WordPress

TCDテーマ「CORE」でAddQuicktagを使うならTCD独自機能を有効活用しよう

今回はTCDのテーマ「CORE」でAddQuicktagを使う時に知っていると便利な機能について紹介していきます。

私のTCDカスタマイズ備忘録も兼ねているので同じような環境の方の参考になればと思います。

AddQuicktagとは?

あなたはワードプレスで記事を書く際、ちょっとした見出しや囲い線のために毎度毎度ショートコードやタグを入力していませんか?それってかなり面倒くさいですよね。

そこで便利なのが「AddQuicktag」というプラグインです。

このプラグインは入力するのが面倒くさいコードを事前に登録しておける便利なものです。

例えば、私が記事内でよく使っているこの青い囲み線も…

↑自力で入力するとこんなにも大変なのです。ちなみに私はこんなもの暗記できません(笑)

そこでAddQuicktagを使えば事前にコードを入力しているのでボタン一発で記事が思いのままにレイアウトできるようになります。

AddQuicktagにも欠点がある

こんなにも便利なAddQuicktagですが、唯一欠点があるとすれば「自分でコードを調べて登録しないといけない」ということです。

それくらい努力しろよ~と思う方もいると思いますが、「コード?何それおいしいの?」という方も中にはいるので今回の記事内では欠点とさせていただいます。

TCDのテーマ購入者ならAddQuicktagにTCD独自機能を搭載できる

自分でコードを調べて登録しないといけないというのがAddQuicktagの唯一の欠点とお話ししましたが、実はTCDのテーマ購入者にはその欠点を補う「ある特典」がもらえるんです。

その特典とは、「AddQuicktag設定ファイル」というもので、ダウンロードサイトから手に入れる事ができます。

これを使うとAddQuicktag内にTCDが用意したショートコードやタグが自動で入力されます。

手順①:AddQuicktagをインストールする

ダッシュボード左メニュー「プラグイン」→「新規追加」から「AddQuicktag」と入力して検索します。

上記の赤枠で囲ったものが「AddQuicktag」です。「いますぐインストール」をクリックして、インストールが完了したら「有効化」を押しましょう。

手順②:設定ファイルをダウンロードする

TCDの各テーマを購入した際にメールで送られてくるリンクからダウンロードサイトにアクセスします。

そこからAddQuicktag設定ファイル(zipファイル)をダウンロードしてください。

手順③:設定ファイルをインポートする

手順②でダウンロードしたzipファイルを解凍すると「addquicktag.-tcd-all.json」というファイルが入っています。

ダッシュボード左メニュー「設定」→「AddQuicktag」を開くと「ファイルのアップロード・インポート」というボタンがあるので、その画面で設定ファイルを指定してください。

無事インポートが完了すると以下のような画面になります。

これで作業は完了です。

手順④:実際に使う

ではさっそく登録されたコードを使ってみましょう。

記事作成画面に「Quicktags」というボタンがあります。これがAddQuicktagのプラグインを入れた事で使えるようになったボタンです。

 

ボタンを押すと上の画像のように項目が出てきます。一部私が個人で作ったものもありますが、最初から多種多様なコードが入っています。

例えば「フラットボタン」を押すとこのようになります。

 

他にも見出しや囲み枠、Youtube動画のレスポンシブ表示など様々な機能があるので試してみて下さい。

以下のページでどんな機能があるか見本を見る事ができます。

記事の装飾をより美しくするためのTCD独自機能「クイックタグ」一覧

 

今回の方法は仮に気に入るものがない場合も、通常のAddQuicktagの使い方で好きなコードを登録するだけなので知っていて損がありません。是非お試しください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


当ブログでは TCDのWordPressテーマ「CORE」を使用しています。

WordPressテーマ「CORE (TCD027)」
【ラグビーW杯2019】見逃し配信・リアルタイム配信おすすめランキング

ラグビーワールドカップの見逃し配信・リアルタイム配信に対応している動画配信サービスの中から「これを使えば間違いない」と言えるものをランキング形式で紹介します。(※日本戦が一部しか放送されない日本テレビとNHKは対象外です。)

DAZN(見逃し配信)

スポーツ動画配信サービス最大手の「DAZN」はラグビーW杯の全48試合を見逃し配信(ハイライト)しています。

スマートフォンやタブレットでも視聴できるので、試合を観戦するのに場所や時間を問わず、加入手続きも簡単です。また、無料体験期間が1ヶ月間と長く、途中解約しても料金は発生しないので気軽にお試しすることが可能です。

 

評価
月額 1,750円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 全48試合
配信形式 見逃し配信(ハイライト)

DAZN公式ページ

J SPORTS(リアルタイム配信)

スカパーチャンネルの1つである「J SPORTS」はラグビーW杯の全48試合をリアルタイム配信しています。

月額が高いことや、無料体験期間中に解約できないこと、加入手続きが少し面倒なデメリットはありますが、全48試合をリアルタイム配信しているのは「J SPORTS」だけです。

 

評価
月額 基本料390円+チャンネル料2,286円=2,676円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約はできない)
配信試合数 全48試合
配信形式 リアルタイム配信

J SPORTS公式ページ

Hulu(リアルタイム配信)
hulu

動画配信サービス最大手の「Hulu」はラグビーW杯の19試合をリアルタイム配信しています。(日本戦は全て放送)

19試合の内、7試合はマルチアングル配信されるので、画面越しでも会場にいるような体験が可能です。

月額が最も安く、ドラマや映画、アニメも見放題なのでラグビー以外を目的に加入する選択肢もあります。

 

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 19試合(日本戦全試合含む)
配信形式 リアルタイム配信(内7試合はマルチアングル配信)

Hulu公式ページ