WordPress

TCDテーマ「CORE」で記事下にアドセンスを貼る方法

スポンサードリンク
スポンサードリンク

こんにちは、マツコ・ミニマムです。

今回はTCDのテーマ「CORE」で記事下にアドセンスを貼る方法について紹介していきます。

私のTCDカスタマイズ備忘録も兼ねているので同じような環境の方の参考になればと思います。

アドセンスを記事下に貼る方法

WordPress管理画面から「外観 > テーマの編集」へと進み、「single.php」を開きます。

次に、F3キーで以下の文字を検索してください。

この文字列の中の6行目「 <?php endif; ?>」と8行目「 <?php endwhile; endif; ?>」の間にアドセンスコードを貼ってください。

一番下の行の「related post」とは関連記事のことを指し、広告を記事下、関連記事の上に表示していきます。

この画像のようにコードを貼ればOKです。

ちなみに、アドセンスコードを「<div align=”center”></div>」で挟むことで広告を中央寄せすることができます。

規約上、アドセンスコードには「スポンサードリンク」を必ず明記するようにしてください。

これも同様に<div align=”center”>と</div>で挟めば中央寄せすることができます。

 

正しくコードが貼り付けられると以下の画像のようになります。

無事に記事下、関連記事の上に広告を表示できました。

記事下、SNSボタン上にアドセンスを貼る場合

上記の方法だと記事下にアドセンスコードは貼れているものの、SNSボタンと前後の記事より下に広告が表示されています。

私の場合、SNSボタンの真上にアドセンスコードを貼ると圧迫感が出るので、少しだけ離したこの位置がお気に入りなのですが、記事の真下の広告を表示したい方もいるかと思います。

そんな方は以下のコードをF3キーで検索し、「</div>」と 「<!– sns button bottom –>」の間にアドセンスコードを貼ってください。

しかし、ただ貼るだけだと広告とSNSボタンが重なってしまいます。

その場合は、改行を表す「<br />」をアドセンスコードの下に記述することで解決できるので試してみて下さい。

まとめ

今回はアドセンスを記事下に貼る方法として、single.phpに直接コードを記述する方法を紹介しました。この方法を使えば、毎記事コードを記事に貼らなくてもよくなるので大きなメリットです。

しかし、毎記事広告を表示したくない方もいると思うので、その場合はAddQuicktagを使ってコードを事前に登録しておくのもいいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


当ブログでは TCDのWordPressテーマ「CORE」を使用しています。

WordPressテーマ「CORE (TCD027)」

 

他にはこんな記事が読まれてます


スポンサードリンク
スポンサードリンク

過去ログ

PAGE TOP