WordPress

TCDテーマ「CORE」でフッターのサイトタイトルとキャッチフレーズの文字サイズを変更する方法

今回はTCDのテーマ「CORE」でフッターのサイトタイトルとキャッチフレーズの文字サイズを変更する方法について紹介していきます。

私のTCDカスタマイズ備忘録も兼ねているので同じような環境の方の参考になればと思います。

フッターのサイトタイトルとキャッチフレーズとは

TCDのCOREで言うフッターのサイトタイトルとキャッチフレーズとは以下の画像の赤線で囲った場所になります。

①がサイトタイトル、②がキャッチフレーズです。

この画像は文字サイズ変更後なのでバランスが整って見えますが、デフォルトの状態だと文字サイズが大きく、とても見にくいので早い段階で変更しておきましょう。

フッターのサイトタイトルとキャッチフレーズの文字サイズを変更する方法

WordPress管理画面から「外観 > テーマの編集」へと進み、「style.css」を開きます。

次に、F3キーで以下の文字を検索してください。すぐ上に「フッター」という文字があるので目印にしてください。

この中の4行目「#footer_logo h3 { font-size:20px; }」がフッターのサイトタイトルを、

5行目の「#footer_logo h4 { font-size:11px; font-weight:normal; margin:10px 0 0 0; }」がキャッチフレーズを意味しています。

文字サイズを変更するには、それぞれ「 font-size:○○px;」の〇〇の箇所の数字を変更してください。

お好みのフォントサイズがあると思うので、数字を変えるごとにサイトを確認する事をおすすめします。

多少文字サイズの変更が反映するのにラグがあることもありますが、その際は慌てず気長に待ちましょう。

ちなみに、この手順を踏めばスマホでも文字サイズが変更されているのでスマホだけ何か別に変更することはありません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


当ブログでは TCDのWordPressテーマ「CORE」を使用しています。

WordPressテーマ「CORE (TCD027)」
【ラグビーW杯2019】見逃し配信・リアルタイム配信おすすめランキング

ラグビーワールドカップの見逃し配信・リアルタイム配信に対応している動画配信サービスの中から「これを使えば間違いない」と言えるものをランキング形式で紹介します。(※日本戦が一部しか放送されない日本テレビとNHKは対象外です。)

DAZN(見逃し配信)

スポーツ動画配信サービス最大手の「DAZN」はラグビーW杯の全48試合を見逃し配信(ハイライト)しています。

スマートフォンやタブレットでも視聴できるので、試合を観戦するのに場所や時間を問わず、加入手続きも簡単です。また、無料体験期間が1ヶ月間と長く、途中解約しても料金は発生しないので気軽にお試しすることが可能です。

 

評価
月額 1,750円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 全48試合
配信形式 見逃し配信(ハイライト)

DAZN公式ページ

J SPORTS(リアルタイム配信)

スカパーチャンネルの1つである「J SPORTS」はラグビーW杯の全48試合をリアルタイム配信しています。

月額が高いことや、無料体験期間中に解約できないこと、加入手続きが少し面倒なデメリットはありますが、全48試合をリアルタイム配信しているのは「J SPORTS」だけです。

 

評価
月額 基本料390円+チャンネル料2,286円=2,676円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約はできない)
配信試合数 全48試合
配信形式 リアルタイム配信

J SPORTS公式ページ

Hulu(リアルタイム配信)
hulu

動画配信サービス最大手の「Hulu」はラグビーW杯の19試合をリアルタイム配信しています。(日本戦は全て放送)

19試合の内、7試合はマルチアングル配信されるので、画面越しでも会場にいるような体験が可能です。

月額が最も安く、ドラマや映画、アニメも見放題なのでラグビー以外を目的に加入する選択肢もあります。

 

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 19試合(日本戦全試合含む)
配信形式 リアルタイム配信(内7試合はマルチアングル配信)

Hulu公式ページ