エンタメ

【ラグビーワールドカップ】日本の対戦国と試合日程・会場まとめ【W杯2019】

ラグビーワールドカップ2019の日本の対戦国ってどこだろう?試合を見逃したくないから覚えておきたいなぁ!
日本はプールAで「アイルランド」「スコットランド」「ロシア」「サモア」と対戦するよ!

2019年9月20日から11月2日にかけて開催予定の第9回ラグビーワールドカップ。アジア初の開催国が日本に決定したことで話題ですよね。

もともとラグビーファンの方も、今回の開催を機にラグビーに触れる方も、日本チームの試合を見逃さないためにもスケジュールを把握しておいた方がいいですよね。

そこで今回は、日本の対戦国と試合日程・会場についてまとめていきます。

【ラグビーワールドカップ】全試合日程・会場まとめ【W杯2019】 2019年9月20日から11月2日にかけて開催予定の第9回ラグビーワールドカップ。アジア初の開催国が日本に決定したことで...

【プールA・B・C・D】参加国グループ分け

参加国を「プールA」「プールB」「プールC」「プールD」に分けると以下のようになります。

プールA プールB
アイルランド ニュージーランド
スコットランド 南アフリカ
日本 イタリア
ロシア ナミビア
サモア カナダ
プールC プールD
イングランド オーストラリア
フランス ウエールズ
アルゼンチン ジョージア
アメリカ フィジー
トンガ ウルグアイ
日本はプールAだね!

【プールA】日本の対戦国と試合日程・会場

日本はプールAで、対戦国と試合日程・会場は以下の通りです。

表は横にスクロールできます
対戦国 時間 会場
9/20(金) ロシア 19:45 東京スタジアム
9/28(土) アイルランド 16:15 小笠山総合運動公園エコパスタジアム
10/5(土) サモア 19:30 豊田スタジアム
10/13(日) スコットランド 19:45 横浜国際総合競技場

 

2019年大会の日本の特徴として、最低でも中6日を確保できることが挙げられます。

前回の2015年大会では、南アフリカ戦とスコットランド戦が中3日しかあいておらず、体力が完全に回復できなかったことが敗因の多くを占めています。

その点、今大会は体力回復に充てられる日数が多いです。

また試合会場の移動距離が「東京→静岡→豊田→横浜」と短いのも有利に働く期待ができます。

【決勝トーナメント】日本の対戦国と試合日程・会場

日本が決勝トーナメントに進んだ場合の対戦国と試合日程・会場は以下の通りです。

準々決勝

表は横にスクロールできます
対戦国 時間 会場
10/19(土)
準々決勝2
プールB1位
(日本がプールA2位の場合)
16:15 東京スタジアム
10/20(日)
準々決勝4
プールB2位
(日本がプールA1位の場合)
19:15

 

準決勝

表は横にスクロールできます
対戦国 時間 会場
10/26(土)
順決勝1
準々決勝1勝者
(日本が順々決勝2の場合)
17:00 横浜国際総合競技場
10/27(日)
順決勝2
準々決勝3勝者
(日本が順々決勝4の場合)
18:00

 

決勝

表は横にスクロールできます
対戦国 時間 会場
11/2(土)
決勝
準決勝勝者 18:00 横浜国際総合競技場

 

まとめ

今回は、日本の対戦国と試合日程・会場についてまとめていきました。

まずはプールAを突破して決勝トーナメントに進出することが最低条件です。

表は横にスクロールできます
対戦国 時間 会場
9/20(金) ロシア 19:45 東京スタジアム
9/28(土) アイルランド 16:15 小笠山総合運動公園エコパスタジアム
10/5(土) サモア 19:30 豊田スタジアム
10/13(日) スコットランド 19:45 横浜国際総合競技場

 

前回の2015年大会と比べてもコンディションは安定しやすい条件を得られているので、なんとしても決勝進出してほしいね!
ラグビーW杯2019おすすめ鉄板グッズ10選はこれだ!試合観戦に備えよう! 2019年9月20日から11月2日にかけて開催予定の第9回ラグビーワールドカップ。 開催国が日本なのはおそらく最初...
おすすめVODランキング

数あるVOD(ビデオオンデマンド)サービスの中から、私が実際に使ってみて良いと思ったものをランキング形式で紹介します。

hulu
hulu

作品数と月額のバランスが最も良いのが「hulu」です。

国内・海外問わずドラマが豊富で、アニメにも力を入れています。特に海外ドラマは先行配信に期待ができます。

また、日本テレビ系列の会社が運営しているため、「名探偵コナン」など、日テレで放送されている作品が他社より充実しています。

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間
作品数 50,000本以上

公式ページ

U-NEXT
U-NEXT

圧倒的作品数を誇るのが「U-NEXT」です。

月額がやや高いですが、毎月付与される1,200円分のポイントを月額から相殺したり、動画のレンタルや電子書籍版の雑誌・漫画の購入に使ったりできるのが特徴です。

ディズニーやア〇ルト動画を見れるのも他社とは一線を画します。

評価
月額 1,990円(税抜) ※毎月1,200円分のポイントが付与される
無料期間 31日間
作品数 見放題作品90,000本、レンタル作50,000本

公式ページ

プライムビデオ

動画本数こそ劣るものの、圧倒的コストパフォーマンスを誇るのが「Amazonプライムビデオ」です。

というのも、プライム会員のおまけで動画見放題も付いてくるので、おまけ要素なのに豪華すぎるのが実際のところ。

プライム会員では、配送料や時間指定などが無料なことに加え、音楽が聴けるサービスなんかもあります。おまけでドラマや映画、アニメがこれだけ見れるのは凄いですよね!

評価
月額 325円(税抜)
無料期間 30日間
作品数 2,000本以上

公式ページ