の2パターンがありますが、審査後のブログの発展を考えると、最初から有料ブログにした方がSEOの観点からメリットが多いです。

⑤記事の内容に適した画像を使う

以前は記事内に画像を貼らない方が審査に通過しやすいという声が多かったのですが、最近は記事に適した画像を積極的に使った方がいいそうです。

実際、審査通過後は記事に画像を入れる機会も多くなると思うので、練習だと思って使っていきましょう。

⑥審査中は他の広告を貼らない

よくいるのが、アドセンスの審査に通るまでに他の広告を貼る人です。

これは今も昔もNGで、アドセンスの審査中は全ての広告を外しましょう。広告が付いていても審査に通るという意見もありますが、どちらかと言ったらない方が理想的です。

まとめ

結論を言うまでもないですが、昔の審査は楽勝でした。

私が審査に通過した時のブログを見れば一目瞭然ですね。なんですか、あの低レベルなブログは!書いたの誰ですか?

…って私なんですが(笑)

これからアドセンスの審査をする方は昔より厳しい環境かもしれません。

しかし、コンテンツの充実したサイトを作るという意味では遅かれ早かれなので、今後の練習だと思ってアドセンスの審査を乗り切ってください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【ラグビーW杯2019】見逃し配信・リアルタイム配信おすすめランキング

ラグビーワールドカップの見逃し配信・リアルタイム配信に対応している動画配信サービスの中から「これを使えば間違いない」と言えるものをランキング形式で紹介します。(※日本戦が一部しか放送されない日本テレビとNHKは対象外です。)

DAZN(見逃し配信)

スポーツ動画配信サービス最大手の「DAZN」はラグビーW杯の全48試合を見逃し配信(ハイライト)しています。

スマートフォンやタブレットでも視聴できるので、試合を観戦するのに場所や時間を問わず、加入手続きも簡単です。また、無料体験期間が1ヶ月間と長く、途中解約しても料金は発生しないので気軽にお試しすることが可能です。

 

評価
月額 1,750円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 全48試合
配信形式 見逃し配信(ハイライト)

DAZN公式ページ

J SPORTS(リアルタイム配信)

スカパーチャンネルの1つである「J SPORTS」はラグビーW杯の全48試合をリアルタイム配信しています。

月額が高いことや、無料体験期間中に解約できないこと、加入手続きが少し面倒なデメリットはありますが、全48試合をリアルタイム配信しているのは「J SPORTS」だけです。

 

評価
月額 基本料390円+チャンネル料2,286円=2,676円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約はできない)
配信試合数 全48試合
配信形式 リアルタイム配信

J SPORTS公式ページ

Hulu(リアルタイム配信)
hulu

動画配信サービス最大手の「Hulu」はラグビーW杯の19試合をリアルタイム配信しています。(日本戦は全て放送)

19試合の内、7試合はマルチアングル配信されるので、画面越しでも会場にいるような体験が可能です。

月額が最も安く、ドラマや映画、アニメも見放題なのでラグビー以外を目的に加入する選択肢もあります。

 

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 19試合(日本戦全試合含む)
配信形式 リアルタイム配信(内7試合はマルチアングル配信)

Hulu公式ページ