ストレスでため息が出た時、人に迷惑をかけずに止める方法を提案します!


スポンサードリンク


こんにちは、マツコ・ミニマムです。

毎日生活をしている中で、ため息って出ることありませんか?

ちなみに、私はめちゃめちゃため息が出る方で、新手の呼吸法なんじゃないかってくらいため息ついては息吸っての繰り返し(笑)

仕事でイライラ~!!カリカリ~!!

からのため息。

家にいてもため息つきまくりで、

嫁マムからは「ため息~」って言われちゃいます。

ため息って少なからず人に迷惑をかけちゃうんですよね。

 

そこで今回は、人に迷惑をかけずにため息を止める方法を提案します!

そもそもため息ってなんで出るの?

そもそも、ため息って何で出ると思いますか?

「ストレスを感じるからに決まってるじゃん!」という意見がでそうですが、ここではもう少し掘り下げて説明していきます。

酸素を取り込むため

実はため息って、体に酸素を取り込むために出るんです。

例えば、ストレス状態にある時、人は自然と姿勢が前のめりになります。すると、呼吸した時に体に入ってくる酸素が減るので、徐々に体が酸欠状態に陥るんです。

他にも、緊張する場面、仕事が忙しくてバタバタしているときなど、「自然体でない状態」の時は酸欠状態になっている可能性があります。

そして、酸欠状態に陥ると、体の中では疲労物質が蓄積してしまうのです。

つまり、ため息をすることで、体に一気に酸素を取り込み、酸欠状態を解消しているんです。

神経のバランスを保つため

通常、人間は自律神経のバランスがとれています。

しかし、それがストレスなどの理由で乱れると、自律神経の交感神経と副交感神経の内、交感神経だけが優位に働いてバランスが保てなくなってしまいます。結果、体に様々な不調が出てきてしまうのです。

そんな時、ため息がまさかの活躍をするんです。

実はため息は交感神経の興奮を抑え、副交感神経が働くようにする作用があるとされています。ため息をするとホッとするのはこれが理由だったんですね。

ため息をつくメリット

人間は呼吸をするたび、脳の扁桃体と呼ばれる部位でネガティブな感情を感じます。

しかし、ため息をすることでゆっくりとした呼吸になるので、通常よりも呼吸の回数が減り、ネガティブな感情を感じる回数を減らすことができるのです。

つまり、「ゆっくり呼吸すること」が重要だったんです。

いいことばっかりじゃん!でも迷惑かけちゃうから止めたい

そう、ため息って改めて意味を調べてみるといいこと尽くしなんです。

でも、ため息ばっかりしてると注意されたり、白い目で見られたり、矛盾してますよね。

そこで私が人に迷惑をかけない方法を提案します。

…って前置き長すぎっ!(笑)

人に迷惑をかけずにため息を止める方法

ごまかす

外国人って、仕事中でも鼻歌を歌ったり、席を自由に立ったり、かなり自由だって知っていますか?

でも日本はじっと座ったままのデスクワークでストレス溜まりまくりです。

そこで、ため息がでる瞬間に

「はぁ…ぁぁぁなび(花火)が楽しみだな~」

とか、

「はぁ…っぴー(ハッピー)だ今日は」

とかとか、

「はぁ…ッピーバースデイトゥーユー」

とかとかとか…

かな~り強引ですが、なんとしてでもため息しない姿勢をとってみるのはいかがでしょう。

場所を離れて全力でため息する

人に迷惑をかけなければいいんですよね。だってため息そのものは体にいいんだし。

ということで、その場から離れて、ひとりで思いっきりため息をしてみるのはいかがでしょうか。

全力でため息をすることで、前述した神経的なことや、酸素的なことも一気に解決し、ストレスもため息と一緒にまとめて吐き出してしまいましょう。

周りにもため息を提案してみる

これは完全に逆の発想!

いっそ、周りにもため息を勧めてみるってのはどうでしょうか。

実際、ため息が体のためってのは前述した内容で証明されています。ですので、この内容を周りにも伝えまくって、ため息を正当化してみるのも一つの手だと思いませんか?

 

…少しネタっぽいけど、2つ目はまともに書いたつもりですよ!(笑)

まとめ

ため息って、するとスッキリした気分になる代わりに、嫌な目で見られますよね。ホント矛盾してると思います。

「ため息=良くないイメージ」

だからため息するとネガティブなことを言われてしまうんですよね。

「幸せ逃げるよ」

とかね。…って余計なお世話だわっ!(笑)

でも実際はとっても体のためになるんです。精神科とかでは、むしろため息を推奨してるそうですよ。

まとめると、

「人に迷惑をかけず、ため息はしっかりしよう」

ってことになりますね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。



スポンサードリンク



スポンサードリンク



いいねと思ったらSNSでシェア!

関連記事 こちらの記事もオススメです。



誰でも簡単に本格的なブログが作れる「STORK」






誰でも簡単にブログが作れるワードプレスのテーマ「STORK」を私も使っています