新婚夫が自宅でローストビーフを作ったので10分以内で作れるレシピを紹介


スポンサードリンク


こんにちは、マツコ・ミニマムです。

今日は朝からローストビーフを仕込んだので、久々に料理記事を書いてみます。料理ちまちまやっているので、たまに記事も書いていこうかな。

ローストビーフって買うと少ししか入っていないのに高いし、作るの難しそうってイメージがあると思うんですが、実際に作ってみると男の私が作っても超簡単に作れます。

絶対自宅で作って食べた方が安くておいしいので、ご参考までに!

材料

・牛ももブロック肉:300g

・にんにくチューブ

・イタリアンハーブミックス

・ポン酢

作り方①:牛ももブロック肉に下味を付ける

まずは牛ももブロック肉に下味を付けていきます。

この味付けなんですが、普通は塩コショウで味付けするところを、私の場合はイタリアンハーブミックスを使って味付けします。

まずはにんにくチューブをお肉の両面に適量かけ、もみ込みます。そして、イタリアンハーブミックスを両面にかけ、同じようにも見込みます。

この画像のように、結構しっかりかけた方が味にパンチが出て私は好きです。

作り方②:タレを作る

ローストビーフのタレって何で作ればいいんだろうと思いますが、実は超簡単でポン酢を使えばOKです。

計量カップにポン酢を1/2カップ入れ、水を1/4カップ入れて混ぜて下さい。

計量カップの量によってタレの量が変わりますが、ぶっちゃけ絶対に余るのでポン酢と水の配分さえ合っていれば問題ありません(笑)

作り方③:肉を焼く

お肉は全面をそれぞれ中火で2分ずつ焼きます。

最初の一面だけコゲ防止でオリーブオイルを少々垂らしてください。

正直、このあたりで食べたくて我慢の限界でした(笑)

こんな感じでそれっぽくなってきましたね。

上の画像で見える赤い部分も焼いて、全面完了です。

作り方④:タレを絡ませて少し加熱

お肉が全面焼けたら、先ほど作っておいたタレをフライパンに移して弱火で1分ほど加熱します。

これでタレにお肉の香りが移っておいしくなるんですよね。早く食べたい!

写真だけ見るとマグロみたいになってますが、ちゃんと牛肉です(笑)

作り方⑤:余熱で中まで熱を通す

次に、焼いたお肉と温めたタレをジッパー袋に移します。

お肉はトングを使えばいいんですが、タレを袋に入れるのが難しくて、スプーンでちまちま移しました(笑)

一番時間使ったのはこの作業かもしれません。

そして、そのジッパー袋を新聞紙で包んで輪ゴムで縛って保温状態にします。

これで余熱がお肉の中まで入り、菌がいないのに赤身でいただけるというわけです。

ちなみにここまででかかった時間は約10分です。

しばらく寝かしたら完成

10分くらい付け込むだけでもおいしくいただけるんですが、私は朝作って数時間保温状態にし、その後冷蔵庫に移して夜ご飯で食べるという流れをとっています。

いきなり冷蔵庫に入れてしまうと、中まで火が通らないので、少し常温でおいてから冷蔵庫に入れて下さい。また、夏場はお肉が腐るといけないので、常温にするなら部屋はクーラーをつけて置いた方が無難です。

お肉も寝かせて、作った私も食事まで寝ますよ(笑)

完成

完成品はこちら!

まずは断面ショー(笑)

食べ終わった後でこの記事を書いてるので、また腹減ってきました(笑)

そして食べやすいサイズにカット!

私の技術ではこれ以上うまく切れなかったです(笑)

そしてこれにタレをかけたら完成!

感想はというと…

 

めっちゃうまい~!

厚めに切った分、かなり食べごたえがありました。タレと肉の味が噛めば噛むほどして、ビールに合いましたよ!

まとめ

新婚夫でも自宅で簡単に本格的なローストビーフを作ることができました。

難しいイメージがありますが、自宅でも簡単に作れますし、自家製なら安くて量もたくさん作れるのが一番のメリットだと思います。

奥さんを喜ばせるためにも是非作ってみてほしい料理です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あわせて読みたい

 



スポンサードリンク



スポンサードリンク



いいねと思ったらSNSでシェア!

関連記事 こちらの記事もオススメです。



誰でも簡単に本格的なブログが作れる「STORK」






誰でも簡単にブログが作れるワードプレスのテーマ「STORK」を私も使っています