WordPress

TCDテーマ「CORE」でAll in one SEO packを使う際の注意点とCSS変更点

今回はTCDのテーマ「CORE」を使う際に注意しなければならない事の内、「All in one SEO packを使う際の注意点」について紹介していきます。

metaタグ、metaディスクリプションが重複する

TCDのテーマは記事ごとにmetaタグ、metaディスクリプションを設定する機能がついています。

これは内部SEOで最も基本であり重要な設定の一つなので、最初から機能に搭載されているのはありがたい話です。

しかし、metaタグ、metaディスクリプションを使うなら、様々な機能を搭載したプラグイン「All in one SEO pack」を使った方が便利ですし一般的です。

そこで、普通ならAll in one SEO packを入れたら話は終わるのですが、TCDのテーマの場合、All in one SEO packを使うとmetaタグ、metaディスクリプションが重複してしまうのです。

SEO的に影響が出るかははっきりと言えませんが、微々たる影響が出る可能性もあるので修正した方が確実です。そこで、ここからは修正方法について紹介していきます。

重複の修正方法

WordPress管理画面から「外観 > テーマの編集」へと進み、「header.php」を開きます。

次に、F3キーで以下の文字を検索してください。

この文字がTCDのテーマ内にあるmetaタグ、metaディスクリプションを表す部分です。

これをAll in one SEO packで表すことになるので重複するということです。

よって、この部分の文字を全て削除すれば修正は完了です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【ラグビーW杯2019】見逃し配信・リアルタイム配信おすすめランキング

ラグビーワールドカップの見逃し配信・リアルタイム配信に対応している動画配信サービスの中から「これを使えば間違いない」と言えるものをランキング形式で紹介します。(※日本戦が一部しか放送されない日本テレビとNHKは対象外です。)

DAZN(見逃し配信)

スポーツ動画配信サービス最大手の「DAZN」はラグビーW杯の全48試合を見逃し配信(ハイライト)しています。

スマートフォンやタブレットでも視聴できるので、試合を観戦するのに場所や時間を問わず、加入手続きも簡単です。また、無料体験期間が1ヶ月間と長く、途中解約しても料金は発生しないので気軽にお試しすることが可能です。

 

評価
月額 1,750円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 全48試合
配信形式 見逃し配信(ハイライト)

DAZN公式ページ

J SPORTS(リアルタイム配信)

スカパーチャンネルの1つである「J SPORTS」はラグビーW杯の全48試合をリアルタイム配信しています。

月額が高いことや、無料体験期間中に解約できないこと、加入手続きが少し面倒なデメリットはありますが、全48試合をリアルタイム配信しているのは「J SPORTS」だけです。

 

評価
月額 基本料390円+チャンネル料2,286円=2,676円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約はできない)
配信試合数 全48試合
配信形式 リアルタイム配信

J SPORTS公式ページ

Hulu(リアルタイム配信)
hulu

動画配信サービス最大手の「Hulu」はラグビーW杯の19試合をリアルタイム配信しています。(日本戦は全て放送)

19試合の内、7試合はマルチアングル配信されるので、画面越しでも会場にいるような体験が可能です。

月額が最も安く、ドラマや映画、アニメも見放題なのでラグビー以外を目的に加入する選択肢もあります。

 

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 19試合(日本戦全試合含む)
配信形式 リアルタイム配信(内7試合はマルチアングル配信)

Hulu公式ページ