アニメ

「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」の動画を無料で視聴できるサービスとあらすじを紹介

今回はデジモンアニメ・映画の中で最も面白かったであろう「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」がどこで視聴できるかについて紹介していきます。一定条件内ならば無料で見る事も可能ですよ!

最近は相変わらず人気の衰えないポケモンと比べ、デジモンは一時期の勢いがなくなってしまいましたが、かつてのアニメは見返してもやっぱり面白いです。

当時私は小学生でしたが、夕方に放送されていた初代デジモンのアニメが毎週楽しみでしたし、中でも今回紹介する映画「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」は初めて見た時映画館で本当に鳥肌が立ったのを覚えています。

それくらいの名作です!

 

Hulu

「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」を無料で視聴する方法

「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」は海外ドラマや映画、アニメを豊富に扱っている「Hulu」で視聴することができます。

「Hulu」公式サイトはこちら

Huluの特徴として、登録してから2週間は「お試し期間」としてすべての動画を無料で視聴することができます。

それ以降は月額933円かかりますが、無料期間中に気になるものだけ見ればいいので絶対に契約を迫られるわけでもないのがありがたいところです。

ちなみに私はHuluにハマりまくってパケット相殺額が最高で2,000万円を超えました(笑)

パケ放題がある時代に生まれてよかった~(笑)

要するに、それくらいハマります。

「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」あらすじ

デジタルワールドでの冒険から太一たちが帰ってきて半年後。あの冒険が信じられないほど穏やかな日々を送っていた。ところが、ある日インターネット上で不気味なタマゴが誕生し、凶悪なデジモンへと進化、ネットを伝って世界中を混乱に陥れた! ネットの中で暴れまくるデジモンを、太一は倒すことができるのか。

【引用元】Hulu

41分しかない映画ですが、内容はデジモンうんぬん関係なしに今まで見たアニメ映画の中でもトップクラスの面白さです。

アニメ版でデジモンたちと別れ、デジタルワールドから現実世界に戻っていた太一たち。そんな時、ネット上に凶悪なデジモンのたまごが現れ、驚異的なスピードで成長し「ディアボロモン」になってしまいます。

その強さはアニメ版で最強だったアグモンの最終進化形「ウォーグレイモン」とガブモンの最終進化形「メタルガルルモン」が手も足もでないレベル。

アニメ版でもいくつか敵との差を感じる場面はありましたが、ここまで圧倒的な差が出て絶望感を味わうのは初だったと思います。

そしてラスト数分で奇跡が起き、ウォーグレイモンとメタルガルルモンが合体して「オメガモン」になり、最強だったディアボロモンを圧倒するシーンが超鳥肌モノ!

BGMなしで圧倒的な攻撃力の暴力を敵へ振りかざす正義の一太刀はカッコいい以外の何物でもありません。

大人になった今見返してもカッコいいと思うんですから、当時小学生だった私の脳内にはとんでもないインパクトを与えたのは言うまでもありません。

また、アニメシリーズを見ていなくても全然ついていける内容なのも良いですし、こんなに短いのにこんなに濃いアニメ映画を私は知りません。

「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」キャスト

出演者

  • 藤田淑子
  • 坂本千夏

監督/演出

  • 細田守

原作/脚本

  • 吉田玲子

まとめ

今回はアニメ「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」についてまとめていきました。

何回も見た映画ですが、未だに年に何回か突然見たくなる中毒性があります。それくらいカッコいい最高の作品です。

オメガモンのデザインも秀逸なんですよね。これも魅力の一つでしょう。

なにげに監督が「サマーウォーズ」等で有名な細田守さんなんですが、この作品で監督デビューらしいです。

いきなりこの作品を世に送り込むなんて天才以外の何物でもありませんね。

懐かしさを求めて見直す方、新規で見る方はHulu(月額933円)の2週間あるお試し期間を有効活用してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

\まずは無料で試してみよう/
Hulu
huluの登録方法と解約方法を徹底解説!2週間のお試し期間中なら動画を見た後でも解約金無料で見れる!ドラマや映画、アニメが月額見放題のサービス「Hulu」をご存知でしょうか? Huluはここ数年でレンタル業界に大ダメージを与えてい...
【ラグビーW杯2019】見逃し配信・リアルタイム配信おすすめランキング

ラグビーワールドカップの見逃し配信・リアルタイム配信に対応している動画配信サービスの中から「これを使えば間違いない」と言えるものをランキング形式で紹介します。(※日本戦が一部しか放送されない日本テレビとNHKは対象外です。)

DAZN(見逃し配信)

スポーツ動画配信サービス最大手の「DAZN」はラグビーW杯の全48試合を見逃し配信(ハイライト)しています。

スマートフォンやタブレットでも視聴できるので、試合を観戦するのに場所や時間を問わず、加入手続きも簡単です。また、無料体験期間が1ヶ月間と長く、途中解約しても料金は発生しないので気軽にお試しすることが可能です。

 

評価
月額 1,750円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 全48試合
配信形式 見逃し配信(ハイライト)

DAZN公式ページ

J SPORTS(リアルタイム配信)

スカパーチャンネルの1つである「J SPORTS」はラグビーW杯の全48試合をリアルタイム配信しています。

月額が高いことや、無料体験期間中に解約できないこと、加入手続きが少し面倒なデメリットはありますが、全48試合をリアルタイム配信しているのは「J SPORTS」だけです。

 

評価
月額 基本料390円+チャンネル料2,286円=2,676円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約はできない)
配信試合数 全48試合
配信形式 リアルタイム配信

J SPORTS公式ページ

Hulu(リアルタイム配信)
hulu

動画配信サービス最大手の「Hulu」はラグビーW杯の19試合をリアルタイム配信しています。(日本戦は全て放送)

19試合の内、7試合はマルチアングル配信されるので、画面越しでも会場にいるような体験が可能です。

月額が最も安く、ドラマや映画、アニメも見放題なのでラグビー以外を目的に加入する選択肢もあります。

 

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 19試合(日本戦全試合含む)
配信形式 リアルタイム配信(内7試合はマルチアングル配信)

Hulu公式ページ