WordPress

TCDテーマ「CORE」で記事タイトルをh1タグで出力する方法

当サイトはTCDの「CORE」というテーマを使って作成しているのですが、TCDのテーマにはSEO的に問題があります。

それは「記事タイトルにh2タグが当てはめられている」という事です。

私はこのサイト以外は全て賢威で作成しているので、知った時は驚きました。

これが理由でTCDのテーマがSEO最弱と言われ、非難する人がいるそうなのですが、簡単に修正することができるので今回はその方法を紹介していきます。

記事タイトルをh2タグからh1に変更する方法

WordPress管理画面から「外観 > テーマの編集」へと進み、「single.php」を開きます。

次に、F3キーで以下の文字を検索してください。

検索できたら以下のように内容を書き換えます。

数字を2から1に変えるだけなので修正箇所さえ分かれば簡単ですね。

記事タイトルをh1に修正するメリット

今回、なぜこのような修正をする必要があったかについて説明します。

通常、Googleがサイトをチェックする際、タグが記事内で順番通りに並んでいるかもチェック項目に入っていると言われています。

「h1タグ=記事タイトル」→「h2タグ=見出し2(大見出し)」→「h3タグ=見出し3(中見出し)」→「h4タグ=見出し4(小見出し)」…

見出しは通常このようにタグが割り当てられているのですが、TCDの場合は以下のようになります。

「h1タグ=タイトルロゴ」→「h2タグ=記事タイトル」→「h3タグ=見出し2(大見出し)」→「h4タグ=見出し3(中見出し)」…

このように、全てのタグが一つずれてしまいます。

タイトルロゴだけでh1タグを使ってしまうのはもったいないですし、h3タグ以降はサイト巡回の際にチェックされないこともあるそうなので、SEO的に弱くなるのも頷けます。

ですので、今回の修正が必須というわけです。ご参考までに。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


当ブログでは TCDのWordPressテーマ「CORE」を使用しています。

WordPressテーマ「CORE (TCD027)」
【ラグビーW杯2019】見逃し配信・リアルタイム配信おすすめランキング

ラグビーワールドカップの見逃し配信・リアルタイム配信に対応している動画配信サービスの中から「これを使えば間違いない」と言えるものをランキング形式で紹介します。(※日本戦が一部しか放送されない日本テレビとNHKは対象外です。)

DAZN(見逃し配信)

スポーツ動画配信サービス最大手の「DAZN」はラグビーW杯の全48試合を見逃し配信(ハイライト)しています。

スマートフォンやタブレットでも視聴できるので、試合を観戦するのに場所や時間を問わず、加入手続きも簡単です。また、無料体験期間が1ヶ月間と長く、途中解約しても料金は発生しないので気軽にお試しすることが可能です。

 

評価
月額 1,750円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 全48試合
配信形式 見逃し配信(ハイライト)

DAZN公式ページ

J SPORTS(リアルタイム配信)

スカパーチャンネルの1つである「J SPORTS」はラグビーW杯の全48試合をリアルタイム配信しています。

月額が高いことや、無料体験期間中に解約できないこと、加入手続きが少し面倒なデメリットはありますが、全48試合をリアルタイム配信しているのは「J SPORTS」だけです。

 

評価
月額 基本料390円+チャンネル料2,286円=2,676円(税抜)
無料期間 1ヶ月間(無料期間中に解約はできない)
配信試合数 全48試合
配信形式 リアルタイム配信

J SPORTS公式ページ

Hulu(リアルタイム配信)
hulu

動画配信サービス最大手の「Hulu」はラグビーW杯の19試合をリアルタイム配信しています。(日本戦は全て放送)

19試合の内、7試合はマルチアングル配信されるので、画面越しでも会場にいるような体験が可能です。

月額が最も安く、ドラマや映画、アニメも見放題なのでラグビー以外を目的に加入する選択肢もあります。

 

評価
月額 933円(税抜)
無料期間 2週間(無料期間中に解約しても料金は発生しない)
配信試合数 19試合(日本戦全試合含む)
配信形式 リアルタイム配信(内7試合はマルチアングル配信)

Hulu公式ページ