雑記

りんごの皮むきって包丁じゃなくてピーラーの方が簡単で効率よくない?

昨日の出来事。晩御飯のあとのデザートとして嫁がりんごを切ってくれたんです。

まぁよくある光景ですよね。

当然、包丁で皮をむいてるわけですよ。

それを見て急に思ったことがあります。

よく考えたらピーラー使った方がどう考えても効率よくない?

 

そこで今回は、りんごの皮むきは包丁じゃなくてピーラーの方がよくない?って話について徹底検証していきます。

りんごの皮むきは包丁よりピーラーの方がいいと思う理由

技術不要で速い

まず声を大にして言いたいのが、

ピーラーの方が速く皮むけない?

と言う点です。

料理職人級に包丁スキルがあるなら別ですが、一般人なら包丁よりピーラーの方が断然速いと思います。

片手でりんごを抑え、片手でザザザザーっと手を動かしまくるだけですからね。

一方で包丁の場合、りんごをリズムよく回転させつつ、親指で包丁がブレないように調整して皮をむく必要があります。

りんごの皮をむくだけでどんだけテクニックいるんだよ

と思ってしまうんですよね。

指を切る心配がないから安心

次に言いたいのが、テクニックの要する包丁は慣れるまで指を切る不安があるということです。

ただりんごの皮をむいていただけで指を切るなんてあまりにも酷だと思います。

一方、ピーラーの場合は皮をむいている時に直接刃先に触れることはありません。よって、指を切るリスクは包丁と比べてグッと下がります。

安全な方がよくない?

無駄なく皮をむける

包丁を使った場合、腕に左右されますが、皮だけでなく実の部分まで削ってしまう可能性があります。

ピーラーなら均等にむくことができるので無駄がないですよね。

【包丁VSピーラー】スピード比較

では、気になる包丁とピーラーのスピード比較をしていきましょう。

包丁の場合

まずは包丁から。

慣れた手つきの方だとさすがに速いですね。

しかしよく見てください。皮に付いている実の量が均等ではありません。これだけ実が残っているのはもったいないことだと思います。

ピーラーの場合

は、速い。圧倒的速さ。

思ってたのと違うとか言わないで!

みるみるうちに皮がむけています。しかも均等に。

誰がどう見ても圧勝です。

番外編:アップルピーラー

最近は、どうやらりんご専用皮むき器があるようで、「アップルピーラー」と呼ぶようです。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)C-140 アップルピーラー (リンゴ皮むき器)+ C-3756 オールステンアップルカッター セット

見てください、この圧倒的皮むきスピード。

もうギネス認定でいいんじゃないでしょうか?

唯一デメリットがあるなら、その機械を置く場所どうすんの?ってとこだけですかね。

りんご1つ皮をむくのにどんだけ場所とるのって話です(笑)

まとめ:皮むきの方法はお好みで

今回はりんごの皮むきを包丁でするか、ピーラーでするかという問題についてまとめてみました。

結論としてはどっちでもいいです(笑)

ただし、慣れてない方は無理して包丁は使わなくてもいいんじゃないかなと思います。

そりゃ包丁の方が「それっぽい」ですが、それ以上でもそれ以下でもないのかなーと思います。あくまで一般人レベルでね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)C-140 アップルピーラー (リンゴ皮むき器)+ C-3756 オールステンアップルカッター セット

【ラグビーW杯2019】見逃し配信・リアルタイム配信おすすめランキング

ラグビーワールドカップの見逃し配信・リアルタイム配信に対応している動画配信サービスの中から「これを使えば間違いない」と言えるものをランキング形式で紹介します。(※日本戦が一部しか放送されない日本テレビとNHKは対象外です。)

DAZN(見逃し配信)

スポーツ動画配信サービス最大手の「DAZN」はラグビーW杯の全48試合を見逃し配信(ハイライト)しています。

スマートフォンやタブレットでも視聴できるので、試合を観戦するのに場所や時間を問わず、加入手続きも簡単です。また、無料体験期間が1ヶ月間と長く、途中解約しても料金は発生しないので気軽にお試しすることが可能です。

 

評価
月額 1,750円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 全48試合
配信形式 見逃し配信(ハイライト)

DAZN公式ページ

J SPORTS(リアルタイム配信)

スカパーチャンネルの1つである「J SPORTS」はラグビーW杯の全48試合をリアルタイム配信しています。

月額が高いことや、無料体験期間中に解約できないこと、加入手続きが少し面倒なデメリットはありますが、全48試合をリアルタイム配信しているのは「J SPORTS」だけです。

 

評価
月額 基本料390円+チャンネル料2,286円=2,676円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約はできない)
配信試合数 全48試合
配信形式 リアルタイム配信

J SPORTS公式ページ

Hulu(リアルタイム配信)
hulu

動画配信サービス最大手の「Hulu」はラグビーW杯の19試合をリアルタイム配信しています。(日本戦は全て放送)

19試合の内、7試合はマルチアングル配信されるので、画面越しでも会場にいるような体験が可能です。

月額が最も安く、ドラマや映画、アニメも見放題なのでラグビー以外を目的に加入する選択肢もあります。

 

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 19試合(日本戦全試合含む)
配信形式 リアルタイム配信(内7試合はマルチアングル配信)

Hulu公式ページ