レビュー

食洗機いらない派の子持ち夫婦にメリット・デメリットを紹介します

結婚して子供が生まれて、毎日バタバタとした生活を送っている私たち夫婦。

その中でも食器洗いという毎日どうしても避けようのない家事は私たちを猛烈に苦しめる悪の根源です。

しかも、洗うだけじゃなくて乾かして食器棚に戻さなければならない。あぁ、なんて面倒くさい家事なのでしょう。

そんな私たちですが、念願のマイホームを建てた際に取り付けた「食洗機(食器洗い乾燥機)」に救われました。

今では「洗い物?なんだっけそれ?」くらい心に余裕が生まれています。

そこで、今回は実際に使ってみて感じた食洗機のメリット・デメリットを紹介していきます。

特に子持ち夫婦で食洗機を導入していない方は必見です!

食洗機があって良かったと思えるメリット

洗い物の時間削減

食洗器があって最もよかったと思えるのは、やはり「洗い物の時間の削減」です。

我が家は共働きなので、帰宅して夜ご飯を食べ終わると早くても20時、遅いと21時を回る時もあります。

遅くなる時は子供を先に寝かしつけてからなので22時から夜ご飯ってこともあります。

そうなると、そのあと洗い物をしていたら時間がいくらあっても足りません。

しかし、食洗器があれば、軽く汚れをすすいでから食洗器に入れてスイッチを押すだけなのであっという間に終わります。

食器は気にせず、軽くシンク周りを掃除すれば食後の片づけは終わるのでかなりの時短に繋がります。

乾かしたり拭いたりする時間削減

私が個人的に感じている食洗器の良さは「乾燥」にあると思います。

洗い物って洗うだけに注目されがちですが、「洗った後に食器棚に戻すまでが洗い物」だと私は思っているんですよね。家に帰るまでが遠足だ・・・的なやつです。

アパート時代は水切り棚を使っていたんですが、水切り棚の場合、サイズの都合で結局はみ出る分は水を拭き取って棚に入れないといけません。

水切り棚の後に食器乾燥機を使っていた時期もあるんですが、そんなスペースがあるなら、乾燥もできる食洗器をそこに置こうよってなります。

お皿を1枚ずつ拭いて棚に入れる作業って、なんやかんや洗ってる時間と大して変わらないくらい時間を取られるので、乾燥機能は最高だと思っています。

収納スペースにもなる

先ほど「洗った後に食器棚に戻すまでが洗い物」だと言っておきながらなんですが、毎食使う食器や箸などは食洗器を収納スペースとして使うこともできます。

どうしても今日だけは片づけが面倒くさいって日も同様です。

食洗器って結構奥行きや深さがあるので、大容量の食器が入ります。そのまま入れっぱなしにしておくってのもある意味手ではあります。かなりズボラですが(笑)

自分の時間を作れる

食洗器は洗い物の時間を丸ごと削減できるので、自分の時間を作れるというメリットもあります。

特に子持ちの方の場合だと、子供の寝かしつけ等もあるので、仕事が終わって帰宅してから自分の時間を確保することはかなり難しいはず。

食器洗いに使っている時間を丸ごと削減できるのならば、毎日30分から1時間くらい時間を作ることができるので本当に違いますよ。

手を痛めなくて済む

洗い物をすると手の油分がなくなって、手が荒れてしまいますよね。特に冬だと乾燥もするので大変です。

食洗器があれば手へのダメージもかなり緩和されるはずです。

手洗いより衛生的

食洗器は高温で洗った後に高温で乾燥させます。これによって食器はとても衛生的な状態になるんです。

手洗いの場合、スポンジ自体が菌だらけの可能性が高いですし、生乾きの食器は雑菌が付着しやすいので、食洗器と比べると衛生的ではありません。

食事をするときにパリパリに乾いた無菌の食器か、生乾きで菌だらけの食器のどちらを使いたいか聞かれたら間違いなく前者と答えますよね。

いろんなモードがある

食洗器にはスイッチを押して決められた時間が経ってから食器洗いを開始する「予約モード」があります。

夜は電気代が安くなるので、食洗器に食器をセットだけして置き、予約モードで電気代が安い時間になったら運転が開始されるようにすることができます。

他にも、乾燥だけできるモードがあったりします。

わざわざ食洗器を使うまでもない量の食器を手洗いした時に、食洗器に入れて乾燥だけかければ衛生的です。

食洗機のデメリット

食洗器専用の洗剤がいる

私は家を買ってから初めて食洗器デビューしたので知らなかったのですが、食洗器には専用の洗剤があるんです。

というのも、普通の洗剤を使うと泡が溢れ出してしまうんだとか。そんなの見たら発狂しちゃいますよ(笑)

ですので、食洗器用の洗剤と、ちょっとだけ洗う用として普通の洗剤も買っています。

2種類の洗剤を買うのは少し面倒だったります。

食洗機用キュキュットウルトラクリーン 本体(480g)【キュキュット】

場所を取る

ビルトインタイプの食洗機でない場合、結構な場所を取ります。

設置場所は主にキッチンになりますが、食洗機を置いたことによってまな板を置いて包丁を使うスペースがなくなるかもしれません。

私の場合、ビルトインタイプの食洗機を使っていますが、アパート時代は食器乾燥機をまな板を置くスペースに設置していたので料理が大変でした。

シンクのタライの上にまな板を置いて野菜を切るのってすごい腰が疲れるんです。

ビルトインタイプでない食洗機の場合は、キッチンのスペースにゆとりがある場合がいいです。

電気代がかかる

食洗機を使うと手洗いの時よりも電気代がかかります。それを気にされる方って結構いると思うんです。

しかし、前述したように予約モードで夜間に稼働させるようにすれば電気代は誤差の範囲内かなと思います。

また、食洗機は効率的に水や洗剤を使って洗ってくれるので、手洗いの時より水道代や洗剤代は少なくなるはず。

ここに作業時間の削減というメリットが入ってくるので、総合的にみたら電気代は気にならないのかなと感じています。

高くて手が出ない

食洗機を買うということは、手洗いで発生しなかったお金を家電に使うということです。

各家庭によって判断基準は変わりますが、手洗いならずっとタダなのでお金に対してシビアになる気持ちはよく分かります。

試しにAmazonで無難なメーカーであるパナソニック製の食洗機を見てみると、6万円台が多い印象です。

NP-TA2-W パナソニック 食器洗い乾燥機(ホワイト) 【食洗機】 Panasonic

取り付け代も込みで6万円くらいに抑え、10年使えるとすると、

  • 1年あたり6,000円
  • 1ヶ月あたり500円
  • 1日あたり16円

これだけ掛かる計算に。

これを安いと見るか高いと見るかが全てかと思います。

月に1回コンビニ弁当を我慢するくらいの金額で楽できるなら購入するのはありだと思います。

まとめ:デメリットもあるが、毎日とても快適になる

今回は、実際に使ってみて感じた食洗機のメリット・デメリットを紹介していきました。

特に子持ち家庭の場合は毎日時間がカツカツなので、少しでも道具に頼ったほうが限りある時間を有意義に使うことができますよ。

デメリットもいくつか紹介しましたが、実際に使ってみると、それが気にならないくらいのメリットがあります。

特に私がメリットに感じているのは「時間の確保」です。

実際こうやってブログが書けるのも食洗器があるからなのは明白ですからね。

これから家を建てる方はビルトインタイプ、今住んでいる家に欲しい方は据え置きタイプ、どちらにしても食器洗いの概念が大きく覆るので是非お試しあれ!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

NP-TA2-W パナソニック 食器洗い乾燥機(ホワイト) 【食洗機】 Panasonic

【ラグビーW杯2019】見逃し配信・リアルタイム配信おすすめランキング

ラグビーワールドカップの見逃し配信・リアルタイム配信に対応している動画配信サービスの中から「これを使えば間違いない」と言えるものをランキング形式で紹介します。(※日本戦が一部しか放送されない日本テレビとNHKは対象外です。)

DAZN(見逃し配信)

スポーツ動画配信サービス最大手の「DAZN」はラグビーW杯の全48試合を見逃し配信(ハイライト)しています。

スマートフォンやタブレットでも視聴できるので、試合を観戦するのに場所や時間を問わず、加入手続きも簡単です。また、無料体験期間が1ヶ月間と長く、途中解約しても料金は発生しないので気軽にお試しすることが可能です。

 

評価
月額 1,750円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 全48試合
配信形式 見逃し配信(ハイライト)

DAZN公式ページ

J SPORTS(リアルタイム配信)

スカパーチャンネルの1つである「J SPORTS」はラグビーW杯の全48試合をリアルタイム配信しています。

月額が高いことや、無料体験期間中に解約できないこと、加入手続きが少し面倒なデメリットはありますが、全48試合をリアルタイム配信しているのは「J SPORTS」だけです。

 

評価
月額 基本料390円+チャンネル料2,286円=2,676円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約はできない)
配信試合数 全48試合
配信形式 リアルタイム配信

J SPORTS公式ページ

Hulu(リアルタイム配信)
hulu

動画配信サービス最大手の「Hulu」はラグビーW杯の19試合をリアルタイム配信しています。(日本戦は全て放送)

19試合の内、7試合はマルチアングル配信されるので、画面越しでも会場にいるような体験が可能です。

月額が最も安く、ドラマや映画、アニメも見放題なのでラグビー以外を目的に加入する選択肢もあります。

 

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 19試合(日本戦全試合含む)
配信形式 リアルタイム配信(内7試合はマルチアングル配信)

Hulu公式ページ