エンタメ

【すべらない話2019】MVSは誰?ネタの内容と感想を出演者別に紹介

2019年1月12日、21時からフジテレビ系列で「人志松本のすべらない話」が放送されましたね。

松本さん素直じゃないな~。見てほしいって言えばいいのに(笑)

そこで今回は、誰がMVSだったか、ネタの内容や感想について出演者別にまとめていきます。

▼過去のMVS(MVP)まとめはこちら

【すべらない話】歴代MVS(MVP)が誰か+エピソード+放送日一覧まとめ【最新版】2004年に深夜放送としてスタートした「人志松本のすべらない話」は、2019年1月12日の放送で33回目になりました。 https...

 

過去の「すべらない話」を見るには

これまで放送された「すべらない話」を見るには、フジテレビが運営する「FODプレミアム」がおすすめです。1ヶ月の無料期間中に見尽くそう!

→ FODプレミアム

FODプレミアムを無料体験する

※初回1ヶ月以内に解約すれば料金は発生しません

出演者

2019年1月12日放送の「人志松本のすべらない話」出演者は以下の通りです。

  • 松本人志(MC)
  • 千原ジュニア
  • 宮川大輔
  • 小藪千豊
  • アインシュタイン・稲田直樹(初登場)
  • 三四郎・小宮浩信(初登場)
  • 霜降り明星・粗品(初登場)
  • 千鳥・ノブ(初登場)
  • かまいたち・濱家隆一(初登場)
  • 平野ノラ(初登場)
  • 和牛・水田信二(初登場)
  • 四千頭身・後藤拓実(初登場・勝ち抜き出演)
  • ダブルヒガシ・大東翔生(初登場・勝ち抜き出演)
  • かごしま太郎(初登場・勝ち抜き出演)

以上、出演者は合計14名。

その内、初参加は10名。さらに初参加10人の中には各地でオーディションを勝ち抜いた参加者が3名います。

今回は新しい顔ぶれが多いね!何年経ってもマンネリせずに見れるのはありがたいな~!

MVSは?

2019年のすべらない話。記念すべきMVS(Most Valuable すべらない話)は、アインシュタイン・稲田直樹さんの「女装メイクの話」でした。

ネタの内容や感想については後述します。

ルール

今回のルールは、レギュラー陣である、

  • 松本人志さん
  • 千原ジュニアさん
  • 宮川大輔さん
  • 小藪千豊さん

以上の4名に限り、サイコロで「★」が出た場合のみ「すべらない話」を披露するというものでした。

この4名は毎回出演していて、ネタも尽きてきていることからの配慮かと思われます。

また、「★」が出た場合、喋りたいゲストが「すべらない話」を披露するのは問題ありません。

すべらない話の順番とタイトル

すべらない話の順番とタイトルは以下の通りです。

①千鳥・ノブ 「息子の知育玩具」
②かまいたち・濱家隆一 「山岳ロケ」
③和牛・水田信二 「携帯ショップにて」
④三四郎・小宮浩信 「お坊ちゃま学校」
⑤三四郎・小宮浩信 「えっちなお店」
⑥松本人志(★) 「ディズニーランドにて」
⑦和牛・水田信二 「タクシーから見た犬」
⑧ダブルヒガシ・大東翔生 「父親vs魔裟斗」
⑨千鳥・ノブ 「巨大イノシシロケのD」
⑩四千頭身・後藤拓実 「妹のお土産」
⑪霜降り明星・粗品 「新幹線のシート」
⑫霜降り明星・粗品 「相方せいや」
⑬宮川大輔(★) 「原西さんの実家」
⑭かごしま太郎 「3人の姉」
⑮かまいたち・濱家隆一 「母」
⑯アインシュタイン・稲田直樹 「女装メイク」※MVS
⑰四千頭身・後藤拓実 「マックのバイト」
⑱千原ジュニア(★) 「酔っ払い」
⑲かまいたち・濱家隆一 「母の香水」
⑳ダブルヒガシ・大東翔生 「アサジマ君」
㉑平野ノラ 「マネージャー オダジマ君」
㉒三四郎・小宮浩信 「奇病」
㉓かごしま太郎 「長渕さんのライブ」
㉔平野ノラ 「マネージャー オダジマ君②」
㉕小藪一豊(★) 「マッサージの仙人」

出演者別「すべらない話」感想

ここからは出演者別で「すべらない話」の感想をまとめていきます。

アインシュタイン・稲田直樹

「女装メイク」

見事、記念すべき「MVS」に輝いた話。

▼「女装メイク」の詳しい内容と感想はこちら

【すべらない話】2019年MVSアインシュタイン稲田「女装メイク」の内容まとめ2019年1月12日、21時からフジテレビ系列で「人志松本のすべらない話」が放送されましたね。 その中でも、めでたくMVS(Mos...

稲田さんが女装ライブに出演した時の話で、他の芸人さんの女装が着々と進んでいく中で、稲田さんの女装だけがまったく進まないことや、学生さんが稲田さんをメイクすることに匙を投げ、

「先生、これって成績に入るんですよね」と本心が出てしまったのが面白かったです。

エンディングトークの、おでこの色は「瓶覗(かめのぞき)」ってなんですか!?(笑)

失礼ながら、稲田さんの容姿だからこそ、情景が頭にスッと浮かんできて最高でした!

松本人志(★)

「ディズニーランドにて」

トイレで洗った手を汚したくない男の子が、トイレの床を滑り、トイレで手を洗わなかった少年に抱き着く展開。

今回はイマイチでした(汗)松本さんならではのクスっとできる切り口は多々ありました。

千原ジュニア(★)

「酔っ払い」

ジュニア自身の心理状況が臨場感を込めて語られていました。

「番組やCMが打ち切られる」がリアルに聞こえましたし、ジュニアさんらしく間の使い方が上手かったです。

テンポはよかったけど、笑える要素が少なかったな~(汗)

宮川大輔(★)

「原西さんの実家」

原西さんの実家にあるものがいちいち貧しさを感じさせるという話。

賛否両論ありますが、私は宮川さん独特の擬音が好きです(笑)

「ちょっと」とか「なんか」とかザックリした表現がなぜか面白いんだよね

小藪千豊(★)

「マッサージの仙人」

「ゴッドハンドの師匠」「仙人みたいなオーラ」など、小藪さんらしいワードに引き込まれていきます。

小藪さんの話は少し長いけど、複線が一気に回収されるのがたまりません。

「てめえでふぐり痛めてりゃ世話ねえわな」

このオチで一気に持っていかれました(笑)

小藪さんは安定して面白いね

三四郎・小宮浩信

「お坊ちゃま学校」

学校で「藤井フミヤさんを見た」「運動会に竹中直人さんがいる」など、小宮さんが中学、高校と通っていた「成城学園」についての話。

「お坊ちゃま学校」の詳しい内容と感想はこちら

【すべらない話】2019年三四郎小宮「お坊ちゃま学校」の内容まとめ「田代タツヤ(ターシー)」詳細2019年1月12日、21時からフジテレビ系列で「人志松本のすべらない話」が放送されましたね。 その中で、MVS(Most Val...

同級生で小宮さんと一緒に留年したのが「田代まさしの息子」の時点で笑えましたが、その息子が二世であることを隠してバンド活動しているのに、バンド内での愛称が「ターシー」って(笑)

登場人物が豪華すぎていろいろズルい(笑)

「えっちなお店」

えっちなお店に行った小宮さんと嬢との掛け合いが最高でした。

「ブログに載せたい」をしつこく言う嬢に対して、「イニシャルならいいよ」と答える小宮さん。その後、ブログを見ると「三四郎のKさんが来てます」

バレてるって(笑)

展開が読めたとしても結局おもしろい話でした

「奇病」

馬と老犬しかかからない奇病になったけど、医者に渡された薬を飲んだらあっさり治ってしまったという話なのに、小宮さんの話し方だけで何十倍も楽しめました。

他の2つの方が面白かったよ

霜降り明星・粗品

「新幹線のシート」

新幹線で椅子を倒そうとしたら「ごめんなさい」と後ろのおばさんに断られる話。

…なんですが、そこから話が二転三転し、現場での緊張感が伝わるくらい粗品さんのトークの持っていき方が上手かったです。

これが「MVS」でもおかしくないくらい面白かった

「相方せいや」

なんでもすぐに失くす相方についてのエピソード。

▼「相方せいや」の詳しい内容と感想はこちら

【すべらない話】2019年霜降り明星粗品「相方せいや」の内容まとめ2019年1月12日、21時からフジテレビ系列で「人志松本のすべらない話」が放送されましたね。 その中で、MVS(Most Val...

相方のせいやさんと一緒にマジックショーを見に行き、本来マジックで驚くべきポイントと、せいやさんが驚くべきポイントがズレまくりなのが面白かったです。

せいやさんネタもっとありそうですね。次回の参加にも期待できます!

千鳥・ノブ

「息子の知育玩具」

息子に賢くなって欲しいと、7万円もする知育玩具を海外から取り寄せたのにも関わらず、「将来何になりたい?」と聞いたら「ネコ」と答えるオチ(笑)

オプション品まで買って14万円も使ったのにネコって(笑)

14万円をわかりやすく「高卒初任給ですよ」と例えたところも面白かったです。

ノブさんの例えはさすが!

「巨大イノシシロケのD」

イノシシの大きさを「ワゴンR」や「アルファード」に例えたのが面白かったです(笑)

そもそもディレクター自身がかなりの面白人物。

かまいたち・濱家隆一

「山岳ロケ」

カメラマンが崖から落ちてしまった緊迫した場面からの笑いを隠せなくなる発言の連発。

「まさゆきで~す」「森まさこのまさで~す」でかなり笑えましたが、「ゆきってどんな字ですか?」からの「しあわせで~す」が絶妙なオチになっていました。

崖から落ちたのに「しあわせで~す」って(笑)

「母」

男性のアレ」を散々ぼかしていたのに、結局最後には意味がなくなったという話。最後に複線を一気に回収するのが得意な印象を受けました。

「母の香水」

母に香水をかけられた話。

親子愛を感じるハートフルな話でした。

平野ノラ

「マネージャー オダジマ君」

可愛い女の子を意識しすぎるオダジマ君のエピソード。

オダジマ君に終始イライラする話です(笑)

オチの「ぽ、と言ったんですよ」までの間の取り方や声のトーンの緩急が良かったです。

「マネージャー オダジマ君②」

マネージャーのオダジマ君が飛行機でポテトチップスをトングで食べる話。

「そんなにおいしくないですよ」がオチ。

やや物足りなかったけどオチが良かった

和牛・水田信二

「携帯ショップにて」

携帯ショップでのトラブル話。

オチが弱かったので水田さんを初めて見る人はやや物足りなかったけどかもしれません。

水田さんらしいせこさが出てました!

「タクシーから見た犬」

発情した犬を見たタクシーの運転手さんの話。

少しテンポが悪くてこちらもイマイチでした。

四千頭身・後藤拓実

「妹のお土産」

独特のテンポが印象的。

「ひと口食べてくださいの巨大版」というツッコミがボケに対するわかりやすい説明になっていて良かったです。

オチが弱かったです。

「マックのバイト」

休憩中にチキンマックナゲット100問クイズに実は全問正解していたというオチ。

こちらも全体的に話が弱かったけれど、後藤さんの独特のテンポで面白く聞けました。

ダブルヒガシ・大東翔生

「父親vs魔裟斗」

激戦のオーディションを勝ち抜いてきただけあって、安定したテンポで笑いを取っていました。

「途中で作るのをやめられた銅像」という例えが秀逸。

「こんなことになるんなら、カニ食うときゃよかった」のオチで大爆笑取られました。

「アサジマ君」

成人式でのアサジマ君の話。

「アスファルトと俺で顔がサンドイッチになって」など、分かりやすいか例えと身振り手振りがマッチして笑えました。

アサジマ君の「プップー」に対する「蒸気機関車はポッポーやろ」のオチでしっかり盛り上がり、それまでにもこまめに笑いを取っていて初参加なのにしっかりと結果が出ていました。

例えも話のリズムもよかったです!初登場ながら笑わしてもらいました!

かごしま太郎

「3人の姉」

かごしま太郎とあるだけに方言交じりでしたが、「キャバ嬢、キャバ嬢、ガールズバー」のつかみが最高でした。

ちょっと早めのテンポで喋るので、話がスッと耳に入ってくる感じです。コーヒー100円とチャージ2,500円の落差に笑ってしまいました。

「長渕さんのライブ」

かごしま太郎ではなく、長渕剛になりきっていました(笑)

勢いがあって面白い方でした。今後の登場に期待です!

まとめ

今回は、2019年1月12日に放送された「人志松本のすべらない話」で、誰がMVSだったか、ネタの内容や感想について出演者別にまとめていきました。

今回は初参加の方が多く、マンネリ対策もしっかりされていながら、初参加の方の面白さも申し分ありませんでした。

MVSはアインシュタインの稲田さんでしたが、その他の参加者も面白かったです。

個人的には霜降り明星の粗品さんが面白かった。相方さんのネタもまだまだ持っていそうなので今後も参加してくれるのに期待です。

今後の開催も変わらず楽しめそうです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

過去の「すべらない話」を見る方法

過去に放送された「すべらない話」を見るには、フジテレビが運営するVODサービス「FODプレミアム」を使うのがおすすめです。

  • HERO
  • 踊る大捜査線
  • コードブルー
  • 昼顔

などなど、フジテレビの伝説的ドラマから最新のドラマまで思う存分楽しむことができます。

そして、一番の特徴は料金について。

FODプレミアムは月額888円なのに対し、毎月1,300ポイントもらえるんです。

払ってる額より、もらってる額の方が多い!?

ポイントは8日、18日、28日はログインすればもらえます。

もらったポイントは、映画を見たりマンガをお得に購入するのに使えます。また、70種類の人気雑誌が読み放題です。

ドラマを見るより雑誌や漫画を読むのに使ってるかも

電子書籍は20%ポイント還元なので、Kindleよりもお得に購入できます。

月額 888円(税抜)※毎月1,300ポイント付与
無料期間 初回1ヶ月
作品数 20,000本以上
ダウンロード 不可
特徴 雑誌が読み放題、漫画を購入すると20%ポイント還元

FODプレミアムを無料体験する

※初回1ヶ月以内に解約すれば料金は発生しません

おすすめVODランキング

数あるVOD(ビデオオンデマンド)サービスの中から、私が実際に使ってみて良いと思ったものをランキング形式で紹介します。

Hulu
hulu

作品数と月額のバランスが最も良いのが「Hulu」です。

国内・海外問わずドラマが豊富で、アニメにも力を入れています。特に海外ドラマは先行配信に期待ができます。

また、日本テレビ系列の会社が運営しているため、「名探偵コナン」など、日テレで放送されている作品が他社より充実しています。

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間
作品数 50,000本以上

公式ページ

U-NEXT
U-NEXT

圧倒的作品数を誇るのが「U-NEXT」です。

月額がやや高いですが、毎月付与される1,200円分のポイントを月額から相殺したり、動画のレンタルや電子書籍版の雑誌・漫画の購入に使ったりできるのが特徴です。

ディズニーやア〇ルト動画を見れるのも他社とは一線を画します。

評価
月額 1,990円(税抜) ※毎月1,200円分のポイントが付与される
無料期間 31日間
作品数 見放題作品90,000本、レンタル作50,000本

公式ページ

プライムビデオ

動画本数こそ劣るものの、圧倒的コストパフォーマンスを誇るのが「Amazonプライムビデオ」です。

というのも、プライム会員のおまけで動画見放題も付いてくるので、おまけ要素なのに豪華すぎるのが実際のところ。

プライム会員では、配送料や時間指定などが無料なことに加え、音楽が聴けるサービスなんかもあります。おまけでドラマや映画、アニメがこれだけ見れるのは凄いですよね!

評価
月額 408円(税抜)
無料期間 30日間
作品数 2,000本以上

公式ページ