雑記

毎日眠いし辛いから何かの病気じゃないか原因と対策を調べてみた

「ん~眠い!毎日眠すぎる!」

朝起きた時も、午前中も、午後も、夜も、今こうして記事を書こうとしている瞬間も…

あまりにも毎日眠いし、新種の「眠い眠い病」にでもなったんじゃないんか?(※そんな病気ありません)

眠すぎて頭が全然回らんし、もはや回らなさ過ぎて、逆に半回転始めてるんじゃないか疑ってまうよ(笑)

とにかく眠い!なんでこんなに眠いんじゃ~!

 

ということで、今日は眠くて辛すぎる毎日とサヨナラバイバイするために、眠さの原因と対策について調べてみました。

[blogcard url=”https://matsuko-minimum.info/truesleepermakura/”]

そもそも眠さの原因って?

眠さの原因のほとんどは睡眠不足という単純な理由が原因なのですが、それ以外だと、「低血糖」「睡眠時無呼吸症候群」「ナルコレプシー 」「薬の副作用」なんかがあるそうです。

2つほど意味不明な言葉が…(笑)

低血糖や薬の副作用についてはなんとなくイメージが付くので、残りの2つについてちょっと調べました。

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS(サス)」とも言われます。

医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。

引用元:無呼吸なおそう.com

こんな病気らしい。

タバコ好き、酒好き、太り気味、高血圧、糖尿病、高脂血症などの既往がある人がなりやすいそうです。

私はどれにも当てはまらないので、これではないはず。とりあえず、歳とっても太らないようにしなければ!

ナルコレプシーとは

これについては完全に初めましての言葉です(笑)

ナルコレプシーは日中、場所や時間にかかわらず突然強い眠気に襲われる睡眠障害です。視床下部から分泌されるオレキシンという物質が欠乏することにより引き起こされる症状だということが分かっています。

世界的に見て日本人の有病率が高い病気の一つです。

引用元:Doctors me

こんな感じの病気だそうです。

 

主な症状は次の通り。

 場所や状況に関係なく強い眠気に襲われる
 感情が高ぶった時に脱力してしまう
 睡眠麻痺(金縛り)
 入眠時に現実に近い夢(幻覚)を見る

 

ん!?これめっちゃ当てはまるけど、当てはまっちゃ…ヤバくない!?

いろいろ不安になってきました。どうやら日本人に多いらしいけど大丈夫なのか?

眠気対策・予防法は?

眠気の原因は上記のようにいろいろあるみたいですが、結局どこを調べても対策や予防方法は次のようなことだそうです。

 しっかり睡眠をとる
 お昼休みなどに15~30分仮眠する
 正しい生活習慣を!
 暴飲暴食をしない!

どんなに調べてもこんな感じの内容ばかり。なんか当たり前のような内容ばかりで若干ショックを受けました。

飲むだけで効く特効薬とかないの?

しっかりとした睡眠とか、仮眠とか、生活習慣とか…

そんな当たり前のことより、なんか効く薬とか便利アイテムないの?こちとら一瞬で眠気から解放されたいんだよ~!

ということで、薬局で手に入る眠気対策薬の中から手軽に飲みやすいドリンクタイプのものを選んでみました。

市販でオススメの眠気対策薬

 エスタロンモカ内服液

1瓶でコーヒー3杯分のカフェインを含んでいます。また、ビタミンB群もカフェインとともにだるさや眠気を撃退!

コーヒー風味で薬の味を感じないように工夫されていますよ。

【含有成分】カフェイン水和物150mg、チアミン演歌物塩酸塩10mg、ニコチン酸アミド15mg、タウリン1000mg

 

ハイエナル“88″内服液

1瓶にコーヒー2杯分のカフェインを含んでいます。少し甘めなので、こちらも飲みやすく女性に人気の商品です。

【含有成分】カフェイン水和物50mg、クエン酸カフェイン150mg、安息香酸ナトリウムカフェイン50mg、チアミン硝化物10mg、パントテン酸カルシウム10mg、タウリン500mg

 

アオーク

こちらは他のドリンクよりカフェインの量が多いので、一気に目が覚め、だるさもとれます。

【含有成分】カフェイン水和物200mg、チアミン硝化物10mg、リボフラビンリン酸エステルナトリウム2mg、パントテン酸カルシウム10mg、タウリン1000mg

 

まとめ

私もそうなのですが、市販薬でできるだけ乗り切って、本当にヤバかったら病院に行く人が多いのではないでしょうか。

結局は生活習慣が病気の原因になることが多いそうなので、私もよく噛んで食べる、野菜を食べる、よく寝るを意識して生活してみます。

とっても、毎日本当に眠いのでドリンクを飲んでしばらく様子を見てみようと思います。

実際に飲んでみた経過を後日追記していきますね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
マツコ
マツコ
ゲームやマンガをこよなく愛する28歳の愛知県民。1児のパパになって娘を溺愛中。2018年から一条工務店のi-paletteで生活しています。当ブログではマイホーム、実家(毒親) 問題、 漫画、育児、街コン体験談などについて書いています。
おすすめVODランキング

数あるVOD(ビデオオンデマンド)サービスの中から、私が実際に使ってみて良いと思ったものをランキング形式で紹介します。

1位:hulu
hulu

作品数と月額のバランスが最も良いのが「hulu」です。

国内・海外問わずドラマが豊富で、アニメにも力を入れています。特に海外ドラマは先行配信に期待ができます。

また、日本テレビ系列の会社が運営しているため、「名探偵コナン」など、日テレで放送されている作品が他社より充実しています。

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間
作品数 40,000本以上

公式ページ

2位:U-NEXT
U-NEXT

圧倒的作品数を誇るのが「U-NEXT」です。

月額がやや高いですが、毎月付与される1,200円分のポイントを月額から相殺したり、動画のレンタルや電子書籍版の雑誌・漫画の購入に使ったりできるのが特徴です。

ディズニーやア〇ルト動画を見れるのも他社とは一線を画します。

評価
月額 1,990円(税抜) ※毎月1,200円分のポイントが付与される
無料期間 31日間
作品数 見放題作品90,000本、レンタル作50,000本

公式ページ

3位:プライムビデオ

動画本数こそ劣るものの、圧倒的コストパフォーマンスを誇るのが「Amazonプライムビデオ」です。

というのも、プライム会員のおまけで動画見放題も付いてくるので、おまけ要素なのに豪華すぎるのが実際のところ。

プライム会員では、配送料や時間指定などが無料なことに加え、音楽が聴けるサービスなんかもあります。おまけでドラマや映画、アニメがこれだけ見れるのは凄いですよね!

評価
月額 325円(税抜)
無料期間 30日間
作品数 2,000本以上

公式ページ