雑記

逆ナンならぬ逆痴漢?男性が女性から痴漢に遭うとどうなるか経験談を語ります

結構前の話なんですが、私は10代の時に女性から痴漢被害に遭ったことがあります。

女性が男性から被害に遭うケースはよく聞きますが(そもそもあってはダメなんだけど)、その逆って結構珍しいのかな?と思います。

そこで今回は、男である私が女性から痴漢被害に遭った時のことについて書いていきます。

男が痴漢被害に!?それは何気ない一瞬の出来事だった

私が10代の頃、名古屋の街中でバイトをしていた時のことです。

私が場所を移動しようと信号を待っていると、なにやらお尻に妙な気配を感じました。

誰かとぶつかってるのかな?

そう思って気にも留めなかったのですが、次の瞬間、私のお尻に猛烈な感覚が…

むにゅ〜〜〜〜!!!

めちゃめちゃ触られてる。というか揉みしだかれてる(笑)

間違いない、痴漢だ(汗)

その瞬間、私はそう確信したのです。

振り返ると相手は女性だった

当時の私は髪も短く、後ろ姿だけでも明らかに男だと分かる見た目でした。にも拘わらず痴漢をされたのです。

相手はよっぽど飢えて性別さえも気にしなくなった狼なのか、はたまた根っからの野獣なのか・・・私は恐る恐る振り返りました。

すると、驚いたことに相手は女性だったのです。

40代?50代?くらいのおばさんだったと思います。

そして私は、いわば犯罪者のおばさんと目が合い、そのまま2人ともフリーズ。

まさか自分が異性から、しかも信号待ちをしている時に尻を揉みしだかれるなんて思ってもいませんでした。

犯人が逃走

私はまさかの出来事すぎて体が硬直していました。すると犯人は何食わぬ顔に戻って平然と信号を渡って行ってしまったんです。

痴漢被害に遭うと声が出なくなると言いますが、まさにそれでした。

私の場合、相手がおばさんだったので一気に恐怖は消え去ったのですが、それでも硬直してしまったんです。

自分が女性で、相手が男性だったらと考えると恐ろしいですよね。

なぜ男に対して痴漢をしたか考察してみる

ではなぜおばさんは私のお尻を揉みしだいてきたのでしょう。

そもそも私に40~50代のおばさん心なんて分かるはずないのですが、どうせ痴漢をされたんです。ちょっとくらい相手の気持ちを考えてみましょう。

男に飢えていた

相手が40~50代のおばさんだったことから、夫婦間でのスキンシップも少なくなり猛烈な飢えがおばさんを襲ったタイミングで当時10代の私が目の前に現れ、思わず手が伸びた可能性があります。

若さに飢えていた

当時の私は10代半ば、私が40~50代になった時にもそうだと思いますが、それだけ歳の離れた人間と関わる機会ってほぼないと思います。

あのおばさんが日ごろから心の奥に若い人との交流を求めており、思わず手が伸びた可能性があります。

弱そうでなめられていた

上の2項目について思うことがあった時、目の前に現れた私があまりのも弱そうだったから絶好のチャンスが訪れてしまったのかも・・・

これはこっちが傷つくやつ!!

男性が被害に遭うケースも意外にある

冒頭で、男性が被害に遭うケースは少ないとお話ししましたが、実はぼちぼちあるみたいで、芸能人で言うと「おぎやはぎ」の矢作さんが22、23歳のサラリーマン時代に痴漢に遭ったそうです。(2018年10月1日、AbemaTV放送の『おぎやはぎの「ブス」テレビ』より)

しかも相手は男性。

電車の中で私が受けた被害よりももっとハードだったとか。

やはり矢作さんも声がでなくなって女性の気持ちが分かったそうです。

まとめ:男性が痴漢被害に遭っても怖いのは変わらない

今回は男である私が女性から痴漢被害に遭った時のことについて書いていきました。

もし私が痴漢被害に遭ったことがなければ、「男性がされる側の被害なんて大したことないんじゃないか」と思っていたかもしれません。

しかし、実際に被害に遭ってみるとめちゃめちゃ怖いです。

街中で背後から知らない人にお尻を触られる。それがもし刃物だったら・・・とか考えると背筋がゾッとします。

常に背後に気を付けてください・・・なんて安易な方法をお勧めすることはできませんが、明日は我が身なので変な人もいるからお気を付けくださいと肝に念じて生活しましょう。

防犯グッズも一つくらいは持っておいた方がいいですよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Asmix 防犯ブザー 防滴タイプ ピンク GE062P(1コ入)【Asmix】

【ラグビーW杯2019】見逃し配信・リアルタイム配信おすすめランキング

ラグビーワールドカップの見逃し配信・リアルタイム配信に対応している動画配信サービスの中から「これを使えば間違いない」と言えるものをランキング形式で紹介します。(※日本戦が一部しか放送されない日本テレビとNHKは対象外です。)

DAZN(見逃し配信)

スポーツ動画配信サービス最大手の「DAZN」はラグビーW杯の全48試合を見逃し配信(ハイライト)しています。

スマートフォンやタブレットでも視聴できるので、試合を観戦するのに場所や時間を問わず、加入手続きも簡単です。また、無料体験期間が1ヶ月間と長く、途中解約しても料金は発生しないので気軽にお試しすることが可能です。

 

評価
月額 1,750円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 全48試合
配信形式 見逃し配信(ハイライト)

DAZN公式ページ

J SPORTS(リアルタイム配信)

スカパーチャンネルの1つである「J SPORTS」はラグビーW杯の全48試合をリアルタイム配信しています。

月額が高いことや、無料体験期間中に解約できないこと、加入手続きが少し面倒なデメリットはありますが、全48試合をリアルタイム配信しているのは「J SPORTS」だけです。

 

評価
月額 基本料390円+チャンネル料2,286円=2,676円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約はできない)
配信試合数 全48試合
配信形式 リアルタイム配信

J SPORTS公式ページ

Hulu(リアルタイム配信)
hulu

動画配信サービス最大手の「Hulu」はラグビーW杯の19試合をリアルタイム配信しています。(日本戦は全て放送)

19試合の内、7試合はマルチアングル配信されるので、画面越しでも会場にいるような体験が可能です。

月額が最も安く、ドラマや映画、アニメも見放題なのでラグビー以外を目的に加入する選択肢もあります。

 

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 19試合(日本戦全試合含む)
配信形式 リアルタイム配信(内7試合はマルチアングル配信)

Hulu公式ページ