WordPress

TCDテーマ「CORE」でFacebookのシェア数をカウントする方法

先日、TCDのテーマ「CORE」でSNSボタンのシェア数をカウントをする方法について紹介しました。

[blogcard url=”https://matsuko-minimum.info/tcdsnsbuttoncount/”]

しかし、この方法だとFacebookのシェア数がカウントされないことが分かりました。

そこで今回はTCDのテーマ「CORE」でFacebookのシェア数をカウントする方法について紹介していきます。

私のTCDカスタマイズ備忘録も兼ねているので同じような環境の方の参考になればと思います。

【関連記事】
TCDテーマ「CORE」でTwitterのシェア数をカウントする方法

はじめに

自サイトにFacebookのシェア数をカウントさせるには、冒頭であげた記事で紹介した「SNS Count Cache」というプラグインに「FacebookアプリID(Facebook App ID)」「app secret」を登録しなければなりません。

いきなりややこしそうな言葉ばかりでてきましたが、これから紹介する画像を参考にすれば実際の作業はそこまで難しくないので頑張りましょう。

Facebook開発者登録をする

まずはFacebookのアカウントを取得してログインした状態にします。これについては説明を割愛します。

「FacebookアプリID(Facebook App ID)」と「app secret」を取得するために、Facebook開発者登録というものをする必要があります。

Facebook開発者登録をするには「https://developers.facebook.com/」にアクセスしてください。そして、画面右上にある登録ボタンをクリックすると以下のような画面が表示されます。

ぼんやり映っている美女が誰かについてはいずれ別の記事で話すことにして(私なんですが…笑)

プライバシーポリシーに同意しますかという質問に対し、「はい」を選択して「Next」を押してください。

すると、下のような画面がでます。

自分の携帯番号を入力すると、ショートメールで認証コードが届くので入力してください。(電話でも可能です。)

入力できたら、登録するを押してください。

以下の画像がでたら、「アプリIDを作成」を押します。

下の画像のような画面が表示されるので、「表示名」、「アドレス」、「カテゴリ」を選択して「アプリIDを作成してください」を押します。

下の画像のような画面が表示されるので、アルファベットと数字を読み取って入力し、「送信」を押します。

ここまで進むと、開発者ページというものにログインできるようになります。今回は上の画像でアプリIDを作成を押した時点で開発者ページに画面が切り替わります。

開発者ページでの作業手順

開発者ページにログインできたら、ダッシュボード画面から「アプリレビュー」へと進み、公開しますかという問いに対し、「はい」を選択します。

次に、画面左のダッシュボードというボタンを押します。

ここでやっと、「FacebookアプリID(Facebook App ID)」と「app secret」が取得できるというわけです。長かったですね(笑)

アプリIDとapp secretは別画面で使うので、コピペできるように画面を消さないようにしましょう。

ワードプレス画面での作業手順

ここまできたらあと少しです。

別画面でWordPress管理画面から「設定」へと進み、「SNS Count Cache」の設定画面を出します。下の画像の赤線で囲ったところをクリックしてください。

設定画面の下へ進むと、下の画像のような画面があるので、赤線で赤線で囲った部分のFacebookにチェックマークを入れてください。

さらに画面を下に進むと、シェア基本キャッシュという部分があります。

この中の、「App ID(Client ID)」「App Secret(Client Secret)」に先ほど取得したコードを貼り付けてください。

貼り付けたら、「設定の更新」を押して作業完了です。

Facebookのシェア数が自然にカウントされるには少し時間がかかるので、以下の画面を開き、赤線で囲った「キャッシュ」という部分を記事ごとに押していけば、すぐにシェア数を表示できるようになります。

結構長かったですね(笑)お疲れさまでした。

実際にシェア数が表示されるとこんな感じです。

やっぱりシェア数が表示されていた方がアピールになりますし、読者からの信頼を得られるようになるかもしれません。

この作業はメリットしかないので、必ず行うようにしましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


当ブログでは TCDのWordPressテーマ「CORE」を使用しています。

WordPressテーマ「CORE (TCD027)」
おすすめVODランキング

数あるVOD(ビデオオンデマンド)サービスの中から、私が実際に使ってみて良いと思ったものをランキング形式で紹介します。

hulu
hulu

作品数と月額のバランスが最も良いのが「hulu」です。

国内・海外問わずドラマが豊富で、アニメにも力を入れています。特に海外ドラマは先行配信に期待ができます。

また、日本テレビ系列の会社が運営しているため、「名探偵コナン」など、日テレで放送されている作品が他社より充実しています。

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間
作品数 50,000本以上

公式ページ

U-NEXT
U-NEXT

圧倒的作品数を誇るのが「U-NEXT」です。

月額がやや高いですが、毎月付与される1,200円分のポイントを月額から相殺したり、動画のレンタルや電子書籍版の雑誌・漫画の購入に使ったりできるのが特徴です。

ディズニーやア〇ルト動画を見れるのも他社とは一線を画します。

評価
月額 1,990円(税抜) ※毎月1,200円分のポイントが付与される
無料期間 31日間
作品数 見放題作品90,000本、レンタル作50,000本

公式ページ

プライムビデオ

動画本数こそ劣るものの、圧倒的コストパフォーマンスを誇るのが「Amazonプライムビデオ」です。

というのも、プライム会員のおまけで動画見放題も付いてくるので、おまけ要素なのに豪華すぎるのが実際のところ。

プライム会員では、配送料や時間指定などが無料なことに加え、音楽が聴けるサービスなんかもあります。おまけでドラマや映画、アニメがこれだけ見れるのは凄いですよね!

評価
月額 325円(税抜)
無料期間 30日間
作品数 2,000本以上

公式ページ