レビュー

ネスカフェのバリスタとドルチェグストの違いは?味やコストの違いについて

先日ネスレから販売されているドルチェグストについて記事を書いたんですが、ネスレからはもう一つコーヒーメーカーが販売されています。

それが「バリスタ」です。

【関連記事】
ドルチェグスト本体を無料で購入しカプセルも最安値になる方法がお得すぎる話

そこで今回はバリスタドルチェグストの違い、味やコストパフォーマンスの違いについてまとめていきます。

バリスタとドルチェグストの違い

バリスタとドルチェグストの違いは粉タイプ(レギュラーソリュブル)のコーヒーかカプセル式のコーヒーかという違いです。

どちらも家庭でおいしいコーヒーが飲めるのには違いないのですが、バリスタは「手軽さ」ドルチェグストは「本格さ」を求めている方にピッタリだと思います。

それでは、ここからは詳しくそれぞれの特徴についてまとめていきます。

①バリスタの特徴

バリスタは「エコ&システムパック」という専用の粉をセットするだけでエスプレッソやカフェラテまで5つのタイプのコーヒーをお手軽に作ることができるのが最大の特徴です。

②ドルチェグストの特徴

専用の粉をセットして複数のコーヒーを楽しめるバリスタに対し、ドルチェグストは専用のカプセルをセットしてコーヒーを抽出するのが特徴です。

このカプセルは「光、空気、湿気」を全て遮断して密閉されているので、飲むときに最高の鮮度でコーヒーを味わうことが可能です。さらに、マシンでコーヒー豆を蒸らしつつ圧力をかけて抽出するので味わい深いコーヒーが抽出されます。

味の違いについて

バリスタとドルチェグスト、どちらもおいしいコーヒーを味わうことができるんですが、結論から言うと「ドルチェグストの方が断然おいしい」です。

というのも、バリスタはどうしても粉タイプなので風味やコクが損なわれてしまうからなんです。

しかし、一昔前のインスタントコーヒーと比べれば歴然の差があるおいしさ!香りもいいですし、カフェで注文したようなクレマ(泡)だって出ます。

本格的な味のインスタントコーヒーと言えば伝わりやすいと思います。

逆にドルチェグストはカプセルタイプだからこその鮮度、香り、コクを楽しめます。

コーヒー専門店でこっそりドルチェグストで淹れたコーヒーを出しても誰も気付かないと思うレベルですよ(笑)

コストについて

①バリスタ

バリスタは1杯あたり2gの粉を使うものとすると約20円でコーヒーをいただくことができます。

画像のように110g入りのパックを買う方が少しだけお得なのがわかります。

②ドルチェグスト

対してドルチェグストは1箱にカプセルが16個入って税込924円なので1杯あたり57.75円でコーヒーをいただくことができます。

③比較

バリスタとドルチェグストを比べると1杯あたり30円以上の差があることがわかります。

どうしても粉タイプのバリスタがコスト面で圧勝という結果になります。

かといってドルチェグストが高すぎるのかと考えた時、カプセルのバリエーションの豊富さや味の本格を見ればこの価格でも納得できると個人的には思います。

また、家族の人数やコーヒーをどれくらいの頻度で飲むかによっても価格に対する捉え方が変わってくると思います。

種類について

①バリスタ

バリスタはこのようなラインナップ。

完全にコーヒー特化のマシンだと言えます。

注意書きにあるように、市販されているレギュラーソリュブルコーヒーでも、エコ&システムパックになっているものしかバリスタには対応していないので購入の際は注意が必要です。

②ドルチェグスト

ドルチェグストは以下のようなカプセルラインナップです。

コーヒーだけでもかなりの数があり、ソイラテや宇治抹茶ラテなどのカフェメニューがあるのも特徴です。

③比較

種類の豊富さを比べると圧倒的にドルチェグストが優れています。

また、ドルチェグストならコーヒーが苦手な方と一緒に暮らしていてもカプセルさえ分ければマシンを共有できるというのがメリットです。

まとめ

今回はバリスタとドルチェグストの違いについて紹介してきましたが、簡単にまとめると

 バリスタは粉、ドルチェグストはカプセル

 味はドルチェグストの圧勝

 コスパはバリスタの圧勝

 種類はドルチェグストの圧勝

 どちらを選ぶかは使用頻度や人数で決めよう

このような違いがあります。

どちらもいい商品なので、自分ならどのように使うかをイメージしてから購入するのがオススメです。

私個人としてはドルチェグスト推しです。

また、ドルチェグストでコーヒーを飲みたいという方には「マシンが無料の定期便を利用することで、ドルチェグスト本体を無料で手に入れ、さらにカプセルが最大10%OFFになるのでおすすめです。



最後まで読んでいただきありがとうございました。

【ラグビーW杯2019】見逃し配信・リアルタイム配信おすすめランキング

ラグビーワールドカップの見逃し配信・リアルタイム配信に対応している動画配信サービスの中から「これを使えば間違いない」と言えるものをランキング形式で紹介します。(※日本戦が一部しか放送されない日本テレビとNHKは対象外です。)

DAZN(見逃し配信)

スポーツ動画配信サービス最大手の「DAZN」はラグビーW杯の全48試合を見逃し配信(ハイライト)しています。

スマートフォンやタブレットでも視聴できるので、試合を観戦するのに場所や時間を問わず、加入手続きも簡単です。また、無料体験期間が1ヶ月間と長く、途中解約しても料金は発生しないので気軽にお試しすることが可能です。

 

評価
月額 1,750円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 全48試合
配信形式 見逃し配信(ハイライト)

DAZN公式ページ

J SPORTS(リアルタイム配信)

スカパーチャンネルの1つである「J SPORTS」はラグビーW杯の全48試合をリアルタイム配信しています。

月額が高いことや、無料体験期間中に解約できないこと、加入手続きが少し面倒なデメリットはありますが、全48試合をリアルタイム配信しているのは「J SPORTS」だけです。

 

評価
月額 基本料390円+チャンネル料2,286円=2,676円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約はできない)
配信試合数 全48試合
配信形式 リアルタイム配信

J SPORTS公式ページ

Hulu(リアルタイム配信)
hulu

動画配信サービス最大手の「Hulu」はラグビーW杯の19試合をリアルタイム配信しています。(日本戦は全て放送)

19試合の内、7試合はマルチアングル配信されるので、画面越しでも会場にいるような体験が可能です。

月額が最も安く、ドラマや映画、アニメも見放題なのでラグビー以外を目的に加入する選択肢もあります。

 

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 19試合(日本戦全試合含む)
配信形式 リアルタイム配信(内7試合はマルチアングル配信)

Hulu公式ページ