不眠肩こりにはトゥルースリーパーの枕で決まり!購入して1年半経った感想と改善報告


スポンサードリンク


こんにちは、マツコ・ミニマムです。

突然ですが、あなたは毎日しっかり睡眠できていますか?

というのも、実は私、ほんの1年半前までは毎日不眠や肩こり、頭痛なんかに毎日悩まされていたんです。

寝ても休まった気にならず、毎日疲れたまま仕事に行く日々でした。

そんなある時、その全ての悩みが一瞬で解決された「ある枕」との運命的な(普通にその辺で)出会いがあったんです!

かなり熱い感じで話してますが今回はその枕について紹介していこうと思います。

安物の低反発枕で大失敗

まずその枕について話す前に少しだけ以前使っていた枕について話します。

私は今回紹介する枕を使うまではドンキで1,500円くらいで買った低反発枕を数年間使っていました。

購入当時は低反発枕が有名になり始めた頃だったんですが、いい枕はどうしても高く購入できずにいました。そんな時、ドンキで激安の低反発枕に出会い即購入!

最初はなんともなかったのですが、そこから社会人になって働くようになり、毎日疲れが溜まっても疲れがとれていない現実に気付き始めたのです。

さらに言えば、疲れがとれないことで肩や首が凝ったままになり、頭痛まで出るようになっていったのです。最終的に、私は髪の毛に触れるだけで頭がガンガンするほど体調が悪化しました。

そんな理由から睡眠に重きを置こうと決意し、私の枕探しが始まったのです。

なんかすごい冒険に出て行くみたいな書き方してますが、ただの買い物に出発します(笑)

トゥルースリーパーとの出会い、購入まで

枕探しという大冒険に出た私は、ついに運命的な出会いを果たします。

そう、ファニチャードームで(笑)

実はその当時、私はどんな枕メーカーが有名かすら知らなかったのですが、「自分に合う枕がいいに決まっている」と寝具売り場でいろんなメーカーの枕を試すことにしました。

ファニチャードームは実際にベットに寝転がって枕を試すことができたので、完全オーダーメイドの高額さに抵抗があった私にはピッタリの環境でした。

そりゃオーダーメイドにせずに自分に合う枕を市販で安く買えた方がいいに決まってますからね!

そして自分に合う枕を試すこと15種類ほど。

その結果、私は自分の頭や首に完全にフィットし、その場で寝落ちしてしまいそうになる完璧な枕に出会いました。

それがトゥルースリーパーです。

 

購入した感想、体調改善報告

ここからは実際に買って1年半経つ私個人の感想と、体調の改善報告について書いていきます。

①まず実際に証拠から

こんなに書いてまで実は持ってませんではいけないので、実際に使っている証拠から。

ベッドのシーツが可愛いとか、そっちの感想は恥ずかしいのでご勘弁を!嫁マムのチョイスなので(笑)

この状態でもカバー付きセットなんですが、実際にはさらに汚れないように…

こんな感じでカバーを被せて使っています。

②1年半使った感想、体調の改善報告

次に実際に1年半使った私の感想ですが、とにかく最高の一言です。

買った当日からドンキの激安枕に別れを告げて使い始めたのですが、いきなりのび太並みのスピードで睡眠できました。

店頭で実際に自分に合う枕か試した成果もあると思いますが、この枕の性能が大きいです。

仰向けに寝ても、横向きに寝ても首や顔がちょうどいいくらいに沈むので寝ていて疲れることはありません。

体調はいきなり初日で改善されたと言ったら嘘になりますが、毎日少しずつ頭痛が緩和され、最終的に2週間ちょっとで完全に症状が改善されました。

むしろそれだけで改善されるのなら、これまでの苦しみはなんだったのかと疑ってしまいます。

それだけ睡眠は1日の中で重要な時間ということを身をもって感じる事が出来ました。

市販なのにオーダーメイドタイプ

トゥルースリーパーの凄いところは、市販なのにオーダーメイドタイプという事です。

この表現だけだと意味が分からないので補足させていただくと、自分の手で三角チップの量を調節して高さ・形をカスタマイズできるんです。

中身のチップを調整して…

こんな感じで、ベッドやソファー、その辺でゴロゴロって時にいつでもベストな高さになるんです。

市販で購入できるのにカスタマイズできるってすごいですよね。

なので、後から微調整をし、常に自分にフィットする状態を維持できるんです。

秘密の低反発素材「ウルトラ ヴィスコエラスティック」を使用

前述したようにトゥルースリーパーは頭や首が驚くほど自分にフィットします。

その秘密はその素材「ウルトラ ヴィスコエラスティック」にあって、なんとNASAが宇宙飛行士のために開発したと言われる低反発素材をヒントに開発されているんです。

また、オープンセルと呼ばれる細かい気泡の空いた構造になっていて、体温や体圧によって反発力が変化することも頭や首にフィットする理由です。

スポンサードリンク



気になる価格は?

多くの魅力が詰まったトゥルースリーパーですが、気になる価格はというと

9,800円(税抜)になります。税込で10,584円なんですが、Amazonで買うとなぜかちょっぴり値引きが入り10,488円に。

以前の私ならこの金額を見て「高い」と思ったんですが、今では完全に安いと断言できます。

というのも、自分に合わない激安枕を何個も買う事を思ったら、一発で自分にフィットする枕を9,800円で買った方が安く済むからです。

また、オーダーメイド枕を買うという方法もあるのですが、オーダーメイドだと数万~10万円くらいかかる可能性だってあります。

「さすがにそこまでは…でも自分に合う枕が欲しい!」

という方に向けてだったらトゥルースリーパーはコスパ最強アイテムだと言えます。

まとめ

書き始めたら思った以上に熱く語ってしまった(笑)

でも、それもそのはず。

というのも、人は一生の内の1/3~1/4くらいを睡眠時間に使っていると言われています。人の一生を80年とすると20年~25年くらいの時間が睡眠時間ってわけです。

それだけ寝てやっと疲れがとれて元気になるって考えると、私がドンキの激安枕を使って睡眠の質が落ちていたのにも納得がいきますよね。挙句の果てに髪の毛を触るだけで激痛が走ったって…睡眠ナメてました(笑)

今は体調も回復し、睡眠と枕にかける思いも人一倍です!枕ひとつで本当に世界が変わると言っても過言ではありません。

毎日の睡眠に何かしら悩みがあるのなら、まずは自分に合った枕を探してみる事から始めてみるのもいいかもしれませんね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 



スポンサードリンク



スポンサードリンク



いいねと思ったらSNSでシェア!

関連記事 こちらの記事もオススメです。



誰でも簡単に本格的なブログが作れる「STORK」






誰でも簡単にブログが作れるワードプレスのテーマ「STORK」を私も使っています