レビュー

Surface Goの純正タイプカバーでF5やF7などのFnキーをロックする方法

先日、念願だった「Surface Go」を購入した記事を書きましたが、初の2in1PCということでタイプカバーの操作面で分からなかったがちらほらあります。

そのひとつが

  • F5を押しても「更新」にならない
  • F7を押しても「全角カタカナ変換」にならない
  • F12を押しても「名前を付けて保存」にならない
  • その他Fnキーを押しても別の動作をしていることになる

これら、Fnキーが思った反応をしないという点です。

そこで今回は、Surface Goの純正タイプカバーでF5やF7などのFnキーをロックする方法について紹介していきます。

今回の内容はデスクトップPCやノートパソコンしか使ったことがない人、簡単な操作しか知らない人向きです。

Fnキーをロックする方法

操作は知ってしまえば簡単すぎます。

まずは何も設定していない状態がこちらの画像のようになります。

 そして、以下の画像のように「Fn」キーを押すと

「Fnキー」が光ります。

これが「Fnキーをロックされている状態」=

  • F5を押しても「更新」
  • F7を押しても「全角カタカナ変換」
  • F12を押しても「名前を付けて保存」
  • その他Fnキーによる効果が有効

となります。

そもそもFnキーって

ファンクションキーとは、コンピューターの様々な機能や動作を限られたキーボードのスペース内で設定することができる汎用のキーを言います。

Windowsだとキーボードの上に「F1」から「F12」までのキーがありますよね。あれのことです。

私の感覚だと、設定を何もしない状態で

  • F1:ヘルプを表示する
  • F2:ファイル名を変更する
  • F3:ファイルやフォルダを検索する
  • F4:アドレスバーの一覧を表示する
  • F5:表示内容を更新(最新化)する
  • F6:文字入力を平仮名にする
  • F7:文字入力を全角カタカナにする
  • F8:文字入力を半角カタカナにする
  • F9:文字入力を全角アルファベットにする
  • F10:文字入力を半角アルファベットにする
  • F11:ウィンドウを全画面表示させる
  • F12:Officeで名前をつけて保存する

これらの操作ができると思っていたのですが、タイプカバーはそうではなく、「Fnキー+F〇(数字)」でできる

Fn+F1:画面の明るさ調節(※キーボードによって数字と内容の組み合わせが異なる)

などの操作が優先されているようです。

よって、「Fnキー」が光っている状態にすると、よく使う方の設定にできます。

Fnキーはパソコンに詳しくない限り、全員が全員何かを答えられるわけでもないので、当たり前に使っていたF5の更新などが思いがけない形で使えないと焦りますよね。

私も最初は

あれ?F7押してもカタカナにならないぞ

と焦りましたから(笑)

まとめ

今回はSurface Goの純正タイプカバーでF5やF7などのFnキーをロックする方法について紹介していきました。

悩んだ末の「Fnキーを押して光った状態にする」が答えだったとは(笑)

パソコンのことを理解している人が見たら笑われそうな内容ですが、毎日Excelを触ったりブログを書いたりしている私もイマイチ分かっていませんでした(笑)

それくらいFnキーは当たり前ってわけでもないのかもしれません。

最初は

純正タイプカバーってもしかして使いにくい?

なんて思ってましたが、無知の私が悪かったようです。

同じように、タイプカバーにイマイチ慣れていない方の参考になれば幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

会社員ブロガーが念願のSurface Goを購入!どんな用途の人が買うべきか考えてみる。 先日ツイッターでつぶやいた通りですが、ついに念願だった「Surface Go」を購入しました。 Surface Go届いた...
【ラグビーW杯2019】見逃し配信・リアルタイム配信おすすめランキング

ラグビーワールドカップの見逃し配信・リアルタイム配信に対応している動画配信サービスの中から「これを使えば間違いない」と言えるものをランキング形式で紹介します。(※日本戦が一部しか放送されない日本テレビとNHKは対象外です。)

DAZN(見逃し配信)

スポーツ動画配信サービス最大手の「DAZN」はラグビーW杯の全48試合を見逃し配信(ハイライト)しています。

スマートフォンやタブレットでも視聴できるので、試合を観戦するのに場所や時間を問わず、加入手続きも簡単です。また、無料体験期間が1ヶ月間と長く、途中解約しても料金は発生しないので気軽にお試しすることが可能です。

 

評価
月額 1,750円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 全48試合
配信形式 見逃し配信(ハイライト)

DAZN公式ページ

J SPORTS(リアルタイム配信)

スカパーチャンネルの1つである「J SPORTS」はラグビーW杯の全48試合をリアルタイム配信しています。

月額が高いことや、無料体験期間中に解約できないこと、加入手続きが少し面倒なデメリットはありますが、全48試合をリアルタイム配信しているのは「J SPORTS」だけです。

 

評価
月額 基本料390円+チャンネル料2,286円=2,676円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約はできない)
配信試合数 全48試合
配信形式 リアルタイム配信

J SPORTS公式ページ

Hulu(リアルタイム配信)
hulu

動画配信サービス最大手の「Hulu」はラグビーW杯の19試合をリアルタイム配信しています。(日本戦は全て放送)

19試合の内、7試合はマルチアングル配信されるので、画面越しでも会場にいるような体験が可能です。

月額が最も安く、ドラマや映画、アニメも見放題なのでラグビー以外を目的に加入する選択肢もあります。

 

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 19試合(日本戦全試合含む)
配信形式 リアルタイム配信(内7試合はマルチアングル配信)

Hulu公式ページ