【比較】電動ゆりかごとバウンサーどちらを買うべき?価格・使用感・サイズ・対象年齢から考察します


スポンサードリンク


こんにちは、マツコ・ミニマムです。

先日、4momsの電動バウンサーmamaRoo(ママルー) を使ってみた感想を記事にしたのですが、電動バウンサーを手に入れる前には同じくらい欲しかったのが電動ゆりかご(ハイローチェア)です。

4momsの電動バウンサーmamaRoo(ママルー) をお祝いで頂いたので感想をレビュー!赤ちゃんの抱っこで手首や肘、腰が痛い時に最適の神アイテムだった

2017.12.19

どちらも電動で赤ちゃんをあやしてくれる神アイテムに変わりはないのですが、私は実際に使ってみて電動バウンサーの方がおすすめできると感じました。

そこで今回は電動ゆりかごと電動バウンサーのどちらを買うべきか、価格・使用感・サイズから比較考察していきます。

注意
この比較は私個人の感想です。前述したようにどちらもママパパを助けてくれる優秀なアイテムなので、私の感想は購入の際の目安程度にしていただければ幸いです。

価格比較

電動ゆりかご

電動ゆりかごの相場は3万円台後半で、グレードの高い最新モデルだと5万円くらいも商品もあります。

型落ちでも性能面では大差はないので、私的には購入する場合は3万円台後半くらいのもので充分だと思っています。コンビやアップリカなどメジャーどころのメーカーから販売されているので安心できるのもポイントです。

ちなみに手動タイプだと1万円台で購入できますが、結局赤ちゃんのそばにずっといないといけないので、手動にするくらいなら購入しない方がいいんじゃないかと思います。

電動バウンサー

私が実際に使っているのが「ママルー」という電動バウンサーなんですが、価格帯は4万円台半ばです。店頭ではあまり見かけたことがないのでネットで買う人が多いと思います。

電動ゆりかごより少し高いのがネックです。

ちなみに手動のバウンサーは電動ゆりかご同様に結局赤ちゃんのそばにずっといないといけないというデメリットがありますが、安いもので5千円くらいの商品もあるので購入しても無駄にはならないです。

実際私は親戚に手動のゆりかごをいただいたのですが、効果そのものはあるので夫婦のどちらかが赤ちゃんの面倒を見て、もう片方が料理・・・みたいな使い方には最適です。

使用感比較

電動ゆりかご

ボタンを押すと約15分間自動で揺れてくれます。同時にリラクゼーションの音楽がかかるので、その間に赤ちゃんも入眠してくれます。

店頭では「入眠率99%」みたいな売り文句が付けられていますが、実際に娘を店頭で体験させてもらったら本当に寝ました(笑)

ちなみに手動タイプは10秒に1度くらい揺らしてあげる必要があるので結構面倒くさいです。

電動バウンサー

揺れが5種類、揺れの強さが5種類あるのでお好みの揺れ、強さで赤ちゃんをあやすことができます。また、胎内にいた時の音や虫の音、水の音など数種類の音が流れるのでその間に赤ちゃんも入眠してくれます。

体感的に興奮状態の時は少しあやしてあげてから電動バウンサーに乗せた方がよく寝れくれます。通常時なら電動ゆりかごと同様に15分もあればまず間違いなく寝ます。

ちなみに手動タイプは2~3秒に一度は揺らしてあげる必要があるのでかなり面倒くさいです(笑)

サイズ比較

電動ゆりかご

  • 高さ(High):69cm~102cm
  • 高さ(Low):41cm~74cm
  • 幅:52cm(ベビーパレットボックス取付時64cm)
  • 奥行き(High):63cm~86.5cm
  • 奥行き(Low):82cm~88cm

リクライニングが5段階調節できます。

高さ、幅、奥行きを考慮して100cm四方くらいの余裕が欲しいので結構場所をとるのでアパート住まいの方だと生活スペースがなくなってしまう恐れがあります。

逆に戸建てやマンション住まいの方ピッタリです。

電動バウンサー

  • 高さ:約65cm
  • 幅:約50cm
  • 奥行き:83cm

電動ゆりかごと比べるとかなり小さいのがメリットです。

アパート住まいの方だと生活スペースも確保しなくてはいけない為、電動ゆりかごだと大きすぎて置けないと思うのですが、電動バウンサーなら場所をとらなくて便利だと思います。

対象年齢

電動ゆりかご

新生児〜4才頃(体重18kg以下)まで

電動バウンサー

新生児~体重11.3kgまで

結論:戸建てならゆりかご、アパートならバウンサー

ここまで紹介してきた通り、両者ともに素晴らしい商品で赤ちゃんは間違いなく寝る・・・ということを前提にすると、私個人の結論としては

戸建てならゆりかご、アパートならバウンサー

です。

金銭的なことを言い出すと電動系の商品は「手が出せれば・・・」になってしまうのですが、お祝いで買ってもらうと考えれば生活スペースで決めるのがベターかと思います。

電動バウンサーは小さくて場所をとらないのがメリットですが、電動ゆりかごはバウンサーよりも長い期間使えます。食事テーブルとしても使えますしね。逆に大きくて邪魔になるので、両者一長一短かな~と思いました。

私はアパート住みなので電動バウンサーにメリットを感じています。

結局、どちらにしても赤ちゃんは寝てくれるので購入を検討している方は自分の住まいに合わせて、使用しているイメージをしながら購入することをおすすめします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Amazonプライム会員になると送料無料でおむつが常に15%オフに!

これから子供が生まれるという方はおむつが常に15%オフで買えるAmazonプライムがオススメです。しかも送料無料なので面倒な買い物が不要になりますよ!私もすでに会員なのでおむつ対策は完璧です。ご参考までに!

公式サイト

新生児用のおむつおすすめ4選!Amazonファミリー会員なら常に15%オフで最安値で購入できて財布に優しい件

2017.11.06
あわせて読みたい

 



スポンサードリンク



スポンサードリンク



いいねと思ったらSNSでシェア!

関連記事 こちらの記事もオススメです。



1ヵ月もある無料期間が魅力「U-NEXT」




人気のアニメやドラマ、映画が120,000万本以上揃っています。1ヵ月もある無料期間で動画を見まくろう!




海外ドラマやアニメを見るなら「hulu」




私が大好きなコナンのアニメや映画が全部揃っています。海外ドラマが豊富で圧倒的な安さが魅力です。2週間の無料期間で動画を見まくろう!